logo
HOME ノウハウ マンション購入 住宅ローン リフォームで使いやすい理想のキッチンを実現するために!間取り種類や実例まとめ

リフォームで使いやすい理想のキッチンを実現するために!間取り種類や実例まとめ

2022.03.02
2022.03.02

キッチンの間取りは種類によって、家事のしやすさやお部屋の雰囲気を大きく左右するポイントです。せっかくリフォームするなら、理想のキッチンにしたいと感じる方は多いでしょう。

本記事では、キッチンの間取りについてご紹介します。リフォームで理想のキッチンを実現するためにお役立てください。

 

使いやすいキッチン動線を実現するために

綺麗なキッチンの画像

 

キッチンをリフォームするなら、使いやすく家事がはかどる間取りにしたいものです。家事のしやすさではじめに意識したいのが動線の確保です。

 

・「ワークトライアングル」を意識した配置について

・キッチン通路の確保について

・ゴミ箱の位置について

 

キッチン動線で大切な3点について詳しくご紹介します。

 

「ワークトライアングル」を意識した配置

「ワークトライアングル」とは、冷蔵庫、シンク、加熱機器(ガスコンロ・IHクッキングヒーター)を結ぶ線のこと。ワークトライアングルは、三角形の3辺の和が330〜360cmになる範囲が理想とされています。

 

それぞれの具体的な距離の目安

・シンクから冷蔵庫まで:120~210cm

・冷蔵庫から加熱機器まで:120~270cm

・コンロからシンクまで:120~180cm

この3点が近すぎても、遠すぎても動きにくいキッチンになってしまいます。

 

また、食器や家電の置き場所となる背面や周辺の収納も意識しましょう。食器やキッチンツールは取り出しやすく片づけやすい配置にしたいものです。よく使う家電は、場所によっては作業がしにくくなります。

 

キッチン通路の幅を確保

キッチン通路の幅は、90cm〜120cmが理想とされています。また、2人以上で料理や片づけをする場合は、100cm以上の幅を設けておくと動きやすいです。

 

通路が狭いとすれ違うのが大変になったり、ぶつかってしまう心配があります。冷蔵庫周りは、冷蔵庫の扉を開けるとその分通路は狭くなるということも意識しておくとよいでしょう。

 

ゴミ箱の位置も重要!

ゴミ箱の位置も入れた動線は、意外に忘れがちかもしれません。ゴミ箱はゴミがすぐに捨てられて、清潔感も損なわないような場所に配置したいものです。

 

キッチンは多種多様なゴミが出る場所です。使いやすさだけを考えたら、ゴミ箱は出しっぱなしの方が楽でしょう。しかし、不衛生な上に、生活感も丸出しになってしまいます。

ゴミが捨てやすく衛生的で、見た目もスマートな配置が理想的です。

 

【間取り実例付き】キッチンの型は6種類!それぞれのメリット・デメリットは?

キッチンの間取りを切り取っている女性の手の画像

キッチンには6種類の型があります。

・L型キッチン

・I型キッチン

・アイランド型キッチン

・ペニンシュラ型キッチン

・U型キッチン

・ミニキッチン

それぞれにメリット・デメリットがあり、どれが使いやすいかも人によります。生活をイメージしながら、キッチンの型を見ていきましょう。

 

L型キッチンの間取り

※シーアイマンション駒場B-203

L型キッチンは、シンクとコンロがL字型につながっているキッチンです。作業スペースが広くとれるため、動きやすいのが特徴。2人以上で作業することが多い場合は便利な型です。

 

〈メリット〉

・作業スペースが広い

・2人以上での作業でも動線の確保がしやすい

・シンク・コンロがすっきりまとまっているため、ごちゃついた印象にならない

 

〈デメリット〉

・設置には広いスペースが必要

・シンクとコンロの間の角の部分がデッドスペースになりやすい

・場合によっては、角の部分での作業がしにくい

 

対面式に設置することもできますが、部屋全体の間取りにもよります。ある程度の広いスペースが必要になるため、設置場所と設置の向きにも注意が必要です。

 

I型のキッチン

※ダイアパレス目黒本町402

I型キッチンは、シンクとコンロが一直線でつながっているキッチンです。

I型キッチンでは、料理をするときの動線が横の動きになります。また、シンクとコンロがつながっている横の長さ分だけ、動線が長くなるのが特徴です。

 

〈メリット〉

・リビング、ダイニングを見渡すことができる

・一直線でコンパクトな作業動線になる

・設置に広いスペースがいらない

 

〈デメリット〉

・2人以上での作業には狭い

 

作業動線が平行移動のみとなるため、無駄な動きがありません。狭い空間にも設置できるところが魅力です。しかし、2人以上で作業をすることが多い場合には狭く、動きにくくなります。



アイランド型のキッチン

※グローリオ武蔵野中町307

アイランド型キッチンは、シンクやコンロが壁と接していないキッチンです。部屋の中に島(アイランド)のように独立しているため、壁の圧迫感がありません。開放的な雰囲気のキッチンになります。

 

〈メリット〉

・開放感がある

・キッチン回りを自由に動き回れる

・リビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションを取りながら作業ができる

・作業スペースが広い

 

〈デメリット〉

・料理の際に出る煙・油はね、水はねがリビング・ダイニングに広がりやすい

・設置には広いスペースが必要

・レンジフードが部屋の中央に立つことになる

・インテリアの一部になるため、生活感が出ない工夫が必要

 

アイランド型キッチンは、リビング・ダイニング・キッチンをまとめてオシャレな空間にすることができます。しかし、壁が無いことで不便な場合もあるため、意見が分かれるところです。



ペニンシュラ型のキッチン

※ディアプレイス中野野方201

ペニンシュラ型キッチンは、キッチンの左右どちらかが壁に接しているキッチンです。ペニンシュラとは「半島」を意味しています。片方を壁側に寄せて設置することから、アイランド型キッチンよりはスペースを取りません。

 

〈メリット〉

・部屋全体を見渡すことができ、開放感がある

・家族とコミュニケーションを取りながら作業ができる

・料理や片づけのやり取りがスムーズになる

・レンジフードを壁側に寄せて設置することができる

 

〈デメリット〉

・設置にはある程度の広さが必要

・料理の匂いや煙が部屋に広がりやすい

・接している壁面が少なく上部の収納が無い

 

ペニンシュラ型キッチンは壁に接する部分があることから、アイランド型よりは部屋の片側に寄ったイメージになります。アイランド型の雰囲気は残しながらも、コンパクトにまとめることができるのが魅力です。

 

U型キッチン

U型キッチンは、作業スペースがコの字のようにぐるりと囲まれているキッチンです。U型の中にいると、三方向にカウンターがあることになります。そのため、作業スペースが多くとれるところが特徴です。

 

〈メリット〉

・スペースが広く、2人以上でも作業ができる

・収納を多く取れる

・動線がコンパクトで作業効率がよい

 

〈デメリット〉

・コの字の角がデッドスペースになりやすい

・設置場所の広さによっては、L型の方が作業スペースは広くなる

 

U型キッチンは振り返るだけで物が取れる、作業ができる動線の短さが魅力です。しかし、U型のシステムキッチンはキッチンスペースとのサイズバランスが難しいという側面もあります。

 

ミニキッチン

ミニキッチンは、シンクとコンロが小さくまとまったキッチンです。およそ90cm〜150cmのなかにコンパクトにまとまっているのが特徴。

「コンパクトキッチン」「ハーフキッチン」と呼ばれることもあります。

 

〈メリット〉

・狭いスペースにも設置できる

・セカンドキッチンとして活用できる

 

〈デメリット〉

・作業スペースが狭い

・本格的な調理には不向き

・収納が少ない

 

ミニキッチンはサイズが小さい分動線も少なく、狭いスペースでも設置できます。お湯をわかしたり、簡単な調理は可能です。しかし、よく料理をする人や、ファミリーには向きません。セカンドキッチンやオフィス用、単身世帯用のキッチンとして設置されることが多いです。

 

後悔しないために!必ず考えておきたいポイント

キッチンと背の高い冷蔵庫の画像

キッチンのリフォーム・リノベーションは頻繁にできるものではありません。「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないために、あらかじめ確認しておきたいポイントがあります。

・冷蔵庫の配置とサイズ

・コンセントの位置と数

・収納スペース

・パントリーの必要性

・ダイニングテーブルとの位置関係

具体的にどんなことなのか、チェックしていきましょう。

 

冷蔵庫の配置とサイズ確認

冷蔵庫は、扉を開いた状態のことを考えて配置する必要があります。通路が狭すぎると冷蔵庫を開けづらい、開けた時に狭くて身動きがとれなくなるかもしれません。

 

また、右開きなのか、左開きなのか、中央で開けるタイプなのかにもよるでしょう。どの場所に配置するかによっても動線が変わります。

 

また、システムキッチンのサイズや天井高にも注意が必要です。冷蔵庫の大きさも考えに入れて、キッチンの型やスペースの確保を考えましょう。

 

コンセント位置と数の確認

コンセントの位置や数によって、電化製品の置き場所が変わります。特によく使う家電の設置場所は動線の中に入れておけると便利です。

 

コンセントの位置や数を変える工事は、専門の業者でないとできません。そのため、自分で自由に移動させることができず家電の配置も定位置になります。

 

キッチンの型に合わせて、どこにどのような家電を配置したいのかをあらかじめ考えておくことが大切です。

 

収納スペースの確認

キッチンは食器や家電、キッチンツールから調味料など、あらゆるものを置いておく場所でもあります。置いておきたいものや使いたいものがしまえるだけの収納スペースが必要です。

 

キッチンの型によっても収納の仕方や収納量は異なります。シンク下が引き出し式なのか、扉なのかでも出し入れのしやすさや、収納するものの大きさが変わるでしょう。

 

収納スペースと合わせて、何をどこに収納したいのかもイメージして置くことが大切です。

 

パントリーの必要性

パントリーとは、キッチン近くにつくる収納スペースのことです。日本では食品庫と呼ばれることもあります。

 

キッチングッズから食品のストックなど、たくさんの物を収納できるのが最大の魅力です。しかし、パントリーはキッチンとは別の空間を設けることになるため、別に広いスペースが必要となります。

 

パントリーを設けた分だけキッチンが狭くなり、使いづらくなっては意味がありません。あると便利なのは確かですが、本当に必要かどうかは考えどころです。

 

ダイニングテーブルとの位置関係

ダイニングテーブルは、大きさや形によって配置の仕方が異なります。キッチンとダイニングテーブルをくっつけて配置すれば、料理や片づけ物の受け渡しに便利です。

 

しかし、I型キッチンやU型キッチンなどは、ダイニングテーブルをくっつけて置けない場合があります。また、テーブルの形が丸形の場合は、キッチンとテーブルの辺と辺を合わせることができません。

 

LDK全体の使い方も視野に入れながら、キッチンとダイニングテーブルの位置関係を考えましょう。

 

マンションキッチンを自分好みにリフォーム・リノベーションする時のポイント

キッチンと間取り図の画像

マンションのキッチンは、リフォーム・リノベーションすることで、より使いやすく自分好みに変えることができます。しかし気になることもあるのではないでしょうか?

 

4つのポイントについて見ていきましょう。

 

マンションキッチンをリフォーム・リノベーションする費用

マンションのキッチンをリフォーム・リノベーションするのにかかる費用はレイアウト、設備、範囲によって異なります。

 

工事の内容

価格

一般的なシステムキッチンの入れ替えのみ

およそ100万~150万円

キッチンの入れ替え+間取りの変更

およそ250万円

キッチンの入れ替え+間取りの変更+内装の変更

およそ400万円

 

間取りの変更が大きければ大きいほど、範囲が広ければ広いほど費用はかかります。また、工事費とは別にキッチンそのもののグレードによっても価格は異なるため注意が必要です。さらに収納や食洗器などの追加でも費用は異なります。

 

マンションキッチンをリフォーム・リノベーションにかかる期間

キッチンのリフォーム・リノベーションにかかる期間は、工事のプランや内容によっても異なります。

 

キッチンの入れ替えのみなら3日〜4日が一般的です。また、内装など空間全体の工事になると1週間以上かかる可能性があります。

 

当然のことながら、リフォーム・リノベーションの期間中は、キッチンが使えません。その間の食生活や暮らしをどうするかは考えておく必要があります。

 

マンションキッチンをリフォーム・リノベーションするメリット

マンションのキッチンをリフォーム・リノベーションするメリットは、自分好みにできるというところです。

 

キッチンはライフスタイルや暮らす人の人数によっても、使い方が異なります。同じように、必要な設備や間取りも変わるため、暮らしやすさを左右するものです。

 

リフォーム・リノベーションしたからこそ、作れる料理のレパートリーが広がることもあるかもしれません。動線が変わるだけで、家事がはかどることもあるでしょう。

 

マンションキッチンをリフォーム・リノベーションするデメリット

マンションのキッチンのリフォーム・リノベーションでは、配置できるものや工事できる範囲に制限がある場合があります。思い通りに行かないこともある、という点についてはデメリットといえるでしょう。

 

マンションの場合、梁や給排水、ダクト、電気の配線など動かせない部分があります。また、構造壁は撤去できません。

 

動かせないものや撤去できないものがあることで、リフォーム・リノベーションにある程度の制約は生まれます。マンションの管理規約で制限されていることもあるため、その分自由度が減る点についてはデメリットになるかもしれません。

 

キッチン周りを快適にしてスムーズな家事を

キッチンは家で生活する限り、毎日使用する場所です。たとえ料理をしなくても、冷蔵庫を開けることはあるでしょう。食品や食器を取りに行くこともあります。

 

キッチンのリフォーム・リノベーションは、部屋を一段とオシャレに変えることができます。さらに、キッチンで「できること」が増えるかもしれません。

 

型にはさまざまなタイプがあり、価格もさまざまです。どんな使い方をしたいのか、どうしたらより便利なのかを具体的にイメージしてみましょう。理想のキッチンが見えてくるかもしれません。

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30