logo
HOME ノウハウ マンション購入 内装・間取り 快適なパントリーの間取りとは?メリットとデメリットもご紹介

快適なパントリーの間取りとは?メリットとデメリットもご紹介

2022.03.02
2022.12.06
パントリーの画像

パントリーは収納力があり、とても便利な設備です。しかし、どのような間取りにすると、より快適に使えるのか気になりますよね。この記事では、快適なパントリーの間取りや、パントリーのメリット・デメリットについて紹介します。

 

この記事では上記のほか、パントリーの間取りを決めるときに気をつける点も解説していきます。

  cta-image-6   

パントリーとは?

「パントリーの食材を手に取る女性の画像」

パントリーとは、キッチンの近くに設置された収納スペースのことです。主に食料品を保管するために使われます。

 

近年では、パントリーの形状にもバリエーションが増え、広めに造って冷蔵庫を収納したり、調理家電や食器などを一緒に収納したりするケースも増えています。

 

パントリーのある物件は、収納量が格段に増えるため、人数が多くて食料品がたくさん必要な家庭や、週末に食料品をまとめ買いする家庭におすすめです。



パントリーは壁付けタイプと小部屋タイプがある!

「小部屋タイプのパントリーの画像」

壁付けタイプのパントリーは、キッチンの背面や側面などに、本棚のような形で設置されます。このタイプは、キッチンがコンパクトな方におすすめです。奥行きや幅がなくても、天井から床まで棚を作れば、たくさん収納できます。

 

小部屋タイプは、人が中へ入れる広さを確保したパントリーです。小部屋の壁面をすべて収納棚にできるので、壁付けタイプよりも大容量になります。

 

中を通り抜けできる、ウォークスルータイプも魅力的。ウォークスルータイプのパントリーを、ランドリーとキッチンの動線上に配置すると、洗剤やタオル類などの日用品も一緒に収納できて便利です。



パントリーの3つのメリット

「パントリーから物を取っている手の画像」

ここでは、パントリーの代表的なメリットを3つ紹介します。

 

・収納量が多い

・ストックの数を管理しやすい

・生活感を隠せる

 

パントリーが設置されていると、具体的にどう便利なのか見ていきましょう。



①収納量が多い

 

パントリーは、キッチンの一般的な背面棚などに比べて、収納量が多いです。奥行きも横幅も確保されているケースが多いので、キッチン用品を存分に収納できます。

 

食材を片付けておくだけでなく、ゴミ袋・洗剤類・サランラップなど、キッチンで使う日用品も一緒に保管しておけるので便利です。

 

また近年では、災害への懸念から「ローリングストック」を実施する家庭が増えています。ローリングストックとは、食料をあらかじめ備蓄しておき、賞味期限がくるまでに食べ、食べた分をまた補充して災害に備えるという備蓄方法のことです。

 

パントリーは、日常使いするものだけでなく、災害に備えた食料の保管にも活用できるため、人気が高まっています。



②ストックの数を管理しやすい

 

パントリーがあると、食材やキッチン用品をすべて同じ場所にまとめることができます。バラバラな場所に収納するよりも、ストックの数を管理しやすくなるので快適です。

 

食材の数を把握しやすくなれば、「古いものがなくならないうちに同じものを購入してしまう」という、ありがちなミスを防げます。余計なものを買わずに済むので、賞味期限も把握しやすくなるでしょう。

 

食品ロスが減り、節約もできるのは嬉しいポイントです。また、食材の残りをひと目で把握できれば、献立を考えやすくなります。



③生活感を隠せる

 

キッチンは毎日使うため、リビングやダイニングに次いで、ごちゃつきやすい場所です。食材のパッケージは主張が強くて目立つので、インテリアの雰囲気を損ねることもあるでしょう。

 

扉付きのパントリーがあれば、キッチン周りの生活感を隠しやすくなり便利です。また、小部屋タイプのパントリーは、奥まった位置に作られるケースも多いため、カウンター外から中が見えにくくなります。

 

「家の雰囲気を損ないたくない」「ゲストにキッチンのごちゃつきを見られたくない」という場合にも、役立つ設備といえるでしょう。




パントリーの3つのデメリット

「薄暗いパントリーの画像」

ここでは、パントリーの代表的なデメリットを3つ紹介します。

 

・湿気がたまりやすい

・場所をとってしまう

・設置に費用がかかる

 

デメリットをきちんと把握し、対策をしていきましょう。



①湿気がたまりやすい

 

キッチンでは湯気が発生したり、水を使用したりします。そのため、パントリーは湿気の影響を受けやすいです。適切な湿気対策をしないと、食品が傷みやすくなる危険性もあります。

 

・小部屋タイプには換気扇や換気窓をつける

除湿剤を設置する

・パントリーの材質に調湿作用のある素材を使う

・料理するときに必ずキッチンの換気扇を回す

 

このように、湿気をため込まない工夫をすると安心です。



②場所をとってしまう

 

パントリーはとても便利な設備ですが、設置するためには、ある程度のスペースが必要です。パントリーの場所をつくるために、ほかの空間を狭くしなくてはいけないケースもあるでしょう。

 

そのため「キッチンの作業スペースを広くしたい」「キッチン用品よりもほかの収納を確保したい」という方にとっては、不便になり得る設備といえます。

 

パントリーに何を入れておきたいのか、自分たちのライフスタイルには本当にパントリーが必要なのかを、きちんと話し合ったうえで検討することが大切です。



③設置に費用がかかる

 

リフォームやリノベーションなどで、パントリーを後付けする場合、多額の費用がかかります。小部屋タイプのパントリーは20~50万円ほど、壁付けタイプのパントリーは5~20万円ほどが費用相場といわれています。

 

パントリーの費用が上下する要素は、主に以下の通りです。

 

・奥行きと幅はどのくらいか

・引き戸や扉をつけるか

・換気扇や換気窓をつけるか

・引き出し収納はいるか

 

リッチな造りにしようとするほど、費用は高くなります。後から高額な費用を払いたくない場合は、あらかじめパントリーがついている物件を選ぶとよいでしょう。



パントリーの間取り実例

「キッチンカウンターとパントリーの画像」

パントリーの間取りは、お部屋全体の構造にも左右されます。ここでは、代表的な造りのパントリーを2つ見ていきましょう。

 

・小部屋になっているタイプ

・生活動線上にあるタイプ

 

収納という役割は同じでも、構造が違えば使い勝手も変わってきます。ご自身のライフスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。



小部屋になっているタイプ

パントリーの画像

小部屋になっている場合、キッチンの少し奥まった位置に作られるケースが多いため、圧迫感が生まれにくくなります。奥行きや幅が取りやすいため、飲料水など場所をとる食料品も収納しやすいでしょう。

 

扉をつければ、より中が見えにくくなります。しかしオープンタイプでも、下の棚はカウンター外から見えにくいメリットがあり便利です。

 

上段をあえてオープンタイプにすることで、調味料や食材、食器などをディスプレイしておしゃれに見せることもできます。すっきりと開放感のある見た目にこだわりたい場合は、オープンタイプを上手に使うと、空間にこなれ感が出て素敵です。



生活動線上にあるタイプ

パントリーの画像

こちらは、キッチン周りの動線上にパントリーを配置した実例です。周りに人が通れるスペースを確保し、回遊できるようになっています。

 

システムキッチンの背面側にあり、料理をしながらスムーズに物を取り出せる配置です。使用頻度の高い食材や食器を入れても、不便を感じることはないでしょう。

 

動線を妨げないために、幅はやや狭めとなっていますが、きちんと奥行きがあるので収納量を確保できています。1段1段の高さがあるので、背の高い瓶類を収納しやすいのもメリットです。



パントリーの間取りで気をつける点とは?

「ポイントと書かれたボードの画像」

パントリーの間取りを検討するときに気をつける点は、「設置する方角」と「棚の奥行き」です。

 

パントリーでは主に、食材を常温で保存します。気温の上がりやすい場所や、日に当たりやすい場所に配置するのは、避けたほうがよいでしょう。

 

日中通して日当たりのよい南側や、夕方以降に日当たりが強くなる西側は、避けたほうが無難です。家事動線上、どうしても南側や西側になる場合は、換気扇を回すなど通気性をよくする工夫をしましょう。

 

また、棚の奥行きを狭くしすぎると、入れたいものを片付けられないので、使いにくく感じてしまいます。

 

一般的な食料品を保存するためには、30~40cmほどの奥行きを確保すると便利です。パントリーを検討するときは、幅だけでなく、奥行きもチェックしておきましょう。



生活動線に合ったパントリーを設置しよう

 

パントリーは、食料品や調理器具などをたくさん収納できる、便利な設備です。主に、小部屋タイプと壁付けタイプの2種類があります。

 

大容量な収納がほしい場合は小部屋タイプ、コンパクトで取り出しやすい収納がほしい場合は、壁付けタイプがおすすめです。

 

また、間取りを考える際には「高温になりやすい南側・西側に設置しない」「棚の奥行きを狭くしすぎない」という点に注意しましょう。食品が傷みやすくなったり、使いにくく感じてしまったりする恐れがあります。

 

パントリーは、広ければよいという訳でもありません。家事動線やライフスタイルに合ったものを選ぶことで、キッチンに立つ時間が快適となるでしょう。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■個別相談

  cta-image-6   

不動産の購入や売却、リノベーションに関することなどを個別でご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・住み替えを検討中の方
・理想の物件・間取りが見つからない方
・リノベーションに興味がある方
▶︎【参加費無料】個別相談の申込はこちら

■チャットで気軽に相談
wednesdayに会員登録いただくと、コンシェルジュにいつでも気軽にチャットでご相談いただけます。会員登録はもちろん無料です。
▶︎【無料】会員登録はこちら

不動産情報メディアの記事管理、編集を行う。 記事は不動産売買から家具やインテリアなど住環境に関する内容まで網羅。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。
風水ではトイレが重要!置いてはいけないものや運気アップの方法とは?
風水ではトイレは、運気を左右する重要な場所です。あなたが普段何気なく置いているものが実は、運気を下げているかもしれません。運気を上げるなら、まずはトイレから風水を取り入れてみませんか?今回は、風水的に置いてはいけないものや、運気アップの方法についてお伝えします。この記事を読めば、トイレの風水対策はバッチリです。
2022/10/11