logo
HOME ノウハウ マンション購入 住環境・暮らし 「不動産価格指数」とは?2022年最新の推移と調べ方をわかりやすく解説!

「不動産価格指数」とは?2022年最新の推移と調べ方をわかりやすく解説!

2022.03.31
2022.08.22

住宅の売買を考えているなら「どのタイミングだと損をしないのか」と考えるのではないでしょうか。不動産価格の推移は気になりますよね。

ベストなタイミングで不動産の売買をしたいなら、「不動産価格指数」を確認するのがおすすめです。そうは言っても、不動産価格指数とは何なのかよくわからない方も多いのでは?今回は、不動産価格指数の内容や調べ方、2022年最新の公示情報について解説します。

  cta-image-2   


「不動産価格指数」とは?

「家と矢印の画像」

「不動産価格指数」は、国土交通省が毎月公示している、不動産価格の動向を指数化した統計データです。

年間30万件におよぶ実際の取引をもとに、全国・ブロック別・都市圏別などカテゴリー別に価格の動向をデータ化しています。これまでの推移を月ごとに把握したい場合は、不動産価格指数を活用してみるとよいでしょう。

また、不動産価格指数をきちんと理解し応用するには、「目的」や「地価公示との違い」についても把握しておくことが大切です。

参照:
国土交通省「不動産価格指数」

「不動産価格指数」の目的とは?

不動産価格指数は、変動する不動産価格の動向を「素早く、かつ的確に把握し示すことを目的」として作られました。

この目的の理由としては、世界的な金融・経済危機を背景に、銀行の破綻やそこに投資をしていた企業が大きな損失を生じた過去があるからです。

このように本来は、金融危機回避のために作成されたものですが、一般的には不動産価格の傾向をつかむための指針として、不動産を売買する際に活用されています。

「地価公示」との違いとは?

不動産価格の動向は「地価公示」からも確認が可能です。不動産価格指数と地価公示の違いには「公示内容」「公示のタイミング」が挙げられます。

具体的な内容・違いは、以下のとおりです。

 

 

公示内容

公示のタイミング

地価公示

具体的な土地の
「価格」を示す

1月1日時点の地価
毎年3月」に公示

不動産価格指数

価格ではなく、
基準値と比較した際の
「指数」を示す

「毎月」の指数を公示

 

地価公示とは、毎年1月1日時点において、標準地がどの程度の価格水準にあるのかを示したものです。土地の適正価格を判断する目安として用いられます。

不動産価格指数は価格ではなく、基準値と比較した際の「指数」を毎月公示しているため、地価公示よりも推移がわかりやすく相場感がつかみやすいでしょう。



不動産価格指数の算出方法とは?

「家のイラストとキーボード操作の画像」

不動産価格指数は、以下3つの要素をもとに算出されます。

  1. アンケート調査から
  2. 不動産鑑定士が現地調査をする
  3. 登記情報

それぞれについて、詳しく説明していきます。

1.アンケート調査から

不動産価格指数は、実際に不動産を取引した人を対象としたアンケート調査に基づいて算出しています。

アンケート調査とは「不動産の取引価格情報提供制度」を利用したもので、120万件以上の取引を保有しているデータベースです。

取引価格や取引時期、所在地から築年数などの情報が集約され、不動産価格指数を割り出しています。

参照:
国土交通省「土地総合情報システム」

2.不動産鑑定士が現地調査をする

不動産価格指数は、不動産鑑定士の現地調査の結果による情報も加えて算出しています。

現地調査とは、不動産鑑定士が実際に物件まで行き、土地の種類や建物の配置、現地周辺環境の調査を実施することです。

そして、土地や建物がどの程度の価値があるのか、管理・使用状況などの環境も含めて鑑定したものを、不動産価格指数に加味し算出しています。

3.登記情報から算出

不動産価格指数を算出する際には、登記情報を基にした情報も使われています。登記情報とは、その不動産がある場所やこれまでの取引の様子がわかる一覧のことです。

法務省が行っている有料サービスの登記情報を利用することで、その物件の場所・取引内容をチェックできます。

この方法は、正式な登記から確認をとっているため、事実と相違のない正確な情報をもとに算出されているといえるでしょう。

 

不動産価格指数の調べ方とは?

「グラフと表の画像」

不動産価格指数の調べ方は、以下の2つです。

  1. サイトの表で見る
  2. サイトのグラフで見る


それぞれについて、詳しく説明していきます。

1.サイトの表で見る

不動産価格指数を表から確認したい場合は、国土交通省(不動産価格指数)のウェブサイトから閲覧できます。

最新データ「不動産価格指数(住宅)」「Excel」をクリックすると、ダウンロードしたファイルの閲覧が可能です。

ページごとにブロック分けされており、確認したい地域の指数を対前年比も含めて知ることができます

2.サイトのグラフで見る

不動産価格指数をグラフから視覚的に確認したい場合は、「表で見る方法」と同様に国土交通省(不動産価格指数)のウェブサイトから閲覧できます。

サイトにアクセスして、更新情報から確認したい対象期間「PDF」をクリックすれば閲覧可能です。

なお、PDFファイル2ページ目から、2008〜2021年までの土地・戸建て・マンションの指数を視覚的にわかりやすく知ることができます



【2022年版】最新の不動産価格指数

「家と2022ブロックの画像」

ここでは、2022年2月28日に国土交通省が公示した、最新の不動産価格指数をご紹介します。

紹介する項目は、以下のとおりです。

  • マンションの価格指数
  • 戸建ての価格指数
  • 土地の価格指数


具体的な数値をもとに、それぞれの項目の推移をチェックしてみましょう。

マンションの価格指数

2021年
11月

2020年
11月

2019年
11月

170.6

155.5

150.3

 

この表からわかることは、マンションの不動産価格指数は右肩上がりで、住宅用マンションの需要が増加していることを示しています。

近年、コロナ禍の影響もあり「おうち時間」が増えました。マンションであれば、利便性やセキュリティ面が優れているため、マンションの人気は高まり、不動産取引が活発化しているのかもしれません。

 

参照:
国土交通省「不動産価格指数(令和3年11月・第3四半期分)」

 

戸建ての価格指数

2020年
11月

2020年
11月

2019年
11月

108.1

102.7

102.1

 

戸建ての不動産価格指数は横ばいで推移していましたが、表からわかるように2020年から2021年にかけて上昇傾向が見られます。

これもマンション同様にコロナ禍の影響を受け、住まいを充実させようということからファミリー層がとくに、戸建て住宅に着目しているからかもしれません。

 

参照:
国土交通省「不動産価格指数(令和3年11月・第3四半期分)」



土地の価格指数

 

2020年
11月

2020年
11月

2019年
11月

105.5

100.6

101.3

 

土地も戸建てと同じように、2020年までは横ばいで推移していましたが、2021年からは緩やかな上昇傾向が見られます。

しかし一方で、以下のように前月比のマイナスが続いている地域ブロックもあり、土地価格の二極化が進んでいるのが実状です。

 

 

全国

北海道

東北

北陸

中部

不動産価格指数

105.5

118.2

112.5

103.4

88.1

対前月比(%)

0.9

▲ 0.6

▲ 2.2

▲ 9.9

▲ 3.7

 

参照:
国土交通省「不動産価格指数(令和3年11月・第3四半期分)」



不動産価格指数以外で動向を調べる方法とは?

「不動産の計算をする画像」

不動産価格指数を利用する以外で、不動産の動向を調べる方法は以下のとおりです。

  1. 「不動研住宅価格指数」を確認する
  2. 「レインズタワー」を確認する

それぞれについて、詳しく説明していきます。

1.不動研住宅価格指数を確認する

首都圏既存マンション(中古マンション)の価格変化を確認したい場合は、不動研住宅価格指数(日本不動産研究所)のウェブサイトから閲覧できます。

不動研住宅価格指数は、地域内の全物件の単純平均ではなく、過去に2回売買された時の価格差をもとに指数化。なお、以下の地域ブロックで作成されています。

  • 首都圏総合
  • 東京
  • 神奈川
  • 千葉
  • 埼玉

これらの地域にある、既存マンション(中古マンション)の動向を確認したい場合は、不動研住宅価格指数を活用してみましょう。

2.レインズタワーを確認する

東日本ブロックや首都圏の動向を確認したい場合は、レインズタワー(東日本不動産流通機構)のウェブサイトから閲覧できます。

レインズタワーとは、国土交通省から指定を受けた不動産流通機構が運営しているネットワークシステムです。

システムを通して入手した情報で、不動産市場動向の統計を作成しています。今後の動向を知りたいときには、レインズタワーを活用してみましょう。



不動産価格指数を見る時の注意点とは?

「不動産の説明を受ける画像」

不動産価格指数を見る時の注意点として、公示日と対象期間に3カ月程度のタイムラグがあることを覚えておきましょう。

たとえば、今回ご紹介した「最新の不動産価格指数」は2022年2月に公示されましたが、対象期間は2021年11月であり、3か月程度のラグがあります。

くわえて、不動産価格指数はあくまで過去のデータ統計です。不動産の動向は、株価のように常に変動しているため、不動産価格指数をそのまま不動産価格に当てはめるのはおすすめしません。

不動産価格指数をそのまま信じて売買した結果、損をしたり、高く値をつけすぎて売れ残ったりする可能性があるからです。そのため、不動産価格指数は動向を知る「ひとつの判断材料」として使うようにしましょう。

 

売買する際は「不動産価格指数」を確認しよう

不動産価格指数は、国土交通省が毎月公示している、不動産価格の動向を指数化した統計データです。

不動産売買をするうえで、「取引のベストなタイミング」を見極めるための判断材料として活用できるデータといえます。

しかし、不動産の価格は常に変動するため、不動産価格指数以外にも不動研住宅価格指数やレインズタワーなどの情報も併せてチェックし、不動産売買する際に役立てましょう。

 

■自宅から参加可能な「物件購入セミナー」開催中!

cta-image-2

中古マンション購入を検討されている方におすすめのセミナーを開催中です!
参加費無料で、オンラインで参加できるセミナーです。

子育て中のママ・パパも自宅から気軽にご参加いただけます。

不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説します!
▶︎物件購入セミナーの参加申込はこちら

物件探しで具体的なお悩み・相談内容がある方は個別相談にお申し込みください。
▶︎個別相談の参加申込はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30