logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 マンションはリフォームしてから売却すべき?費用や必要性を解説!

マンションはリフォームしてから売却すべき?費用や必要性を解説!

2022.04.08
2023.02.20
マンション売却前のリフォーム
admin-avt-8
一級建築士
行吉美晴
株式会社MUSUBUが手がける「TSUNAGU」ブランドのリノベ物件の設計を担当。物件ごとに空間を最大活用できるよう、ベ ...続きを読む

マンションを売却するとき、汚いよりも少しでも高く売るためにはお部屋をきれいにしたいですよね。そのためには、リフォームしたほうが良いと考える人もいるかもしれません。

リフォームはした方がいい場合と不要な場合があります。どう判断するべきなのかを解説します。

cta-image-12  

マンションを売却する前にリフォームは不要!その理由は?

(壁紙を張り替える男性の画像)

マンションを売却するとき、汚いよりも少しでも綺麗なお部屋が良いのではないかと思ってリフォームを検討する方もいるでしょう。

しかし、実際はマンションの売却前にリフォームは不要です。不要な理由は以下の通りです。

 

  1. リフォーム費用が補えない可能性がある
  2. リフォームで売却価格が必ず上がる訳ではない
  3. 買主がリノベーション目的で中古物件を探している

 

それぞれ詳しくご紹介します。

理由①リフォーム費用を売却価格で補えない可能性があるから

リフォームを行うのには費用がかかります。売主側としてはリフォームを行った費用も回収したいと思い売却価格を少し高くすることがあるでしょう。

しかし、買主側は中古マンションを購入する際に重要視するうちの一つに価格の安さがあります。綺麗で高い物件よりも少しでも価格が安い物件に購入希望者が集まる傾向があります。

 

理由②売却価格が必ず上がるとは限らないから

前項でご紹介した内容にも繋がりますが、リフォームをしたからといって売却価格が必ず上がるとは限りません

リフォームしてもしなくても売却価格が変わらないのであれば、わざわざ費用をかけてリフォームする必要がないのです。

 

理由③買主がリノベーションしたい場合もあるから

また、中古マンションを購入する理由として、買主がリノベーションを行いたい場合もあります。

リノベーションにも費用がかかるので、できるだけ安く購入したいと考える人やリノベーションするのであれば綺麗でなくてもいいと考える人もいます。

 

admin-avt-8
一級建築士
行吉美晴
室内の状態よりも築年数が重視される傾向にあります
買主が中古マンションを探す際、リフォーム済みかどうかよりも築年数が浅いものに絞って検索している傾向にあります。
リフォームをおこなって室内が綺麗であっても、築年数が経ってしまっていれば買主の目に止まらないのです。
>>プロフィールはこちら

 

マンションの売却を検討中の方はwednesdayの簡易査定を

マンションの売却を検討中の方はwednesdayの査定にお申し込みください。査定は無料で、オンラインのみで完結します。

お家への訪問も不要で、もちろんリフォームも不要です。ぜひ、ご相談ください。

cta-image-3  

 

リフォームしても良い場合

(床板を張り替える画像)

リフォームして物件の価値が上昇し、価格も上がるのであればリフォームを行うほうが良いでしょう。

売却前のリフォームを検討してもよい場所を2つご紹介します。

 

  1. リフォームがリーズナブルに行える箇所
  2. 特に目立つ大きな傷や汚れがある場所

1.リーズナブルな価格でできる箇所のみ行う

リフォームを行う際に、高額の場合はその費用を回収することができないことがあります。もし、リフォームを行うのであれば、床や壁紙の交換などリーズナブルに行える箇所を行いましょう。

 

2.目立つ傷や汚れを直す

中古マンションとはいえ目立つ傷や汚れがある場合には、リフォームやリペアを行いましょう。あまりにも傷や汚れがある場合、条件が良くても雑に扱われたように見えてしまい、本来の価値が下がってしまうことがあるからです。

 

リフォームをする時の費用相場は?

計算している男性

リフォームを行う場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

実際によくリフォームが行われる以下の箇所の費用相場をご紹介していきます。

 

  • フローリング
  • 水回り(キッチン・浴室・トイレなど)
  • 外壁

 

フローリングの費用相場

フローリングの貼り替えは10万円前後が相場です。

また、畳からフローリングに張り替える場合は16〜25万円程度かかります。

フローリングの材質や広さによって価格は変わってくるので、見積もりをとって確認しましょう。

 

水回りの費用相場

水回りのリフォームは1〜2箇所だけを行うよりも、3〜4箇所まとめて行うほうがお得になります。それぞれの場所別の相場です。

キッチンの場合、ミニキッチンやセパレートタイプであれば10〜50万円程度で行えるでしょう。ただしシステムキッチンなどのリフォームであれば50万円〜が相場です。

浴室の場合、60〜120万円が相場です。ユニットバスの本体代が価格の半分程度を占めることが多いので、どのユニットバスを選ぶかによっても価格は大きく変わります。

トイレの場合、10〜30万円が相場です。トイレだけを取り替えるのか、床や天井も変えるのかで大きく金額が変わってきます。

また、業者によっては複数の箇所を同時に行う、お得なパックで利用できるところもあるのでしっかりチェックしましょう。

 

外壁の費用相場

外壁のリフォームは150〜300万円が相場です。外壁の塗り替えに加えて、耐震工事や壁の補修などを行うと費用が高くなる傾向があります。

見た目が綺麗であれば建物の価値は上がるので検討してみましょう。

ただし、マンションの場合は個人で行うことは難しい場合もあります。

 

優先順位が高いリフォーム内容は?

(家の模型の周りに?のブロックが置いてある画像)

リフォームを行うと決めても、すべての箇所を行うわけにはいきません。リフォームを行う優先順位を決めます。

 

  1. ふすま・畳
  2. キッチン・浴室
  3. 古い設備の取り替え

 

リフォームを行うときに、優先してリフォームしたい箇所をご紹介します。

 

1.ふすま・畳

生活感の感じやすい、ふすまや畳はリフォームしておくと良いでしょう。リフォーム価格もそれほど高額ではないので、リフォームして綺麗にしておくことがおすすめです。

 

2.キッチン・浴室

キッチンや浴室などは日常でよく使う場所であり、水垢やカビなどが発生しやすい箇所です。そのため、水回りは個人では綺麗にすることが難しい箇所でもあるため、リフォームしておくと清潔感が増すので買主にもいい印象を与えることができます。

 

3.古い設備を新しくする

例えば、インターホンがカメラ付きではない古い設備の場合、カメラ付きのインターホンに交換しておくだけでも古く感じさせない工夫ができます。他にも給湯器やブレーカーなどが古い場合も新しいものに変えておくだけで、買主側に良い印象を与えることができるでしょう。

 

ハウスクリーニングやホームインスペクションは必要?

(窓を掃除する人の画像)

中古物件を売却する際にリフォームは高額ですが、ハウスクリーニングを行うことで少しでも清潔に見せることでき、内覧時の印象がよくなったり、建物の価値を上げることができたりします。また、ホームインスペクションを行うことは義務ではありませんが、近頃は日本でも一般的になってきました。見た目だけでは判断できない部分を知ることができます。

ハウスクリーニングやホームインスペクションはできるだけ行っておくと安心です。

 

ハウスクリーニングは必要?

ハウスクリーニングは清掃の専門業者が素人には難しい掃除を行ってくれるサービスです。

リフォームやリノベーションとなると大がかりですが、ハウスクリーニングは今あるものをい綺麗にして、長く使えるように掃除してくれます。

そのため、リフォームは難しい場合でもハウスクリーニングは行っておくほうがいいでしょう。

 

admin-avt-8
一級建築士
行吉美晴
ホームインスペクションとは住宅診断のことです
ホームインスペクションでは、住宅の不具合の有無やどれくらいで修繕が必要になるかなどを専門家からアドバイスしてもらえます。それによって買主側に安心感を与えることができるのです。
また、ホームインスペクションを受けた住宅であれば、売却後に欠陥が見つかった場合でも買主側とのトラブルを避けることができるので、おこなっておくと安心ですよ。
>>プロフィールはこちら

 

売却前のリフォームは本当に必要か検討しよう

マンション売却の際は必ずしもリフォームを行う必要はありません。中古マンションを購入したいと思っている買主は、価格も重要視しているため、リフォーム費用がかかった分の売却価格が上がってしまうと売れにくくなる可能性があります。

もしリフォームを行うのであれば、生活感を感じるような箇所のみに留めることをおすすめします。また、リフォームだけでなくハウスクリーニングやホームインスペクションも必要に応じて行ないましょう。

マンションの売却を検討中の方はwednesdayの簡易査定を

マンションの売却を検討中の方はwednesdayの査定にお申し込みください。査定は無料で、オンラインのみで完結します。

お家への訪問も不要で、もちろんリフォームも不要です。ぜひ、ご相談ください。

cta-image-3  

 

マンションの価格推移から、売却のタイミングを見つけよう!

マンションの売買については、価格の推移を追いかけることが重要です。

ニュースで連日報道されるような出来事があったときは、マンションの価格やそれに関連づく指数も動いていると考えましょう。

ぜひマンションの価格推移を観察し、ベストなタイミングでマンションを購入・売却しましょう。



■個別相談

cta-image-12  

不動産の売却に関することなどを個別でご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・お金に関する疑問や不安がある方

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■チャットで気軽に相談
wednesdayに会員登録いただくと、コンシェルジュにいつでも気軽にチャットでご相談いただけます。会員登録はもちろん無料です。

▶︎会員登録はこちら

不動産情報メディアの記事管理、編集を行う。 記事は不動産売買から家具やインテリアなど住環境に関する内容まで網羅。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。
風水ではトイレが重要!置いてはいけないものや運気アップの方法とは?
風水ではトイレは、運気を左右する重要な場所です。あなたが普段何気なく置いているものが実は、運気を下げているかもしれません。運気を上げるなら、まずはトイレから風水を取り入れてみませんか?今回は、風水的に置いてはいけないものや、運気アップの方法についてお伝えします。この記事を読めば、トイレの風水対策はバッチリです。
2022/10/11