logo
HOME ノウハウ マンション購入 税金・制度 住宅ローン減税とは?お得なポイントと期限をわかりやすく解説

住宅ローン減税とは?お得なポイントと期限をわかりやすく解説

2022.05.13
2022.06.14
admin-avt-17
税理士
剱持嘉宏
いつでも気軽に相談できる親しみやすい税理士をモットーとして、 税理士資格取得後は、資産税中心に年間1000件以上の税務 ...続きを読む

住宅ローンを契約して住宅を購入した際に適用されるのが、住宅ローン減税。住宅ローン減税を使うことで、還付金が入り、金銭的負担を減らせるメリットがあります。本来、住宅ローン減税は2021年までの制度でしたが、期間の延長が発表されました。そこでこの記事では、2022年からの変更点や、住宅ローン減税の手続きを解説します。

cta-image-2  

住宅ローン減税とは?

「住宅ローン減税のイメージ画像」

住宅ローン減税とは、住宅ローンで物件の購入やリフォームをする場合に、所得税や住民税の控除を受けられる制度のことです。税金から控除され還付金が入ることで、金銭的負担を減らせるメリットがあります。

 

また、住宅ローン減税を受ける場合には、一定の要件を満たさなくてはいけません。住宅ローンを契約すれば自動的に適用される制度ではないので、初年度は住宅ローン減税を受けるために確定申告をしなければなりません。

2年目以降は、会社の年末調整で税額を調整してくれます。個人事業主の方等確定申告を毎年されている方は、住宅ローン控除の申告も毎年必要です。



2022年住宅ローン控除改正による変更点

「変更を表す画像」

住宅ローン減税を利用することで、税金の還付を受けられるメリットがあります。実は、住宅ローン控除は2021年で終了予定の制度でしたが、住宅ローン控除改正により、期間が延長されました。期間延長の他にも複数の変更点が発表されたので、整理していきましょう。

 

<2022年住宅ローン控除改正による変更点>

  1. 控除率が1%→0.7%に引き下げ
  2. 制度の期間延長
  3. 控除期間は新築住宅・買取再販は13年、中古住宅は10年
  4. 住宅の環境性能に応じ借入限度額を上乗せ
  5. 中古住宅の築年数要件が緩和
  6. 新築住宅の床面積要件を40㎡以上に緩和

 

引用元:国土交通省「国土交通省税制改正概要」

 

①控除率が1%→0.7%に引き下げ

住宅ローンの控除率が1%だったのに対し、0.7%に引き下げられます。つまり、住宅ローンの残高が同じでも、2022年からは控除される金額が少なくなるということです。

控除の対象となるローン残高が3,000万円の場合、控除額は1%の時の月30万円から、月21万円の控除額に減額されます。

 

②制度の期間延長

住宅ローン控除は、2021年年末までに入居した人を対象にした制度でした。しかし、2022年の改正により、制度が4年間延長されます。つまり、2025年の年末までに入居した人が、住宅ローン控除の適用を受けることができます。

 

③控除期間は新築住宅・買取再販は13年、中古住宅は10年

今回の改正により、新築住宅、買取再販の控除期間が13年となります。(※令和6年1月1日以降に建築確認をうけるもので一定の者は10年)

中古住宅の場合は、以前と変わらず10年間です。

 

④住宅の環境性能に応じ借入限度額を上乗せ

住宅ローン控除では、控除が適用される金額が決められています。そのため、住宅ローン残高が限度額を超えている場合は、限度額を超えた部分は控除の対象になりません。今回の改正によって、「省エネ基準適合住宅」や、より高性能の「ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)水準省エネ住宅などの環境性能の良い住宅に関しては、控除の限度額が引き上げられました。



⑤中古住宅の築年数要件が緩和

中古住宅で住宅ローン控除を受ける場合には、定められた築年数の要件を満たしている必要がありました。具体的には、マンション等耐火建築物は25年以内、木造等耐火建築物以外は20年以内に建築されたものです。もし、築年数要件を満たしていない場合には、「耐震基準適合証明書」や「既存住宅性能評価書」を取得することで、住宅ローン控除を受けられます。

 

しかし、2022年の改正によって、築年数要件が緩和。住宅の構造に関係なく、「昭和57年(1982年)以降に建築された住宅」であれば、住宅ローン控除が適用されます

 

⑥新築住宅の床面積要件を40㎡以上に緩和

これまで、住宅ローン控除が受けられるのは、床面積が50㎡以上の住宅に限られていました。しかし、今回の改正によって、床面積50㎡以上だったものが40㎡以上に緩和されます。

つまり、これまで1LDKなど単身者用の住宅は住宅ローン控除が適用されにくかったのに対し、単身用の住宅でも住宅ローン控除を受けられる可能性が高くなりました。



引用元:国土交通省「国土交通省税制改正概要」



結局、住宅ローン減税はいつまで?

「期限を表す画像」

住宅ローン控除改正により、控除率は引き下がってしまったものの、期間が延長されたり、限度額が上がったりとポジティブな面も多いです。

 

契約期限と入居期限の違いは?

契約期限とは住宅の購入手続きをする期限を指し、入居期限とは実際に住み始める期限を指します。今回の改正によって、契約期限の発表はなかったものの、2025年の年末までの入居であれば、住宅ローン減税の利用が可能です。そのため、住宅ローン減税を利用したいと考えている人は、2025年の年末までに入居できるようにスケジュールを立てましょう。

admin-avt-17
ファイナンシャルプランナー
剱持嘉宏
2022年以降も住宅ローン控除は適用されます!
住宅ローン減税は2021年で終了する予定の制度でしたが、期間の延長が決まったため、2022年以降も変わらず利用できます。2021年の年末までに入居した場合は、改正前の条件が適用され、2022年以降の入居は改正後の条件が適用されるということです。
>>プロフィールはこちら

 

 

住宅ローン減税の手続きはどうやる?

「確定申告の画像」

住宅ローン減税は、2025年の年末までに入居した人であれば利用できる制度です。期間の延長が決まったので、これを機に住宅ローン減税を受けたいという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、住宅ローン減税の手続きについて詳しく解説します。

住宅ローン減税は、住宅ローンを契約すれば自動的に適用されるわけではないため、初年度は確定申告を通して申請する必要があります。期間が決まっているので、忘れずに必要書類を提出しましょう。

 

どこでやる?

住宅ローン減税の手続きは、初年度に限り税務署に必要書類を提出する必要があります。会社員の場合には、2年目以降は年末調整で住宅ローン減税を受けられるので、ローンの残高証明書を勤務先に提出してください。

 

申告はいつ頃すればいい?

住宅ローン減税の手続きは、2月16日から3月15日の確定申告の期間に必要書類を提出します。必要書類は、税務署に持参するか郵送して提出してください。e-Taxを使用すれば、インターネット上での提出もできます。

 

住宅ローン控除はどれくらいお得?

「還付金を計算している画像」

住宅ローン控除は住宅ローンの残高に応じて還元される制度ですが、どれくらいお得になるか気になる人も多いはず。そこでここでは、住宅ローン控除の還元額について見ていきましょう。

 

<住宅ローン控除はどれくらいお得?>

  • 新築住宅・買取再販(認定住宅)の限度額について
  • 新築住宅・買取再販(認定住宅以外)の限度額について
  • 中古住宅の限度額について

※全て住宅ローンの年末残高の限度額です。

 

新築住宅・買取再販(認定住宅)の限度額について

新築住宅・買取再販(認定住宅)の限度額は以下の通りです。

 

~2021年

2022・2023年

2024・2025年

5,000万円

5,000万円

4,500万円

 

ちなみに、認定住宅とは良好な状態で住み続けられるような措置を講じた住宅を指します。バリアフリー性や省エネルギー性、耐震性などが優良であるということです。

 

新築住宅・買取再販(認定住宅以外)の限度額について

新築住宅・買取再販(認定住宅以外)の限度額は以下の通りです。

 

 

~2021年

2022・2023年

2024・2025年

ZEH水準省エネ住宅

4,000万円

4,500万円

3,500万円

省エネ基準適合住宅

4,000万円

4,000万円

3,000万円

その他住宅

4,000万円

3,000万円

2,000万円 (2023年までに建築確認がされた新築に限る※ 一定の場合には令和6年6月30日まで)

ZEH(ゼッチ)とは、「ゼロ・エネルギー・ハウス」のことです。省エネ基準よりもさらにグレードの高い住宅を指します。住宅でエネルギーを作り、省エネを徹底し、そして断熱などでエネルギーの過剰消費を防ぐものです。

 

省エネ基準とは、名前の通り、その住宅が省エネ仕様になっているかを判断する基準を指します。基準に挙げられるのは、断熱性がしっかりしているか、そして冷暖房や照明は省エネ仕様になっているかなどです。

 

中古住宅の限度額について

中古住宅の限度額は以下の通りです。

 

 

~2021年

2022・2023年

2024・2025年

認定住宅

3,000万円

3,000万円

3,000万円

その他住宅

2,000万円

2,000万円

2,000万円

 

このように、住宅の種類によって住宅ローン減税の限度額が異なります。住宅ローン減税を使う際には、どの住宅の種類に当てはまるのか、限度額はいくらになるかを確認し、控除額をシミュレーションするようにしましょう。

 

admin-avt-17
ファイナンシャルプランナー
剱持嘉宏
住宅ローン残高の0.7%程度が還元されます
2022年の改正により、住宅ローン残高の0.7%程度が還元されます。例えば、住宅ローン残高が3,000万円だった場合、21万円が還付される計算です。
しかし、住宅の種類によって控除限度額が異なるので、必ずしも0.7%分が還元されるわけではありません!
住宅ローン残高が控除限度額を上回っていると、超過分は計算されないため、想定よりも還付額が少ないこともよくあります。
なお、年数によって限度額が異なるため、注意が必要です。
>>プロフィールはこちら

 

 

 

住宅ローン控除の改正内容は理解できましたか?

2022年の改正で、築年数要件や床面積要件が緩和されました。要件が緩和されたことで、住宅ローン減税の利用ができるようになった人も多いはずです。住宅ローン減税を使うことで、還付金を住宅ローンの返済にあてられるようになります。住宅ローン減税の概要や条件、そして手続きの方法を頭に入れて、住宅をお得に購入しましょう。

 

【失敗したくない方必見】中古マンション購入を検討中の方におすすめセミナーがあります!

cta-image-2  

不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説。

「中古マンションを購入してリノベーションしたい」「リノベーション済の中古マンションを購入したい」方や、「住宅ローンやお金のことがよくわからない」方におすすめのセミナーです。

参加費無料で、参加方法はオンライン・来社どちらでも可能!個別相談参加でAmazonギフト券をプレゼント!

中古マンションの選び方のポイントや、あなたにぴったりの暮らしを叶える物件選び・探しまでサポートしますので、まずはご参加ください♪
▶︎物件購入のノウハウが100%手に入るセミナーの申込はこちらから!


物件探しで具体的なお悩み・相談内容がある方は個別相談にお申し込みください。

▶︎今ならAmazonギフト券が貰える◎超お得な個別相談の参加申込はこちらから! 

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30