logo
HOME ノウハウ マンション購入 税金・制度 住宅ローンの事前審査とは何?本審査との違いや重視されるポイントを紹介

住宅ローンの事前審査とは何?本審査との違いや重視されるポイントを紹介

2022.05.13
2022.05.17

家を購入したいと思った際に、住宅ローンを利用する人は多いのではないでしょうか。

住宅ローンを受けるためには審査を受ける必要があり、その審査には事前審査と本審査の2つがあります。

今回は住宅ローンの事前審査とはどのようなものなのか、本審査との違いなどをご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてください。

 

住宅ローンの事前審査とは?

(電卓で計算する人の画像)

住宅ローンの事前審査は、住宅ローンを申し込みたい時に一番初めに受けなければならない審査のことです。

事前審査ではどのようなことがチェックされるのか、本審査の間になぜ事前審査が行われるのかなど、本審査との違いも詳しくご紹介します。

 

何をするもの?

事前審査とは住宅ローンを組む際の本審査の前に行われる簡易的な審査のことです。

事前審査では購入する物件の所在地や面積などの情報や借り入れたい金額、返済期間などを提出し、金融機関側はその情報を元にローン申込者の返済能力や健康状態などをチェックし、返済能力があるかどうかが見極めるために行います。

 

なぜ事前審査を行うかというと、売買契約を交わした後にローンが通らなかったので購入できないということになると売主や不動産業者に損害を与えてしまいます。

そのため購入前に住宅ローンを組めそうであるか、事前の審査が行われるのです。

 

本審査との違いは?

事前審査と本審査は、審査を行なう機関やその内容の違いです。

事前審査は金融機関で申込者が返済できる能力があるかどうかや雇用形態、健康状態などをチェックされますが、本審査の場合は銀行や信用保証会社などが事前審査の内容をさらに詳細な資料を元に審査を行っていきます。

 

住宅ローン審査の流れを紹介

(家の模型の上にチェックボックスがある画像)

住宅ローンの審査は、事前審査を受けて審査が通れば本審査を受けるのが一般的です。

住宅ローンの審査の流れと不動産会社を通さずに自分で事前審査を受ける方法もご紹介していきます。

 

事前審査→本審査

まず、購入したい物件を見つけ住宅ローンを申し込みたいとなれば事前審査に申し込みをします

事前審査は受けるのに特に条件はなく、誰でも無料で受けることができます。

事前審査で審査を通過することができれば本審査を受けることができるようになり、本審査を通過すると住宅ローンを組めるようになるのです。

 

事前審査を自分でするにはどうすればいい?

不動産業者を介さずに自分で事前審査を行なうには、自分で申し込みたい金融機関で手続きを行います。

窓口や公式サイトに事前審査の申込書があるので、氏名や勤め先や資金計画などを記入し収入証明書などを提出し手続きを行います。現在は店舗で申し込む以外にも郵送やネットで手続きが行える場合もあります。

 

住宅ローン審査の必要書類は?

(書類を記入する女性の手元の画像)

住宅ローンの審査に必要な書類は事前審査なのか本審査なのかで変わってきます。

事前審査に必要な書類は、自分が購入しようと思っている物件の見積り土地の所在地がわかるもの、収入の証明となる直近の源泉徴収書が必要です。

他にも本人確認書類となる運転免許書や健康保険証が必要になります。

 

本審査で必要になる書類は、公的な収入証明書である所得証明書住民税決定通知書や他に預金を証明する通帳や証書も必要です。

また、本人確認書類も住民票と実印も必要になります。

 

それぞれの審査で必要な書類が異なるのでしっかり確認をしましょう。

 

事前審査は誰が判断する?

(​​金融ローンのローン申請書の画像)

事前審査は申込書に記載された内容をもとに、金融機関が個人信用情報機関に問い合わせをして審査を行います。

そこで得た情報をもとに、個人に対する信用や返済能力があるのかどうか金融機関が判断するのが事前審査です。

 

事前審査で特に重視されるのは?

(書類を見ながら電卓で計算する人の手元の画像)

事前審査で特に重視されるのは健康状態や完済時の年齢、年収、建物の担保評価、個人信用情報が重視されます。

年齢や健康状態は、長期の借入となるため元気なうちに返済できるかという点や健康状態がよくないと団体信用健康保険に加入できず住宅ローンが利用できません。

他にも年収によって借入額が決められたり、個人信用情報で返済能力が決められます。

参照:国土交通省 民間住宅ローンの実態に関する調査

 

事前審査は何日くらいかかる?

(コンクリート壁に週の付箋が貼られた画像​​)

事前審査にかかる日数は、即日から3日程度で行われる場合が多いです。長くても1週間ほどでわかります。

ただし、書類提出後の目安になるため、書類に不備が合った場合などはさらに長引いてしまうことがあるので、審査を急いでいる場合は即日で審査してくれる銀行かどうか確認し申し込みましょう。

 

本審査はどのくらいかかる?

本審査にかかる時間は、書類の提出から2週間から3週間程度です。

事前審査に比べて、審査を行う項目も多くなるため、事前審査よりも審査に時間がさらに必要になります。

書類に不備などがある場合は1ヶ月ほどかかることもあるので、不備がないよう揃えておきましょう。

 

住宅ローンの事前審査は何社まで?複数社がいい?

(夫婦が男性に相談する画像)

住宅ローンを申し込む際に何社までがいいという決まりはありません。

ただし、事前審査に申し込んだ履歴は個人信用情報に記載されるため、何社にも申し込んでいるとその情報を事前審査の際に金融機関が目にします。

そのため、多くても3社程度にしておくといいでしょう。

 

住宅ローンの事前審査はいつまで有効?

(カレンダーに丸印をつける女性の手の画像)

住宅ローンの事前審査は審査が承認された日から90〜180日間有効の場合が多いです。

それぞれの銀行によって有効期間は違うため、せっかくの審査が無効にならないように自分が融資を受ける金融機関の有効期限を確認しておくようにしましょう。

借入開始日が有効期限を過ぎてしまっている場合は、再度審査が必要になり、もう一度書類を提出しなければならないので注意しましょう。

 

また、審査を受けた時と融資を受けるまでの期間が空いている場合、金利が変わることもあります。

 

事前審査に落ちることはある?

(○と×を持つ男性の画像)

事前審査に落ちてしまうと、その後の本審査に進めません。

では、事前審査はどれくらいの確率で落ちることがあるのでしょうか。

事前審査に落ちる確率や、もし落ちてしまったあとどうすればいいのかなどを詳しくご紹介していきます。

 

落ちる確率はどのくらい?

事前審査に落ちる確率は5〜10%程度と言われています。

事前審査に落ちる理由は、収入が安定しない場合や勤続年数が短い場合、過去にクレジットのキャッシングやローンなどを延滞したことがある場合が多いです。

また、完済時の年齢が80才を超える場合も審査に落ちることがあります。

 

事前審査に落ちたらどうなる?

事前審査を通過しないことには本審査に進めないことをお伝えしましたが、もし一社の審査で落ちてしまった場合は、違う金融機関の事前審査を受けてみましょう。

その金融機関では通らなくても他の金融機関では通る場合もあります。

また返済期間を短くしたり、頭金を多く用意して借入額を減らしたりして申し込むことで審査に通ることがあるので、再度審査を行う場合は可能かどうか検討してもいいでしょう。

 

また返済比率が大きくなると滞納される可能性があると思われるため、借入額の返済比率は30%以下であることが判断基準になると言われています。

 

何年後なら通りやすくなる?

個人信用情報に5年以内に支払いの遅延などがあれば傷として残るため、住宅ローンの審査は通りません。

また、既に完済していても一定期間はその情報が記されています。

もしローンやキャッシングの遅延の覚えがある場合は5年は期間をおきましょう。

また、自分の信用情報を知りたい場合はCICなどで確認することができます。

 

その他の事前審査の注意ポイント

(ブロックに!マークが書かれた画像)

住宅ローンの審査では、年齢が重視されます。

借入時の年齢が若すぎると収入が安定しないと考えられたり、反対に借り入れが遅く完済時の年齢が65歳を超えるとなると、定年を迎えて返済ができなくなると考えられ審査に不利になります。

 

他にも住宅ローンを組む際は、ほとんどの金融機関で団体信用生命保険​​の加入が必要な場合が多いです。そのため健康状態にも注意しましょう。

 

また事前審査は購入したい物件が決まってなくても受けることができる金融機関もありますが、事前審査で申請した借入金を増やす場合は再審査が必要です。

まだ購入したい物件がはっきり決まっていない場合は、やや高めの金額で審査しておくといいでしょう。

 

住宅ローンの審査についてお分かりいただけたでしょうか?

住宅ローンを利用するためには、まずは事前審査に申し込む必要があり、事前審査では申込者に支払い能力があるかどうかや、信用できるかなどが審査されます。

事前審査の内容やポイントを抑えておくことで、本審査に進むことができるのです。

事前審査から本審査が終わるまでに1ヶ月ほどかかるため、購入したい物件が決まっている場合は、余裕を持って申し込みを行うようにしましょう。



航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30