logo
HOME ノウハウ マンション購入 ランキング・調査 オーダーリノベーションだからこそ叶えられた自由な空間|MUSUBUのリノベ物件に暮らす-vol.2-

オーダーリノベーションだからこそ叶えられた自由な空間|MUSUBUのリノベ物件に暮らす-vol.2-

Wednesdayに会員登録していただくと、物件探し、リノベ、住宅ローン相談までコンシェルジュがフルサポート!
2022.07.08
2022.07.11

MUSUBUで中古マンションを購入し、リノベーションをオーダーしてくださったお客様に、物件購入に至った背景やリノベーションの進め方などをお伺いしました。

今回ご紹介するのは、男性のためのヘアサロン「FADE&LINE」のディレクターを務める石村航さまのご自宅。リノベーションだからこそ叶えられた素敵なお部屋やこだわりの家具・インテリアをご紹介します。

 

物件との出会い、決め手について

インタビューの様子

「中古マンション×リノベーション」と言っても、リノベーション済の物件もあれば、中古マンションを買ってリノベーションするパターンもあります。今回ご紹介するのは、後者のオーダーリノベーションパターンです。

 

-元々、中古マンションを購入してリノベーションしようと考えていらっしゃったんですか?

元々は一軒家に住みたいと考えていたんです。でも、家探しを検討しているところで友人にMUSUBUを紹介してもらって、すぐマンションに変わりました。

リノベーションで出来ることを聞いて、興味を持てたんです。」

 

-エリア選びはどう決めたのですか?

「地元のエリアがいいと決めてたんです。引っ越す前は湘南のあたりに住んでいましたが、ゆくゆくは地元に戻りたい思いがありました。」

 

-物件探しはどのくらいかかりましたか?

「最初は違うマンションにしようとしていたのですが、タイミングが合わずでダメになってしまい、1、2ヶ月は動きがなにもなかったのですが、そんな時に今のマンションに出会い、決めました。」

 

-物件の”決め手”みたいなものはあったのですか?

「正直、部屋自体はリノベーション前だと魅力が感じられなかったんです。でも、この景色の良さに心惹かれて、即決しました。」

 

バルコニーからの眺望
▲バルコニーからの眺望。緑が美しく、癒されます。


お部屋から広がる眺望がとてもきれいで、目の前に遮るものはなにもなく、緑が多くて心地よい景色が広がっています。


-実際にマンションに住み始めてどうですか?

「マンションは楽ですね。ゴミは24時間いつでも出せるし、管理されているのでとても暮らしやすいです。」

 

オーダーリノベーションだからこそ叶えられた空間

玄関土間
▲開放的な玄関土間。


お部屋に入った瞬間、マンションとは思えないほどの開放的な玄関土間が広がっています。石村様はどんな風にリノベーションを進めたのかをお伺いしました。

 

-リノベーションはどんな風に進めていかれたのですか?

「要所要所でオーダーした感じです。『室内窓をつけてほしい』『色味はこんな感じがいい』とかを伝えました。

あと、家具が好きなので、置く家具を予め伝えて、家具に合うように作ってもらった感じです。」

 

-マンションでは珍しい玄関土間は、石村様がアイディアを出された感じですか?

「玄関の土間はオーダーしました!最近の一軒家とかで多いですよね。

趣味がキャンプやサーフィンなので、玄関は広めがいいなと思ったんです。結局、今は自転車置き場になりつつありますが(笑)。

床のモルタルがお気に入りです。物撮りするのに映えるので、よくここで写真を撮っています。」

 

モルタルがかわいい玄関土間
▲モルタルがおしゃれでかわいいです。


-玄関土間と同様にオーダーされた室内窓もかわいくて素敵です!

「色々なお部屋を見ていて、室内窓がついているのって素敵だと思ったので、つけてもらいました。部屋の雰囲気を良くしてくれていますよね。」

 

室内窓
▲室内窓がかわいいです。お部屋が明るくなります。


内窓があるお部屋は石村様の仕事部屋だそうです。

 

-バルコニーも素敵ですが、ご自身でアレンジされたのですか?

 

床にパネルを引いたバルコニー
▲床にパネルを引いたバルコニー。


「床にパネルを引いただけなんですが、雰囲気が変わりましたね。
ただのコンクリートから一変しました。」

バルコニーでは、物件購入の決め手にもなった眺望を楽しみながら、お酒を飲んだりもされるそうです。ここから見る景色に癒されると話してくださいました。

 

-お部屋の至るところにグリーンがあって素敵です。グリーンもご自身で選ばれているのですか?

「植物が好きで、いつも買って帰っています。前の家は日当たりが悪くて、植物もそんなに育たなかったんです。今は日当たりが良いので、植物もよく育ちますね。」

 

生活感を一切感じさせないお部屋

ランドリースペース
▲生活感が出やすいランドリースペースまで可愛いです。造作棚が使いやすそうです◎

 

どのお部屋からも生活感を一切感じさせません。生活感が出やすいランドリースペースやキッチンにもほとんど物が出ていなくて、綺麗にされています。

「キッチン奥に作ったパントリースペースのおかげで、生活感が隠せていますね。生活感が出やすい家電やストック類などをパントリースペースに収納しています。」

キッチン奥の扉を開けるとパントリースペースがあり、ストック類や家電などが置いてありました。少しの工夫でこんなにも生活感を感じさせないお部屋になることがわかりました。

 

-家具やインテリアなど全てにこだわりを感じます!

「家具は一生物なので、こだわって選んでいます。そこのチェストも50年代のものですが、未だにこんなにきれいじゃないですか。そう考えると、残りの5、60年は使えるので、多少高くても良いものを一生大事に使おうと思って選んでいます。」

家具やインテリアはご自身で選んだり、家具屋で働いている友人にコーディネートしてもらうこともあるそうです。

 

リビングのソファでくつろぐ様子
▲お部屋のライトは、部屋の写真を見せて合うものをセレクトしてもらったそうです。


お部屋に置いてあるもの全てにこだわりや愛着を感じました。どこを撮っても絵になるお部屋に
ついついシャッターを切ってしまう編集部一同でした。

 

お部屋ごとに丁寧に彩られた空間

インタビューの様子

お部屋に流れる音楽・置くもの・香るものを選んだりと空間を作ることが好きだと話してくださった石村様。

その言葉の通り、お部屋ごとに空間を丁寧に彩っていて、どのお部屋も素敵な空間が広がっていました。

 


「こんなお部屋で暮らしたい」「こんな暮らしをしたい」と感じさせるお部屋に終始心が踊るインタビューとなりました。

 

-石村様、本当にありがとうございました!



リノベーションで理想の暮らしを

マンションとは思えない玄関土間の採用や、大事な家具を活かす間取りが作れるのもオーダーリノベーションならではの魅力です。

オーダーリノベーションは、自由度が高い分、ハードルが高そうな印象をお持ちの方もいるかもしれません。ほんの少しのこだわりや希望を伝えるだけで、こんなにも素敵なお部屋ができあがると知れば、リノベーションのハードルが下がるのではないでしょうか。

住みたいエリアが決まっている方や理想の暮らしを思い描いている方、ほんの少しのイメージをお持ちの方は、オーダーリノベーションという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

 

■リノベーションを検討中・相談したい方はこちら

 

広報やWEBメディアのライター・編集・運営担当を経て、2022年にMUSUBUに入社。MUSUBUのメディア、wednesdayとTSUNAGUのコンテンツ企画や制作、ディレクションを務める。趣味は散歩とドライブ。犬猫と暮らす家を建ててしまうほどの犬猫好き。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30