logo
HOME ノウハウ マンション購入 購入の基礎知識 リノベーション向きマンションの探し方は?中古物件を見るポイントも

リノベーション向きマンションの探し方は?中古物件を見るポイントも

2022.08.12
2022.12.16
おしゃれなマンションの外観

中古マンションを買ってリノベーションをしようと物件を探している人も多いと思います。ただ、自分の希望通りのリノベーションができないと後悔することになりかねません。

この記事では、リノベーション向きのマンションの探し方から選び方の注意点をご紹介。これからマンションをリノベーションする予定のある人はぜひ一読してください。

cta-image-1  

リノベーション向きマンションとは?

白い壁の部屋

リノベーション向きのマンションと言える物件には、いくつかのポイントがあります。

 

  • 前の住人が退去したあとにリノベーションをおこなっていない物件
  • ラーメン構造の物件
  • 配管スペースは隅の方の物件

 

前の住人が退去したあとにリノベーションがされてなければその分、控えめな価格で入手できます。

また、自由にリノベーションしたい場合、ラーメン構造と呼ばれる柱と梁がメインの構造であれば、間取り変更も比較的自由におこなえるでしょう。

さらに、配管スペースが部屋の隅にあれば制限が少ないため、リノベーションの自由度が増します。金銭的にも構造的にもリノベーション向きのマンションといえるでしょう。

 

リノベーション向きマンションの探し方

パソコンで調べている人

リノベーション向きのマンションの探し方としては、インターネットの物件情報サイトを利用するのが手軽にできる一番の方法でしょう。

まずはリフォーム済やリノベーション済みと書かれてある物件は候補から外します。そして「居住中」と書かれている物件を探すようにしましょう。

「居住中」とは人が住んでいる状態のマンション。人が住んでいればリノベーションされていない可能性が高い上、内装外装ともに築年数が経っていれば、市場価格より低い価格設定の物件が多いです。

「空き家」であれば、写真を数多く確認しておきましょう。写真が数枚しかないなど、不動産会社があまり積極的に写真を載せていない場合は、経年劣化などで写真にしたくない可能性が高いといえます。

この場合はリノベーションが必要なマンションといえるでしょう。したがって、リノベーション向きといえます。

 

リノベーション向きマンションの選び方のポイント

POINTと書かれた黒板

次にリノベーション向きのマンションの選び方についてです。前述のとおり、マンションの部屋の構造的に向いている条件はあります。

ここでは、それ以外にもポイントといえるものをあげていきます。

 

  • 管理規約による制約はどうか
  • 耐震基準はどうなっているか
  • 間取り変更できる構造か
  • 水回りの配管はどうか
  • 管理組合の維持管理状況はどうなっているか

 

以上、詳しく紹介します。

管理規約による制約はどうか

まず、管理規約による制約についてです。

マンションではそれぞれの物件ごとに管理規約が定められていますリノベーションに関しても同様です。

「フローリングへ変更するのはダメ」な場合や「水回り設備の移動はNG」としているマンションもあります。

自分のやりたいリノベーションができるかどうかは、必ず購入前に不動産会社に確認しましょう。その物件の管理規約に制約があれば、理想としているリノベーションができない恐れがあります。

 

耐震基準はどうなっているか

次に耐震基準もポイントです。

耐震基準に不満があるからといって、個人で耐震改修をすることはできません個人でできるリノベーションは自分の部屋の中だけですので、あらかじめ注意しておきましょう。

耐震基準に関しては、1981年6月1日以降に建築確認を受けていれば新耐震基準の物件になります。耐震性の目安として十分だといえるでしょう。

また、住んでいる地域に地震や水害が多いとリスクもあります。ハザードマップでその地域のリスクを確認しておくのもよいかもしれません。

 

間取り変更できる構造か

間取り変更できる構造かどうかも重要なポイントです。

壊せない壁があるかどうかは特にチェックしておきましょうというのも、希望通りのリノベーションをするための自由度に影響するからです。

壁が無くても成り立つラーメン構造なら、間仕切り壁の移動なども可能ですが、壁で建物を支えている壁式構造は、壁の位置によって間取りを考える必要が出てきます。

中古のマンションなら細かく部屋が区切られていることも多いです。理想のリノベーションのためには工事可能な範囲を業者と話し合うことが重要になります。

 

水回りの配管はどうか

水回りの配管についても同様です。

こちらもその配管の位置によってお風呂場や洗面所、キッチンなどが移動できない可能性があります

また、各部屋にある上下水道などを通すパイプスペースの位置も重要です。部屋の端にあればリノベーションしやすいですが、部屋の中央にある場合もあり、いずれも事前に確認しておく必要があります。

 

管理組合の維持管理状況はどうなっているか

最後に管理組合の管理状況です。

自分でリノベーションできる範囲は自分の部屋の中だけです。マンションの共用部に関しては管理組合の範囲になるため、汚かったり、劣化をそのままにしていたりといったマンションだと、せっかく購入した物件が台無しな気持ちになるかもしれません。

 

  • 外観のヒビがないか
  • エントランスや階段の清掃状況
  • ゴミ置き場の清掃状況

 

以上をチェックしておくとよいです。修繕計画や履歴は不動産会社に依頼して見せてもらうようにしましょう。

 

リノベーション向きマンション探しの際に注意すべきこと

感嘆符のブロック

リノベーション向きマンションの探し方や選び方のポイントを紹介してきましたが、注意すべきこともあります。

 

  • 旧耐震基準では融資やローン優遇制度に関わる
  • マンション独自の制約やできないことがある

 

自分では耐震改修はできない旨は前述しましたが、耐震基準によって融資やローンといったことに影響します。

また、マンションに規約は必ずあるため、その点も注意が必要です。

旧耐震基準では融資やローン優遇制度に関わる

リノベーションをしたいと物件を探している際、旧耐震基準の中古マンションを見つけることがあるかもしれません。

好立地で控えめな価格となれば魅力的に感じることもあると思いますが、安全面のほか、資産価値としてはあまり高くないのが難点です。

売れにくい物件になっていく旧耐震基準物件への融資が厳しいことや、住宅ローン減税などの優遇制度が活用できないことなどはデメリットといえるでしょう。

住宅ローン減税を利用するなら新耐震基準に適合していると証明できなければなりません。築年数25年以内で無条件の利用可能ですが、25年を過ぎても新耐震基準プラス検査済証によって、税制優遇が受けられます。

 

マンション独自の制約やできないことがある

リノベーションできない箇所というのがマンションにはあります。共用部分は管理組合の管轄となっていますが、自室の外玄関、窓、ベランダなどは勝手にリノベーションできません

たとえば、共用部分のサッシの変更はできないけど、間仕切り壁を取り、ひとつの部屋にして採光を多くすることはできるといった具合です。

加えて、マンション独自に規約が定められており、「〇〇は不可」という項目には注意が必要になります。

まずどのようなリノベーションがしたいのか、そしてそれができるマンションなのかということが最重要といえるでしょう。

 

リノベーション向き物件で理想の空間を

リノベーション向きマンションの探し方や選ぶポイント、注意点を紹介してきました。

物件選びで重要なことは、そのマンションの規約や室内がどのような状態か。構造と配管の位置を確認することなどがあげられます。

また、耐震基準や管理組合の管理状況についてもチェックしておきたいところです。いずれも、不動産会社とのやり取りを綿密におこなって、理想のリノベーションを叶えられるマンションを探しましょう。

 

【失敗したくない方必見】中古マンション購入を検討中の方におすすめのセミナーがあります!

cta-image-1  

不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説。

「中古マンションを購入してリノベーションしたい」「リノベーション済の中古マンションを購入したい」方や、「住宅ローンやお金のことがよくわからない」方におすすめのセミナーです。

参加費無料で、参加方法はオンライン・来社どちらでも可能!個別相談参加でAmazonギフト券をプレゼント!

中古マンションの選び方のポイントや、あなたにぴったりの暮らしを叶える物件選び・探しまでサポートしますので、まずはご参加ください♪

物件購入のノウハウが100%手に入るセミナーの申し込みはこちらから


物件探しで具体的なお悩み・相談内容がある方は個別相談にお申し込みください。

今ならAmazonギフト券が貰える◎超お得な個別相談の参加申し込みはこちらから!

 

不動産情報メディアの記事管理、編集を行う。 記事は不動産売買から家具やインテリアなど住環境に関する内容まで網羅。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。
風水ではトイレが重要!置いてはいけないものや運気アップの方法とは?
風水ではトイレは、運気を左右する重要な場所です。あなたが普段何気なく置いているものが実は、運気を下げているかもしれません。運気を上げるなら、まずはトイレから風水を取り入れてみませんか?今回は、風水的に置いてはいけないものや、運気アップの方法についてお伝えします。この記事を読めば、トイレの風水対策はバッチリです。
2022/10/11