logo
HOME ノウハウ マンション購入 住環境・暮らし 中古マンションのリノベーションでよくある後悔例!成功するポイントも網羅

中古マンションのリノベーションでよくある後悔例!成功するポイントも網羅

2022.08.15
2022.11.18
中古マンションのリノベーション

中古マンションのリノベーションで後悔したくないと考えていませんか?事前にリノベーションでよくある後悔例を把握しておけば、失敗するリスクを減らせるでしょう。

この記事では、中古マンションのリノベーション後悔例や後悔しないコツを解説します。リノベーションを成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。

cta-image-6   

中古マンションのリノベーションでよくある後悔例4選

家の模型と、修繕費と書かれた瓶

中古マンションのリノベーションでよくある後悔は、以下の4つです。

 

  • リノベーション可能な範囲が限定的だった
  • リノベーション費用が高かった
  • リノベーションできないマンションだった
  • マンションのリノベーション業者の選定を誤った

 

リノベーションを成功させるために、事前に後悔した例を把握しておきましょう。

後悔例①:リノベーション可能な範囲が限定的だった

中古マンションは、あらゆる場所を自由にリノベーションできるわけではありません。

たとえば、お風呂やキッチンなどの水回りの場所を変更することは難しいです。部屋中を通る給排水管をまとめたパイプスペースから離れたところに移動させようとしても、配管の勾配が取れなくなってしまうでしょう。

また、壁式構造の場合、耐震の関係から構造壁を壊せず、自由に間取りを変更できません

マンションの構造上、移動できない部分や壊せない壁があるため、「リノベーションできる範囲が限定的だった」と後悔するケースがあります。

 

後悔例②:リノベーション費用が高かった

予想以上にリノベーション費用がかかり、後悔する可能性もあります。理想の住まいにしようと、床材の素材や設備のグレードにこだわるほど、リノベーション費用は高額になります

また、解体して内部が傷んでいる場合、補強工事費用がかかるなど、リノベーションには想定外の費用がかかることも少なくありません。トータルの費用が新築物件の購入費以上になるケースもあります。

リノベーションの費用をおさえるためには、予算を調整することが大切です。

 

後悔例③:リノベーションできないマンションだった

中古マンションには、リノベーションできる物件とそうではない物件があります。

マンションには共用部分と専用部分のルールを定めた管理規約があり、リノベーションに関する制限について記載がある場合、改修工事することはできません

また、出入り口やエレベーターなどの共用部分に関しては、すべてリノベーションできません

中古マンションを購入してから「ほとんどリノベーションできる場所がない」と困らないよう、管理規約を必ず確認しておきましょう。

 

後悔例④:マンションのリノベーション業者の選定を誤った

リノベーション業者の対応や質が悪く、思った通りに改修工事してくれなかった後悔例もあります。リノベーション業者の技術力が低い場合、「綺麗にフローリングが貼られていない」「壁紙の貼り方が雑」という問題が発生してしまいます

また、業者によっては問題を指摘しても、対応してくれない可能性があるでしょう。プランニングの段階で、リノベーションできないと業者から断られてしまうケースもあります。

理想通りにリノベーションしてもらうためには、優良な業者に依頼することがおすすめです。

cta-image-6

 

中古マンションをリノベーションするメリット3選

家の模型とメリットデメリット

中古マンションのリノベーションには、以下のような3つのメリットがあります。

 

  • 自由にデザインできる
  • 新築よりも安い
  • 安定した資産価値

 

メリットを把握してから、リノベーションすべきなのかどうか判断しましょう。

メリット①:自由にデザインできる

間取りや内装を好きなように設計できることは、リノベーションのメリットです。

新築の場合、すでに決まっている間取りや内装から選ぶことが基本であり、カスタマイズできる範囲も限定的です。

中古マンションをリノベーションすれば、オシャレな内装やライフスタイルに合った間取りなど、自由にデザインできます

理想の住まいを実現させたい人に、リノベーションはおすすめです。

 

メリット②:新築よりも安い

中古マンションのリノベーションは、新築物件の購入費よりも安い傾向にあります。

一般的に中古マンションは、新築マンションの購入費用よりも数千万円安く、またフルリノベーションであっても、上限1,000万円程度のため、トータルコストをおさえられます

もちろん、一部分のリノベーションであれば、はるかにリーズナブルな価格で理想の住まいを実現できるでしょう。

また、中古マンションは選択肢が豊富であり、安い物件を選びやすいこともメリットに挙げられます。

 

メリット③:安定した資産価値

中古マンションは、資産価値が安定しやすいメリットもあります。

マンションは築年数の経過によって資産価値を落としていきますが、築20〜25年になると下げ止まりがあり、築30年以上になると、資産価値が上がる傾向にあります。

そのため、築浅の物件よりも資産価値を保ちやすく、付加価値のつくリノベーションによって、資産価値を高く保てる可能性があります。

 

中古マンションのリノベーションを後悔しないコツ5選

設計図や素材を確認する人

中古マンションのリノベーションを成功させるためは、いくつかのコツが必要です。

 

  • 管理規約を事前に確認しておく
  • 築30年・築40年など築20年以上の物件を選ぶ
  • 耐震基準を理解しておく
  • リノベーションにかかる費用を把握する
  • リノベーションの流れや期間を知っておく
  • リノベーションに関するセミナーや相談に参加する

 

自分好みの住まいを作りたい人は、ぜひ参考にしてください。

コツ①:管理規約を事前に確認しておく

リノベーションをおこなう前に、管理規約を必ず確認しておきましょう。

リノベーションは、事前に管理組合へ申請し、管理規約に違反していないかチェックされることが一般的です。管理規約次第では、リノベーションできない可能性もあるため、希望通りの改修工事をおこなえません。

たとえば窓やベランダは、共用部分に該当し管理規約で「改修工事不可」と定められ、原則リフォームすることはできないでしょう。

 

コツ②:築30年・築40年など築20年以上の物件を選ぶ

築20年以上の中古マンションを選ぶこともおすすめです。前章で解説したとおり、築20年程度で資産価値の下げ止まりがあり、その後上がっていく傾向にあるため、資産価値が安定しやすいです

また、以下のような特徴のあるマンションは資産が落ちにくいため、購入前に確認しておくと良いでしょう。

  • 人気エリアにあるなど立地が良い
  • 需要の高い間取り
  • 南向きで日当たりが良い
  • 高層階で眺めが良い

 

コツ③:耐震基準を理解しておく

物件の耐震性を定める「耐震基準」について理解しておくことも、中古マンションのリノベーションで後悔しないポイントです。

耐震基準には、以下の2つのパターンがあります。

  • 旧耐震基準:1981年5月以前の建物、震度5強程度の揺れに対応
  • 新耐震基準:1981年6月以降の建物、震度6以上の揺れにも対応

新耐震基準であれば耐震性に優れているため、安心してマンションを購入できます。

ただし、旧耐震基準でも補強工事している場合は、コストを抑えられ安心感もありますマンションを購入する前に、耐震基準の種類と補強対応の有無を確認しておくと良いでしょう。

 

コツ④:リノベーションにかかる費用を把握する

リノベーションにどれぐらい費用がかかるのかも、事前に把握しておきましょう。費用相場を知っておくことで、予算を決めやすくなるためです。

リノベーションにかかる費用相場は、1平方メートルあたり10〜15万円程度です。100平方メートルの広さだった場合は、1,000万円前後の費用が必要になる計算となります。ただし、地域や業者、劣化具合などの条件によって、リノベーションにかかる費用は大きく変わります。

リノベーションの内容にこだわりたい場合は、予算に余裕を持たせておきましょう

 

コツ⑤:リノベーションの流れや期間を知っておく

リノベーションは大規模な工事になり、リノベーション後すぐに住めるわけではないので、流れや期間についても理解しておきましょう。

一般的な中古マンションのリノベーションの流れは、以下のとおりです。

  1. 物件探し
  2. 物件購入
  3. ローンの事前審査
  4. ローンの借り入れ
  5. プラン作成
  6. 見積金額を確認
  7. 解体工事開始
  8. リノベーション工事開始
  9. 中間確認
  10. 最終確認
  11. 引き渡し

物件探しに使う時間やリノベーション工事の内容によって期間は前後しますが、3~6ヶ月程度かかることが一般的です予算だけではなく、スケジュールも事前に確認しておくことが大切です。

 

コツ⑥:リノベーションに関するセミナーや相談に参加する

リノベーション業者が開催している、セミナーや相談会に参加することで、失敗するリスクを避けられます。

初心者の場合は、「何から始めれば良いのかわからない」「どんな中古マンションを買ったら良いのかわからない」といった疑問を持ち、なかなか行動に移せないケースが少なくありません。

セミナーや相談会に参加すれば、リノベーションに関する以下のようなことを教えてもらえます。

  • 基礎知識
  • リフォームとの違い
  • マンションの耐震性
  • 資産価値
  • 費用相場
  • 施工事例 など

リフォーム業者によっては、無料で相談を受け付けています何から始めれば良いのかわからず困っている人は、セミナーや相談会に参加しましょう。

▶︎リフォームに関する無料相談はこちら

 

中古マンションのリノベーションで後悔しないポイントを知ろう

中古マンションのリノベーションでは、工事できない部分が多かったり、費用が高額になってしまったりして、後悔するケースが少なくありません。

ただし、リノベーションを成功させるコツを事前に把握しておけば、失敗するリスクを減らせます。

初心者におすすめなのは、セミナーや相談会に参加することです。リノベーションのプロから基礎知識や予算、施工事例などを教えてもらえるため、リノベーションに関する疑問を解決できます。中古マンションをリノベーションして、快適な住まいを作りませんか。

 

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■物件購入セミナー

不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説します!ご希望があれば、セミナー後に個別でのご相談も可能です。

こんな方におすすめ:
・初めて物件購入する方
・基礎から身に付けたい方
・理想の住まいを見つけたい方

▶︎【無料】物件購入セミナーの参加申込はこちら


■個別相談

不動産の購入や売却、リノベーションに関することなどを個別でご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・住み替えを検討中の方
・理想の物件・間取りが見つからない方
・リノベーションに興味がある方

▶︎【参加費無料】個別相談の申込はこちら


■チャットで気軽に相談
wednesdayに会員登録いただくと、コンシェルジュにいつでも気軽にチャットでご相談いただけます。会員登録はもちろん無料です。

▶︎【無料】会員登録はこちら

 

 

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。