logo
HOME ノウハウ マンション購入 住環境・暮らし マンションの6階の住み心地は?メリット・デメリットをご紹介

マンションの6階の住み心地は?メリット・デメリットをご紹介

2022.08.17
2022.12.16
高層マンションの外観

高層マンションの中層階、もしくは低層階にあたる6階。高層階や1、2階についてのメリットやデメリットは知っているけれども、6階前後の階層についてはよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

この記事では、マンション6階の住み心地について詳しくお伝えしていきます。ぜひ階層選びの参考にしてみてください。

cta-image-1  

マンションの6階は地上から約18mの高さ

マンションが建ち並んでいる画像

マンションの6階の高さは地上から約18メートルとなります。マンションの6階は、10階ほどの高層マンションでは中層階、30階以上のタワーマンションでは低層階に位置します。

一般的にマンション6階は、高層階ほどの高さはないものの、低層階としても低すぎず、バランスのいい階層だといわれています。

 

マンション6階の特徴は?

エレベーターで6階のボタンを押す指の画像

マンションの6階の特徴は、高すぎず低すぎない、ちょうどいい高さにあります。

日当たりや眺望も期待でき、プライバシー性も保たれる高さでありながら、いざというときは階段も使えるというバランスの良さこそが、マンション6階の特徴です。

 

マンション6階のメリット

メリットに傾く天秤の画像

マンション6階の代表的なメリットは以下の4点です。

 

  • 低層階に比べ日当たりや眺望が期待できる
  • 低層階に比べ防犯面のリスクが低い
  • 高層階に比べ価格が低いことが多い
  • 虫が出る確率が低い

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

低層階に比べ日当たりや眺望が期待できる

マンションの6階は、高層マンションの中では中層または低層に位置づけられますが、地上から約18メートルある6階は、戸建て住宅や低層の建物よりも高い位置にあるため他の建物に日当たりや眺望を遮られるということはあまりありません

周辺の建物によるところも大きいですが、低層階に比べ日当たりも眺望も期待でき、快適に暮らしやすいということは、マンションの6階のメリットといえます。

 

低層階に比べ防犯面のリスクが低い

マンションの6階は、低層階に比べ窓やベランダから侵入されるリスクが低くなります。また、外から部屋の中を覗かれる心配もなく、空き巣に狙われる危険も少ないので、防犯面では安心感があります。

ただし、防犯に関しては「何階以上だから絶対に大丈夫」ということはありません。外出時や夜間の戸締まりは気を抜かないようにしましょう。

 

高層階に比べ価格が低いことが多い

高層マンションは、基本的に上階に行けば行くほど物件価格は高くなり地域やマンションによりますが、低層階と高層階では坪単価が1.5倍から2倍ほどの差があるといわれています。そのため、高層階に比べると6階は価格が低く設定されていることがほとんどです。

6階ほどの高さがあれば外の騒音に悩まされることも少なく、日当たりや眺望も期待できます。また、防犯面や虫が入り込む心配も少ないため、高層階にこだわりがない人にとっては、価格が抑えられることは大きなメリットといえるでしょう。

 

虫が出る確率が低い

6階の高さであれば、虫が部屋に入り込む確率が低くなります

ゴキブリは5階以上まで自力で入ることはほぼなく、蚊も飛んで家に入り込むのは3階くらいまでといわれています。人が出入りする際に服などにくっついて入ることはあり得ますが、自力で虫が部屋に入り込む確率は非常に低いので、虫が苦手な人にとってはメリットといえるでしょう。

 

マンション6階のデメリット

デメリットに傾く天秤の画像

マンション6階の代表的なデメリットは以下の3点です。

 

  • 周辺の建物によっては眺望が悪くなる
  • 生活音が気になる場合がある
  • 地震の影響を受けやすい(揺れやすい)



それぞれ詳しくみていきましょう。

 

①周辺の建物によっては眺望が悪くなる

マンションの6階は一般的には十分な高さがあり、ある程度の眺望が期待できますが、周辺に高層の建物が密集している場合は、他の建物に遮られ、眺めが良くないという場合もあります

また、現在は良かったとしても、商業地域である場合は今後周囲に高い建物が建設され、眺望も日当たりも悪くなるということも考えられます。

購入を希望しているマンションが商業地域に建っている場合は、近くに空き地がないことや、周辺の建築計画を確認しておくと良いでしょう。なお、建築計画の概要は、市区町村の窓口で閲覧することができます。

 

②生活音が気になる場合がある

マンションの6階は、1階や2階と比べると外からの騒音に悩まされることは少ないですが、外からの音が聞こえない分、両隣や上階の生活音について気になってしまう場合もあります

マンションで生活する以上、どの階に住んでいたとしても生活音が聞こえてくることは起こり得ることですが、静かな環境にこだわりたいのであれば、内見時に壁を叩いて音の響き方を確認したり、上階の人がいるタイミングで訪れ、どの程度足音などが聞こえるかを実際に聞いてみるなど、あらかじめ生活音の大きさをチェックしてみることをおすすめします。

 

③地震の影響を受けやすい(揺れやすい)

マンションで地震が発生した場合は、一般的に低層階よりも高層階の方が揺れ幅が大きくなるといわれています。しかし、6階は高層階ではないから揺れないというわけではありません。6階の高さでも、1階や2階や戸建ての住宅と比べると揺れは大きくなります。

6階に住むのであれば、地震が起こったときの揺れに備えて、家具を固定しておくなど対策をとりましょう。

 

マンションの6階はこんな人におすすめ

人差し指を上に向けて指す女性の画像

高すぎず低すぎないマンションの6階は、ある程度の眺望や日当たり、プライバシー性は必要だけれども、価格も重視したいという人におすすめです。また、階段が使える高さでもあるので、もしものときも安心です。

高層階にこだわりがなく、防犯面や騒音が気になるので1階や2階は避けたいという人には、6階はちょうどいい階層といえるでしょう。

 

マンションの6階で快適に暮らそう

マンションの6階は、高層階ほどの開けた眺望は期待できませんが、日当たりも良く、防犯面でも安心感を得られる非常にバランスの良い階層です。もちろん、高層階、低層階にもそれぞれメリットはありますが、もしも、大きなこだわりがない場合は、価格帯も抑えられ、高層階・低層階のいいところを兼ね備えている6階は魅力的な階層です。マンションの階層にお悩みの方は、ぜひ6階前後の階層も選択肢に入れてみてください。




■中古マンション購入を検討中の方におすすめセミナー

cta-image-2  

不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説します!

「中古マンションを購入してリノベーションしたい」「リノベーション済の中古マンションを購入したい」方や、「住宅ローンやお金のことがよくわからない」方におすすめのセミナーです。

参加費無料で、参加方法はオンライン・来社どちらでも可能です。

中古マンションの選び方のポイントや、あなたにぴったりの暮らしを叶える物件選び・探しまでサポートしますので、まずはご参加ください。
▶︎物件購入セミナーの参加申込はこちら

物件探しで具体的なお悩み・相談内容がある方は個別相談にお申し込みください。
▶︎個別相談の参加申込はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。