logo
HOME ノウハウ マンション購入 住環境・暮らし ネット無料のマンションは良いことばかりではない?注意点を紹介

ネット無料のマンションは良いことばかりではない?注意点を紹介

2022.01.27
2022.11.01
インターネットを利用するマンションの居住者

インターネットが無料で使えるマンションと聞くと、とても魅力的に感じますよね。ですが、それだけで新しい住まいを決めてしまうと後悔することになるかもしれません。本当に得になるのか、不満なくネットが使えそうか、自分にとって良い条件なのかどうかをしっかり確認する必要があります。

 

▼この記事のポイント

<インターネット無料マンションの注意点>

・通信速度が遅いことがある

・セキュリティが心配

・管理費や共益費が高く設定されている可能性がある

ほか

 

注意点を詳しく解説しながら、あわせて対策もご紹介します。マンションのネット環境が自分のライフスタイルに合うかどうかを考えながらチェックしてみてくださいね。

cta-image-6  

無料インターネット付きマンションとは?

「スマートフォンとPCを使う女性」

 

「インターネット無料」と記載のあるマンションでは、契約料や使用料が発生しないまま入居後すぐにインターネットが使えます。建物内にルーターが設置されていることが多く、入居者は引っ越し時に教えてもらえる「ネットワーク名」と「暗号キー」を端末に入力するだけでOKです。

 

なぜ無料で使えるの?仕組みは?

 

インターネットの月額料金は、3,000~5,000円ほどかかります。それが無料で使えるのは、大家さんが入居者を集うために負担しているからです。

一方で、インターネット利用料が管理費や共益費に含まれているケースもあります。その場合、相場と比べて1,000~3,000円ほど高く設定されていることが多いでしょう。個人で契約する場合と比べると、安く済むことがわかりますよね。

 

無料ネット付きマンションの注意点と対策を5つご紹介

「夜にPCを使う女性」

 

インターネットが無料で使えるのはうれしいポイントではありますが、実はいくつかの注意点があります。

 

・通信速度が遅いことがある

・自分でプロバイダーを選ぶことができない

・セキュリティ面が心配

・管理費や共益費が高く設定されていることもある

・ネット利用者が増えればつながりにくくなる可能性がある

 

それぞれの注意点を解説するとともに、自分でできる対策についてもお伝えします。

 

①通信速度が遅いことがある

 

インターネットが無料で使えるマンションの場合、回線を入居者が共有する形になります。ネットを使う人が多い夜間や土日は回線が混み合い、通信速度が遅くなることが多いです。
動画やオンライン通話が止まってしまったりオンラインゲームができなかったりするため、自宅で仕事をする人やオンラインゲームが好きな人は不満を感じるかもしれません。

契約前に不動産会社や大家さんに回線の最大速度を聞いておくことをおすすめします。WebサイトやSNSを閲覧するだけなら10Mbps、動画を視聴するなら25Mbps、オンラインゲームをするなら100Mbpsあると快適に使えるはずです。

また、世帯数が多ければ多いほど混み合う傾向にあるため、世帯数の少ないマンションを選ぶとよいでしょう。

 

②自分でプロバイダーを選ぶことはできない

 

ネット無料マンションでは、プロバイダーを選ぶのは管理会社や大家さんです。入居者が選ぶことはできません。
自分で別の回線を契約したくても、工事の許可が下りないケースもあります。工事のいらない回線を契約することは可能ですが、その分家賃や管理費が安くなることはありません。

契約を決める前に、現在使っている回線を解約できるかどうか確認しておくことをおすすめします。

 

③セキュリティ面に不安がある

 

マンションによって、契約している回線はさまざまです。入居者全員が快適にインターネットを使えるかどうかではなく、単純に一番安い回線を選んでいることもあります。回線によってはセキュリティ面に不安があるものもあり、他の入居者にPCの情報が見られてしまったという事例もあるのです。

セキュリティソフトを入れる、同じパスワードを使い回さないなど、自分で対策をしましょう。

 

④管理費や共益費が高く設定されていることも

 

マンションによっては、インターネットの利用料を管理費や共益費に含まれていることがあります。まずは、不動産会社や大家さんに問い合わせてみてください。

そのうえで、自分で相場より家賃が高くないかどうか確認することも大切です。1,000~3,000円ほど高く設定されているだけならおすすめできますが、それ以上高い場合は他のマンションも検討してみましょう。

 

⑤ネット利用者が増えてつながりにくくなることも

 

世帯数が多ければ多いほど回線が混み合うとお伝えしましたが、マンションの入居者は入れ替わるものです。世帯数が変わらなくても端末を使う家族が増えたりテレワークをする入居者が増えたりすることで、のちのちつながりにくくなることもあります。

あとからつながりにくくなりインターネットが使いにくくなったときは、自分で回線を用意しましょう。

 

自分で回線を用意するときの注意点は?

「マンションのインターネット回線」

 

マンションで共有している回線では快適にインターネットを利用できなくなったら、自分で別の回線を契約するしかありません。

 

・光回線の場合

・据え置き型Wi-Fiの場合

・ポケットWi-Fiの場合

 

それぞれのメリットや注意点をお伝えします。

 

光回線の場合

 

光回線は通信速度が速いのがメリットですが、開通工事が必要になるのがデメリットです。賃貸マンションなら、大家さんがOKしない限りは勝手に壁に穴を開けるなどの工事をしてはいけません。事前に必ず許可を取りましょう。工事の許可が下りないケースも多いため、注意が必要です。

光回線の場合は、申し込んでから実際に使えるようになるまで時間がかかることもあります。それまではマンションの回線で我慢するか、ポケットWi-Fiをレンタルして待ちましょう。

 

据え置き型Wi-Fiの場合

 

据え置き型Wi-Fiはホームルーターとも呼ばれ、自宅のコンセントにつなぐだけでインターネットが使えるようになります。工事の必要がなく、光回線よりも料金が安いことが多いのがメリットです。

ポケット型よりも速度が安定していること、データ容量の制限がないのも魅力的。自宅で仕事をする人におすすめです。

ただし、設置する場所によっては電波が入りにくいことがあります。自宅での電波状況を確認するためにも、お試しプランのある業者を選ぶとよいでしょう。

 

ポケットWi-Fiの場合

 

コンパクトサイズで持ち運びができるポケットWi-Fiは、自宅でも外出先でも使えるのがメリット。ただし、提供エリアが狭いこと、屋内の電波が入りにくいことがあるのがデメリットです。

通信速度や電波の安定性も他より劣るため、自宅で動画を観たりオンラインゲームをしたりする人には向いていません。外出先でもWi-Fiを使いたい人以外におすすめです。

 

無料ネット付きマンションに向いてない人の特徴

「自宅で仕事をしている人」

夜間や土日に回線が混雑しても、Webサイトを閲覧したりSNSを楽しんだりする分にはさほど影響はないでしょう。ここからは、ネット無料のマンションでは満足できなさそうな人、不便を感じそうな人についてお伝えします。

・ネット回線に疎い人
・自宅のネットを使って仕事をする人
・既に光回線を契約中で支払い途中の人

上記に当てはまる方にネット無料マンションをおすすめできない理由を詳しく解説します。

 

①ネット回線に疎い人

 

ネット回線に疎い人は、契約や工事の必要がないと聞けばネット無料のマンションは魅力的に感じられるでしょう。ですが、気を付けたいのがセキュリティ面です。安全な回線ではなかった場合、他の入居者に情報が洩れていることに気づかないまま過ごすことになります

マンションを契約する前に、回線に詳しい人に相談できるとよいですね。

 

②自宅のネットを使って仕事をする人

 

在宅ワークやテレワークをしている人には、マンションで共有している回線を使って仕事をするのはおすすめできません。オンライン会議中や取引先との商談中に映像や音声が途切れてしまうと、仕事に差し支えます。

自宅で仕事をする人は、速度や安定性を重視して回線を選びましょう。

 

③既に光回線を契約中で支払い途中の人

 

光回線を契約している場合、契約期間内に解約をすると「違約金」がかかってしまいます。プロバイダーにもよりますが、10,000円前後かかってしまうため、必ず契約内容と期間を確認しましょう。

特に自動更新プランに加入している場合は注意が必要です。規定の期間内に手続きをしなければ、自動で更新されてしまいます。

 

大家さんに回線・プロバイダの会社名とプラン名を具体的に聞いておこう

「PCのそばにあるマンションの鍵」

 

回線やプロバイダーの詳しい内容は、不動産情報に記載されていません。契約を検討するなら、不動産会社や大家さんに問い合わせてみましょう。そのうえで速度やセキュリティを調べ、快適にインターネットが使えるかどうか確認してくださいね。

特に自宅で仕事をする人や高画質で動画を楽しみたい人、オンラインゲームをプレイする人はよく確認したうえでマンションを選ぶことが大切です。

 

ネット無料マンションの罠に気をつけよう

インターネットが無料で使えるマンションは増えています。ですが、よく確認しないと通信速度が遅かったりセキュリティが甘かったりすることも。結局は自分で別の回線を契約することになりかねないため、速度やセキュリティは事前にしっかりチェックしておきましょう。

マンションを探すときは、「ネット無料」に惑わされず、家賃や立地、間取りなど他のポイントも考慮することを忘れずに。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■個別相談

  cta-image-6   

不動産の購入や売却、リノベーションに関することなどを個別でご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・住み替えを検討中の方
・理想の物件・間取りが見つからない方
・リノベーションに興味がある方
▶︎【参加費無料】個別相談の申込はこちら

■チャットで気軽に相談
wednesdayに会員登録いただくと、コンシェルジュにいつでも気軽にチャットでご相談いただけます。会員登録はもちろん無料です。
▶︎【無料】会員登録はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。