logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 居住中でも中古マンションをスムーズに売却する注意点とコツ2選

居住中でも中古マンションをスムーズに売却する注意点とコツ2選

2022.09.26
2022.11.29

マンションを売りたいとき、居住中でも売れるのか心配な方も多いでしょう。いっそ空室にしてから販売活動をした方が、早く売れるかと考えることもあると思います。

この記事では、居住中の中古マンションをスムーズに売却するメリットと注意点、コツを順番に紹介します。

居住中に売却を成功させるにはどうすればよいかを確認してみましょう。

  cta-image-3  

 

居住中でも売却できるもの?

ボードにぶら下がっている家の鍵の画像

マンションを住み替えなどで売却するときは、仮住まいをどうするかが問題です。結論から言えば、マンションに居住しながらの売却は可能です。

そのため、ほとんどの人は住みながら売却していると思ってよいでしょう。マンションを買ってくれた人へ引き渡す日までに引っ越せば、問題もありません。

では、居住中に売却するとして、そのメリットはどこにあるのでしょうか。

 

居住中に売却するメリット

居住中の家に招いてくれる女性

居住中に売却するメリットはどのようなものがあるでしょうか。

まずは前述のとおり、コスト面です。そしてスムーズに売却するため、購入希望者とやり取りできることがメリットといえるでしょう。

 

  • 資金管理と仮住まいのコスト削減がしやすい
  • 購入希望者の内覧時の反応が確認できる
  • リアルな生活をイメージしてもらいやすい
  • 住んでいるからこそわかる魅力を購入希望者に伝えられる

 

以上の点をまとめています。居住中の売却メリットをそれぞれ確認していきましょう。

資金管理と仮住まいのコスト削減がしやすい

居住している物件を売ったあとに新しい物件に引っ越すため、家のローンが二重にならず、資金管理がスムーズです。マンションの売却価格によっては、その分の代金で新居購入の頭金にもできるでしょう。

仮住まいにかかる家賃や敷金礼金と引っ越し費用などをわざわざ工面する必要もありません。コスト削減のメリットがあります。

 

購入希望者の内覧時の反応が確認できる

購入希望者が内覧に来たとき、その希望者の反応が直に確認できる点もメリットといえるでしょう。

購入希望者にとっては、売主の家族の雰囲気、人柄などを確認しやすいメリットもありますし、気になった点をその場で直接確認しやすいでしょう。

売主側からすれば、購入希望者が気になった箇所をすぐに改善することができます。キズや汚れ、痛みのような売却するのにデメリットな部分に気づきやすくなり、すぐに対応できるのもメリットといえるでしょう。

 

リアルな生活をイメージしてもらいやすい

実際に住んでいる家を内覧で見てもらうため、リアルな生活をイメージしてもらいやすいメリットもあります。

玄関、間取りや水回り、ベランダ、家具やインテリアなど、実際に住む場合のシミュレーションができるため、購入がより現実的になります。

そこに住んでいる人が実際にいるという生活感から、家具のサイズや照明の当たり具合、洗濯物の干しやすさなど、視覚的に確認しやすい部分が多いのもメリットだといえるでしょう。

 

住んでいるからこそわかる魅力を購入希望者に伝えられる

最後は、住んでいるからこそわかる魅力を伝えられるメリットです。

内覧時は購入希望者と立ち会うことになりますから、実際に見てもらったあと、質問を受けることになるでしょう。

そのとき、住んでいるからこそわかる魅力を伝えることで、購入希望者の方に購入意欲を沸き立たせることもできるはずです。

質問があった際は、メリットだけでなくデメリットも少しはさみ、そのデメリットの対応策を話しておくと、購入希望者の方も納得しやすいでしょう。

 

居住中の売却時の注意点は?

指で注意を表している人

次は居住中に売却する際の注意点を紹介します。

せっかく内覧で購入希望者が来てくれても準備ができていなければ、魅力をつたえきれないかもしれません。

 

  • 内覧は購入希望者側のスケジュールに合わせる
  • 内覧前の掃除や換気に気をつける
  • 生活感や水回りに気をつける

 

以上の点をまとめています。居住中の売却の注意点をそれぞれ確認していきましょう。

内覧は購入希望者側のスケジュールに合わせる

内覧は基本的に購入希望者側のスケジュールに合わせることになります。

購入希望者からマンション室内を内覧したいという申し出があったのに、予定があっては見てもらえません。条件が被る他の物件を見に行かれてしまうでしょう。

マンション売却をはじめたタイミングで、個人的なスケジュールはなるべくあけておきたいところです。

 

内覧前の掃除や換気に気をつける

次に、内覧前に掃除や換気をしっかりとおこないましょう。

内覧時にはその家の雰囲気とともに掃除が行き届いているか、生活臭がしないかなどは気にしておきましょう。購入希望者がマイナスなイメージを抱いてしまっては、契約まで話が進みません。

特に、タバコやペットなどのニオイは苦手な人もいるでしょう。窓を開けて換気扇を回し、芳香剤などを使用して対策しておきたいところです。

事前に内覧にくる日時は伝えられますが、急に予定が入ることもあるでしょう。そのため、常日頃から部屋をキレイにしておくことがおすすめです。

また、仕事が忙しく掃除や換気をこまめにできない場合は、ホームクリーニングの利用も検討してみましょう。室内の片付けと水回りクリーニングなどに活用できます。

 

生活感や水回りに気をつける

生活感や水回りも欠かせないポイントです。

特に水回りは内覧時、購入希望者に必ずチェックされるといってもよい箇所ですので、注意してチェックしておきましょう。

洗面所、トイレ、お風呂場などの箇所に、カビや水垢、鏡の汚れなどの生活感が出る部分は、汚れが目立つとかなりのマイナスイメージになってしまいます。

加えて、部屋の片付けも徹底しておきましょう。廊下の物を収納に入れておき、整理された部屋で迎え入れます。

そして、前述のとおり部屋のニオイを消すために換気をするようにしてください。他人からすればその家庭特有のニオイがあります。

物件のイメージを良くするには掃除やニオイ、水回りなど生活感をなるべく和らげることが必要です。

 

cta-image-3  

 

マンションに居住しながら高く売却したいときのコツ2選

提案をしているスーツ姿の男性

居住中におけるマンションの売却メリットや注意点のほかに、高く売るコツもあるので見ていきましょう。

 

  1. 内覧に力を入れる
  2. 自分にあった不動産会社を選ぶ

 

以上の点をまとめています。

良いイメージである方が当然ながら契約につながるでしょうし、生活感が出すぎていればマイナスイメージになってしまうでしょう。

また、購入希望者や契約などをサポートする不動産会社も重要です。自分にあった不動産会社でないと、契約が難しくなってしまうかもしれません。

高く売却したいときの、それぞれのコツを確認していきましょう。

1.内覧に力を入れる

前述のとおり、居住中のマンション売却には内覧があります。売主側が立ち会う内覧は自分でおこなう必要はなく、不動産会社の担当者が取り仕切ってくれます。

そのときのコツとして、内覧時の天候と時刻に注意しましょう。購入希望者は日当たりがどれだけ部屋に入ってくるかを気にします。そのため、天気の良い日に日差しが一番部屋に入る時間帯を内覧時間として指定しましょう。

日当たりの良い室内の方が部屋の印象が良くなる面もあります。不動産会社の担当者にその旨を伝えておき、調整してもらいましょう。

内覧対応としては笑顔で迎え入れることやキレイなスリッパを用意しておくことは必須です。また、快適に過ごしやすいようにエアコンで室温を調整しておくことも忘れずにおこないましょう。

また、住民について、近くのスーパーマーケットの位置と種類など、生活環境についても丁寧に答えると間違いないでしょう。

 

2.自分にあった不動産会社を選ぶ

また、居住中のマンションを高く売却するには、自分と相性のよい不動産会社を選ぶことが不可欠です営業力とやる気のない不動産会社に任せてしまうと、売却までに時間がかかってしまうことが多く、計画通りに売却できないかもしれません。

優秀な不動産会社を選ぶには、インターネットの不動産一括査定サイトなどを利用するのもおすすめです。物件がいくらで売れるかを効率的に調べられます。

また、同じくインターネットで不動産会社のホームページや口コミ、評判なども参考にしてみましょう。

 

マンションに居住しながら家を売却するのが向いている人は

交渉をしている人たち

注意点やコツをおさえておくと売却に有利なのはわかりましたが、それでは居住中に売却するのが向いている人はどのような人でしょうか。

以下のような人が向いているといえるでしょう。

 

  • 仮住まいにかかるコストを減らしたい人
  • 内覧対応が苦じゃない人
  • スケジュールを人に合わせるのが面倒ではない人
  • 日頃から掃除や片付け、部屋をキレイにできている人

 

以上になります。

居住中に売却することで、スムーズな資金管理と仮住まい分のコストが浮きます。そのため、少しでも費用をおさえたい人にとっては向いているといえるでしょう。

また、購入希望者と直接会って部屋の中を見せなければなりません。日頃から掃除や整理整頓などが行き届いており、人を室内に入れることに抵抗がない人も向いているといえます。

さらに、内覧対応ではスケジュールを相手側に合わせることが必要です。自分の予定を相手に合わせることが苦ではない人もまた、向いているといえるでしょう。

 

居住中の売却を成功させるには

家の模型を持つ人

居住中にマンション売却を成功させるには、購入希望者に誠意をもった対応をすることと、良い不動産会社を見つけることです。持ち主にしかわからない、そのマンションの良いところを購入希望者に教えることで、気に入ってくれる可能性が高くなるでしょう。

しかしながら、どうしてもご縁がなく売却できないときは、不動産会社に直接買い取ってもらう方法もあります。

不動産買取は仲介手数料がかからず、現金化しやすい点がメリットです。交渉がまとまればすぐに契約、手続きをしたあと現金化できます。

現金化を急ぐときは即時買取、そうでなければ買取保証を選び、マンションを任せてみましょう。

 

注意点とコツをふまえてスムーズなマンション売却を

いかがでしょうか。中古マンションに居住中でも、売却できることがお分かりいただけたと思います。注意点やコツをふまえてスムーズなマンション売却を目指しましょう。

 

■Wednesdayの簡易査定

  cta-image-3   
不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら


■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

不動産情報メディアの記事管理、編集を行う。 記事は不動産売買から家具やインテリアなど住環境に関する内容まで網羅。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。
風水ではトイレが重要!置いてはいけないものや運気アップの方法とは?
風水ではトイレは、運気を左右する重要な場所です。あなたが普段何気なく置いているものが実は、運気を下げているかもしれません。運気を上げるなら、まずはトイレから風水を取り入れてみませんか?今回は、風水的に置いてはいけないものや、運気アップの方法についてお伝えします。この記事を読めば、トイレの風水対策はバッチリです。
2022/10/11