logo
HOME ノウハウ マンション購入 住環境・暮らし L型キッチンの種類と特徴!おすすめと注意点とリフォーム費用の相場を紹介

L型キッチンの種類と特徴!おすすめと注意点とリフォーム費用の相場を紹介

2022.10.11
2022.10.11
「ホワイトカラーでまとめられた北欧風のキッチン」

家事動線が短く、家事の効率化が期待できるL型キッチン。

L型キッチンにはさまざまな種類があり、特徴が異なります。これからL型キッチンの導入を検討している人は、どのようなメリットがあるのか、またどのような注意点があるか把握しておきましょう。

今回はL型キッチンの種類や特徴、またリフォーム費用の相場などをお伝えします。

  cta-image-6   

キッチンの種類と特徴

「おしゃれなI型対面式キッチン」

キッチンの種類は大きく分けて3つあります。3つのキッチンについて特徴をまとめました。

キッチンの種類1:L型キッチン

名前のとおり、「L」の形をしたキッチンです。調理スペースが角にあり、両端にコンロとシンクがあります。ひとつの区切られたスペースのようになっており、特別感のあるキッチンです。

キッチンの種類2:I型キッチン

I型キッチンは、コンロとシンクが一列に並んでいるタイプのもの。家庭のキッチンによく採用されており、横に長いのが特徴です。

キッチンの種類3:ペニンシュラキッチン

「半島」という意味をもつ「ニンシュラ」型は、キッチンの片側が壁に面してます。対面キッチンなので、料理中もリビングを見渡せるのがメリットです。

 

L型キッチンのレイアウトは2種類

「モダンな壁付けL型キッチン」

L型キッチンには2つのレイアウトがあります。L型キッチンでも、壁付けと対面式では雰囲気が異なるため、イメージを確認しておきましょう。

レイアウト1:壁付け

部屋の角に合わせて、L型のキッチンを配置したものが壁付けのレイアウトです。壁付けのL型キッチンの場合では、ダイニングやリビングのスペースを広くとることができます。

壁に向かって作業するため、対面式よりも閉塞感を感じやすいものの、油はねやニオイが気になりにくいです。

レイアウト2:対面式

L型の一部がダイニングに対面しているレイアウトのものが、対面式のL型キッチン。対面式タイプは開放感があり、奥行きのある空間をつくることができます。

また家族とコミュニケーションをとったり、配置によってはテレビも観れるため、近年人気が高まっているレイアウトです。

 

L型キッチンの3つのメリット

家事動線がよいのがL型キッチンの大きなメリット。L型キッチンの代表的なメリットを3つ紹介します。

メリット1:あまり移動せず料理ができる

L型キッチンはI型に比べてコンロとシンクが近いため、移動距離が短くなります。フライパンで作業したあとに手を洗ったりといった、細かい動作もすぐに行えて便利です。家事動線がスムーズで、作業効率よく料理ができます。

メリット2:作業スペースに奥行きがある

L型の角の部分が作業スペースになるため、I型タイプのキッチンよりも奥行きを広く使えるのがメリットです。

スペースが狭いと、材料を片づけたり、洗ったりしないと、作業ができません。L型キッチンなら奥行き部分に、材料や調理器具を多く置くことができます。

メリット3:収納スペースが多い

L型キッチンでは、角部分の作業台の下の収納や、吊戸棚も奥行きのある収納スペースをつくれます。I型キッチンよりも多くの調理器具や、お皿を収納することが可能です。

 

L型キッチンは後悔するって本当? 3つの理由とは?

「部屋に置かれた!マークのオブジェ」

L型キッチンにして後悔する人の理由を紹介します。

理由1:冷蔵庫や食器棚のスペースが取りにくい

レイアウト上、冷蔵庫や食器棚を置く場所が十分にないケースが多いです。キッチン内にスペースがあるかしっかり確認しておきましょう。

理由2:コンロとシンクが近いと使いにくい

I型キッチンを使っている家庭では、コンロとシンクが横並びになっている状態に慣れています。L型の魅力である“コンロとシンクが近い状態”に慣れない、という人も少なくありません。

理由3:キッチンの中が狭く感じる

キッチンがぐるっとL字型に囲われる形状のため人によっては狭く感じてしまうこともあらかじめ、どれくらいのサイズ感か把握しておくと安心です。

理由4:コーナー部分がデッドスペースになってしまう

コーナ部分は、手を伸ばさないと物が取りにくいため、かえって不便に思う人も。使いこなせず、デッドスペースになる可能性もあります。

 

L型キッチンがおすすめなのはこんな人

「チェックリストが書かれた黒板」

L型キッチンがおすすめなのは、下記のような人です。

十分な広さがある間取りである

L型キッチンはI型に比べてスペースが必要です。キッチンにスペースをとられて、ダイニングスペースに余裕がなくなってしまうこともあります。また、冷蔵庫や食器棚を設置する場所も事前に確認しなければなりません。

間取り的に、キッチン・リビングに広さがある人がL型キッチンに向いています。

デザインに魅力を感じている人

L型はキッチンが大きく見え、その存在感はリビング全体をワンランク上の上質な空間に引き立たせてくれるでしょう。キッチンはリビングの顔ともいえるので、デザインやインテリア性を重視する人にはおすすめです。

 

cta-image-6  

L型キッチンで気を付けること3つ

「明るいL型キッチンの写真」

L型キッチンは、とにかくスペースをしっかり確認・シミュレーションをしていきましょう。特に気を付けるべき点は下記の3つです。

冷蔵庫や食器棚の設置スペースを確保する

L型キッチンは冷蔵庫や食器棚を横並びにして置くスペースがない場合があります。

キッチン内に、冷蔵庫や食器棚を置けるかサイズをはかっておきましょう。

扉が開閉できるかもチェックが必要です。

奥行きをシミュレーションする

L型には角のコーナー部分に、奥行きがあります。この奥行きがかえって使いにくいと感じてしまう可能性があるためどれぐらいの奥行きがあるのか確認しましょう。実際にショールームなどで確認しておくと安心です。

ダイニングテーブルを置く場所を意識する

キッチンが大きすぎると、ダイニングテーブルが置けなくなってしまう可能性があります。キッチンとダイニングのバランスもしっかり確認していきましょう。

 

L型のおすすめキッチン3選

「キッチンの前で微笑む女性」

各メーカーから、さまざまなキッチンが販売されています。その中でも、おすすめのキッチンをまとめました。

おすすめキッチン1: クリナップ「セントロ」

クリナップの最高級シリーズの「セントロ」は、壁付け・対面式レイアウトどちらも選択可能です。ステンレスキャビネットが採用され、熱や湿気に強く、耐久性にも優れています。

参照:

 クリナップ「セントロ」

おすすめキッチン2: タカラスタンダード「レミュー」

使いやすさに定評があるタカラスタンダードの「レミュー」は多層収納。真ん中のキャビネットは5段収納と、収納力が抜群です。オーダーメイドのように、細かい仕様をカスタマイズできるのも◎

参照:

タカラスタンダード「レミュー」

おすすめキッチン3: リクシル 「リシェルSI」

洗練されたデザイン性が高いのがリクシルの「リシェルSI」です。インテリアのように無駄がなく、スタイリッシュ。見た目にこだわるなら「リシェルSI」がおすすめです。

参照:

リクシル 「リシェルSI」

 

L型キッチンへのリフォーム費用の相場

「電卓と見積書が並んだ写真」

L型キッチンへのリフォームの費用相場は約60万円〜130万円です。I型キッチンへのリフォームの費用相場は約50万円〜120万円なので、L型キッチンへのリフォームはI型キッチンに比べて、やや高くなります。

どうしてL型キッチンの相場が高くなるのかというと、キッチンの面積が広く、資材が多く使われるからです。またキッチンが真っ直ぐなI型に比べて、L型は曲がっており、形状が複雑ですよね。

予算が合うのか、メリットがあるのか、しっかり確認していきましょう。

 

L型にするなら間取りとサイズをしっかり確認!

L型キッチンは、サイズが大きく、レイアウト的に食器棚や冷蔵庫などが置きにくいです。もしL型キッチンにしようと思ったのであれば、まずはイズが合うのかを確認しましょう。

またL型キッチンは存在感が大きいため、リビングの広さとキッチンのバランスも考慮しなければなりません特に対面式の場合は、スペースがしっかりあるか、ダイニングテーブルが置けるかどうかシミュレーションもしていきましょう。

ショールームで実際に大きさなどを確認することができるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■個別相談

  cta-image-6   

不動産の購入や売却、リノベーションに関することなどを個別でご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・住み替えを検討中の方
・理想の物件・間取りが見つからない方
・リノベーションに興味がある方
▶︎【参加費無料】個別相談の申込はこちら

■チャットで気軽に相談
wednesdayに会員登録いただくと、コンシェルジュにいつでも気軽にチャットでご相談いただけます。会員登録はもちろん無料です。
▶︎【無料】会員登録はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。