logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 マンションが売れない理由は?スムーズな売却のためにできる対策を解説!

マンションが売れない理由は?スムーズな売却のためにできる対策を解説!

2022.10.14
2023.02.20
「マンションを背景にカギをかざし売却をイメージ」
admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
大学卒業後、大手不動産仲介会社に入社、15年間で1,300組のお客様のお手伝いをした実績あり。 プロとして、お客様のニ ...続きを読む

マンションを売りに出したが、売却できないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?マンションの売却ができないと、新たに購入する住宅の資金計画もできないこともありますよね。マンションの売却は、売れない理由をしっかり掴めば解決できる場合もあります。

この記事では、マンションを売却できない理由と対策について解説します。

 

cta-image-3  

 

マンションを売却できない6つの理由と対策

「マンションの画像」

マンションを上手に売却するためには、売れない理由をきちんと把握し、対策を打つ必要があります。

 

【理由①】売り出し価格が高い

売り出し価格を相場より高い値段に設定した場合は、一般的に売却は難しくなるでしょう。誰でもできるだけ高く売却したいと考えるのは当然ですが、買主は相場を見てマンションの売り出し価格が適正かどうか判断します。

そのため市場価格よりかけ離れて高い売り出し価格がついている場合は、よほどのメリットがない限り購入希望者があらわれることはないでしょう。

 

■対策:相場に合った価格に設定する

売り出し価格が、相場より高い場合には価格を見直す必要があります。近隣のマンションの売却価格を調査し、相場に合った価格に再設定しなければなりません。

しかし売り出し価格を見直す場合には、やみくもに下げるのではなく慎重に行い損失が出ないようにしましょう。

 

【理由②】築年数が古いマンションである

建築してから年数が経つ老朽化したマンションは、外観や内装が汚れていて売却しにくいでしょう。建物自体だけでなく、設備も古くなっていると使い勝手も悪く、よほど安い価格でなければ魅力を感じません。

また、築年数の古いマンションは、新築物件と比べ担保価値が低いため、多額の住宅ローンを借りられないことも選択肢から外される原因になっています。

 

■対策:リフォームを検討する

築年数が古いマンションの場合、部分的なリフォームを検討してみましょう。キッチンやトイレ・浴室などの設備が老朽化していると、それだけで購入希望者の意欲は萎えてしまいます。かといって全面的なリフォームやリノベーションをすると、多額の費用が掛かってしまいます。掛かった費用をそのまま売却価格に上乗せできれば問題はありませんが、一般的には不可能なためおすすめできません。

したがって設備が古い場合は、現代の生活にマッチするよう最低限のリフォームをすることは検討に値するといえるでしょう。

 

【理由③】需要の低いエリアに建っている

駅から遠く、交通の便が悪いなど、人気のないエリアにあるマンションは売りにくい原因の一つです。マンションの購入で重視されるのは立地であり、駅から近く交通の便の良いエリアは資産価値も落ちにくいです。

しかし利便性が悪いとそれだけで購入の候補から除外される場合も多いため、需要の低いエリアのマンションは、売りにくいといえるでしょう。

 

■対策:物件の良い点をアピールする

需要の低いエリアの物件でも、何かアピールすべき点があるはずです。たとえば治安が良い・最近リフォームした・自然環境が子育てに向いている等々。魅力的な情報があれば物件情報に付け加えるようにしましょう。

またマンションの写真が良く撮れていない場合には、再度不動産会社に魅力的な物件に見えるよう撮影を依頼するのも必要なことです

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

【理由④】不動産会社の活動が不十分

不動産会社が十分な販売活動をしていないと、マンションの売却は順調には行きません不動産会社は売りやすく利益の上げやすい物件から、販売活動を行いがちです。そのため優先順位が低いマンションは、売れ残ることも多くなります。

また不動産会社が、売り手と買い手双方から仲介手数料を得ようと「囲い込み」を行うこともあります。囲い込みを行うと、ほかの不動産会社から購入の打診があっても、断ることもあるので気をつけねばなりません。

 

■対策:媒介契約の見直しを行う

一般媒介契約の場合は、複数の不動産会社と契約を結べるメリットがある反面、積極的に販売活動がされない恐れがあります。媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があります。

一方専任媒介契約・専属専任媒介契約は1社だけの契約のため、積極的に売却活動をしてくれる可能性があります。それぞれの媒介契約のメリット・デメリットを考え、どちらにしたら良いか見直してみましょう。

 

【各媒介契約の特徴】

 

一般媒介契約

専任媒介契約

専属専任媒介契約

複数社への依頼

可能

1社だけ

1社だけ

自己発見取引

自分で顧客を探せる

できない

できない

契約有効期間

自由に決められる

3カ月以内

3カ月以内

レインズ(※)への登録

自由

契約締結日から7日以内に登録

契約締結日から5日以内に登録

売主への業務報告

任意

2週間に1回以上

1週間に1回以上


なお専任媒介契約・専属専任媒介契約をした場合、囲い込みを行わないように不動産会社にきちんと確認することも必要です。

※レインズ:
国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステムで、不動産情報をインターネットに掲載しているもの。他の不動産会社も閲覧可。

 

【理由⑤】内覧の対応が良くない

内覧時にマンション所有者の対応が悪いと、内覧者は不信感を持ち敬遠することになるでしょう。たとえば、挨拶を行わない、質問に対して答えてくれないといった場合、購入希望者はよい印象を持つはずがありません。

また、部屋の整理整頓ができておらず清掃も行き届いていないと、購入希望者は悪印象を持ち購入をやめることになるでしょう。

 

■対策:内覧時の対応をしっかりと行う

内覧の際には、誠心誠意対応し失礼のないようにするのは当たり前のことです。購入につなげるにはそれだけでは不十分で、売主だからこそ知っている良い点を伝えるようにしましょう。たとえば周辺にはどんな便利施設があるか、バス便は何本程度あるか、設備の便利な点などをきちんと説明すれば、好印象を持たれ契約に至ることもあります。

 

admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
ハウスクリーニングを利用するのもおすすめです
部屋の整理整頓や掃除するのは非常に重要です。
きれいな部屋にすることで、買主が受ける印象は良くなるでしょう。忙しくて自分で整理整頓・清掃ができない場合には、ハウスクリーニングも検討してみてくださいね。
>>プロフィールはこちら

 

【理由⑥】同じマンション内に売り出し中物件がある

同じマンション内に売り出し中の物件がある場合には、売却は難しくなります。特に同じような間取りの場合には、購入希望者はどちらが良いか比較されてしまいます。

値下げで対応していくと、損をする可能性が高くなります。

 

■対策:タイミングをずらして売却する

同じマンションに売り出し中の部屋がある場合には、売却を急がないようにしましょう。

売却を急ぐと過当競争に陥る恐れがあります。その場合タイミングをずらして、売却するのも一つの方法です。

 

対策しても売れない場合は?

「不動産売買について相談」

さまざまな手を尽くしてもマンションを売却できない場合には、違う方法を考えなければなりません。その場合、一般的には高値で売却するのは難しくなります。

 

マンションの価格を下げる

どうしてもマンションが売却できないときには、売り出し価格を下げるのも一つの方法です。しかし大幅に価格を下げると利益が少なくなり、住宅ローンが残っていた場合には完済できない恐れがあります。そのため自己資金を拠出せざるを得なくなり、新たな住宅ローンの借入に支障が出るかもしれません。

しかし売れないままに放置しておくと、固定資産税などの維持費がかかるため、損して得を取った方がよいケースもあります。

 

不動産会社に買取してもらう

早く売却したい場合には、不動産会社に「買取」を依頼する方法があります。しかし買取は相場の70%~90%程度の価格になってしまうため、十分な利益を得られないこともあるでしょう。

しかし買取は、仲介手数料が不要なこと、契約不適合責任がないなどのメリットもあります。そのため築年数の古い物件を売却するときや、売却を近隣の人に知られたくないケース、相続人が何人もいるような場合などでは買取を検討する価値があるといえるでしょう。

 

※契約不適合責任:
引き渡された不動産が契約の内容に適合しない場合、売主が買主に対して負う法的責任のこと。買主は損害賠償請求や契約の解除・代金減額請求などの救済手段が認められています。

 

admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
ローン返済が困難な場合は任意売却を検討しましょう
住宅ローンの返済が難しくなったら、任意売却を検討したほうが良いでしょう。ローンの返済が不能に陥り競売に掛けられると、安い価格で売却されるだけでなく住んでいる住宅を明け渡せねばなりません。
しかし、任意売却は相場に近い価格で売却できて近所の人に知られることもないので、有利な売却方法といえるでしょう。
ただし、任意売却するためには金融機関との合意が必要です。そのうえ、売却価格は金融機関が決めるので、自分で決定することはできません。
>>プロフィールはこちら

 

売れない理由を探って改善しよう

マンションを売却できないのには、さまざまな理由があります。

売れない理由を知り対策を打てば、早く売却できる可能性が生まれます。

しかし、どのような対策を打っても売却できないこともあるでしょう。その場合は利益は少なくなりますが、価格を下げる・買取など損して得を取ることも考えねばなりません。

 

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

 

 

不動産情報メディアの記事管理、編集を行う。 記事は不動産売買から家具やインテリアなど住環境に関する内容まで網羅。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。
風水ではトイレが重要!置いてはいけないものや運気アップの方法とは?
風水ではトイレは、運気を左右する重要な場所です。あなたが普段何気なく置いているものが実は、運気を下げているかもしれません。運気を上げるなら、まずはトイレから風水を取り入れてみませんか?今回は、風水的に置いてはいけないものや、運気アップの方法についてお伝えします。この記事を読めば、トイレの風水対策はバッチリです。
2022/10/11