logo
HOME ノウハウ マンション売却 お金 マンション売却の登記費用の相場はいくら?売主が負担する費用や必要書類も解説!

マンション売却の登記費用の相場はいくら?売主が負担する費用や必要書類も解説!

2022.10.14
2022.11.29
マンションの引き渡しの様子

マンション売却に必須である「登記」と登記費用の相場について解説します。売主と買主で負担すべき費用も異なりますので、きちんと理解しておくことでよりスムーズな売却につながります。登記に必要な書類も複数ありますので、こちらも併せて紹介します。

 

cta-image-7  

マンション売却で必要な「登記」とは

登記について説明する男性

そもそもマンション売却の際に行う登記とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

不動産登記には、大きくわけて2つのことが記されています。

 

1つ目は物理的現況で、どこの土地にどのような建物の不動産が存在しているのかです。

2つ目は権利関係で、不動産の所有者が誰なのかなどが書かれています。

 

これらの記録が法務局に保管されているのです。

 

マンションを売却すると所有者などが変わるため、この登記も変更する必要があるということになります。

 

マンション売却に必要な登記費用の相場は?

登記費用を計算している人

マンションを売却する際に必要な登記費用の相場は、いくらなのでしょうか。目安を知っておきたいですよね。

 

マンション売却に必要な登記の種類には、以下の2つがあります。

  • 抵当権抹消登記
  • 所有権移転登記

 

これに加えて、住所の変更がある場合は住所変更登記も行わなければなりません。

住所変更登記の相場は、司法書士に頼んだとしても10,000〜20,000円程度で済みます。

 

抵当権抹消登記と所有権移転登記の相場について、詳しく見ていきましょう。

 

抵当権抹消登記にかかる費用

抵当権抹消登記は1つの不動産につき、登録免許税が1,000円かかります。

マンションの場合も1,000円で、マンションを3つ所持しているのであれば3,000円です。

 

それに加えて登記事項証明書を受け取るための手数料が600円かかります。

登記事項証明書は登記所の窓口、もしくはオンラインで受け取り可能です。

 

司法書士に依頼した場合の相場は、住所変更登記に必要な費用と同じく10,000〜20,000円となります。

つまり登録免許税や登記事項証明書の受け取りに加えて10,000〜20,000円が必要です。

 

所有権移転登記にかかる費用

所有権移転登記でも登録免許税が必要ですが、先ほどの抵当権抹消登記とは金額が違います。

 

所有権移転登記にかかる登録免許税は、固定資産税評価額に税率をかけて算出します。つまり、固定資産税評価額×税率」が所有権移転登記に必要な登録免許税となります。

 

税率は以下の表の通りです。

 

税率

軽減税率

土地

20/1000

15/1000

建物

20/1000

3/1000

 

土地は令和5年3月31日までに登記した場合、建物は個人が令和4年3月31日までに住宅用家屋として取得し自己の居住に供した場合に軽減税率が適応されます。

 

司法書士に依頼するときの相場は45,000〜55,000円に加えて、立ち会い費用が必要です。

 

マンション売却の登記費用は誰が払う?

登記費用を支払う人

マンションを売却する時に必要な登記費用は、誰が支払うのかご存知でしょうか。

実は、全ての登記費用を売主が支払うわけではありません

登記費用の種類によっては、買主が支払う登記費用もあるのです。

 

そこでマンション売却の際に登記費用を誰が支払うのか、あらかじめ確認しておきましょう。

 

登記費用を負担しなくていいと思っていたのに支払わなければならなかった、なんてことにならないよう参考にしてください。

 

売主

マンション売却の際に売主が負担する登記費用は、抵当権抹消登記の費用です。

 

住宅ローンを組んでマンションを購入した場合、売却のときには住宅ローンを完済して抵当権を外しておく必要があります。

もし住宅ローンを完済していたとしても、自然に抵当権が抹消されるわけではありません。

そこで、法務局で抵当権の記載を消してもらう必要があります。

それが抵当権抹消登記なのです。

 

抵当権抹消登記を行わなければ住宅ローンを払い終わっていても、登記簿上では住宅ローンが残っていることになるので注意しましょう。

 

買主

マンション売却の際に買主が負担する登記費用は、所有権移転登記の費用です。

 

所有権移転登記は基本的に買主が行います。

所有権移転登記では登録申請書を作成し、必要書類を全てそろえて法務局で手続きを行うのです。

 

ただし、所有権移転登記の費用は必ずしも買主が負担しなければならないものではありません。売主と買主の間で合意が得られれば、売主が負担することもできます。

 

自分たちで手続きを行うことは難しいため、司法書士に頼むことが一般的です。

 

■FP(ファイナンシャルプランナー)に相談

cta-image-7  

不動産購入の資金計画についてプロのFP(ファイナンシャルプランナー)にご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・住宅ローンに関する不安がある方
・無理のない資金計画をたてたい方

▶︎【無料】FP相談の申込はこちら

 

マンション売却の登記費用を払うタイミングは?

登記費用を入れた封筒

マンション売却で売主が登記費用を支払うタイミングは、マンションの決済時です。

 

売主は抵当権抹消費用を負担するのですが、住宅ローンを完済しなければ抵当権抹消登記を行うことができません。

そのため、買主から受け取ったマンションの売却代金で住宅ローンを完済し、同じ日に抵当権抹消登記をするのが一般的です。

 

マンション売却の際に登記費用を支払う方法は、2つのタイミングがあります。

マンションへ引越しする前に司法書士への報酬と一緒に指定口座へ振り込む方法と、売買決済のときに司法書士への報酬と登録免許税を渡す方法です。

 

マンション売却の登記に必要な書類

必要書類を用意する人

マンション売却の際に登記をするとき、必要な書類がたくさんあります。

 

抵当権抹消登記は売主が行うため、必要書類はすべて売主がそろえなければいけません。

 

また先ほど所有権移転登記は基本的に買主が行うとお伝えしましたが、所有権移転登記に必要な書類の中には売主が用意しなければいけないものもあります。

そのため売主は、抵当権抹消登記の際に必要な書類だけではなく、所有権移転登記に必要な書類もきちんと把握しておきましょう。

 

抵当権抹消登記に必要な書類

まず、抵当権抹消登記に必要な書類を確認しましょう。

 

  • 弁済証書または登記原因証明情報
  • 抵当権者の登記識別情報通知書または抵当権設定登記済証
  • 抵当権者の資格証明書
  • 売主の印鑑・身分証明書
  • 司法書士に登記を依頼する場合は委任状
  • 登記申請書

 

抵当権抹消登記は法務局で行います。

これらの必要書類を司法書士へ渡して手続きを行ってもらいましょう。

 

併せて、住所や氏名などの変更登記を行う場合には、これらの書類に加えて売主の戸籍謄本や住民票が必要です。

 

所有権移転登記に必要な書類

次に、所有権移転登記に必要な書類を確認しましょう。

 

  • 登記済証または登記識別情報
  • 身分証明書
  • 固定資産税評価証明書
  • 売主の実印・印鑑証明書
  • 売買契約書
  • 買主の住民票
  • 司法書士に登記を依頼する場合は委任状
  • 登記申請書

 

登記済証または登記識別情報は売主の元に届いているため、用意する必要があります。

もしも紛失してしまったという場合には、司法書士に本人確認情報を作成してもらうことで手続き可能です。

 

また、実印や印鑑証明書も必要となるため準備しておきましょう。

 

マンション売却の登記費用が必要な理由

登記がなぜ必要なのか悩む人

マンション売却の際なぜ登記が必要なのでしょうか?

 

登記は第三者に権利を主張し、マンションが自分のものであると証明するために行います。

土地や建物には名前が書いているわけではないので、使用している人が持ち主とは限らないのです。

そのため所有者本人やその土地の使用者以外には、誰がその時の所有者なのかわかりません。

 

ゆえに、登記をしていなければ第三者に権利を主張できないため、マンション売却の際には登記が必要なのです。

 

登記費用を正しく理解して、マンションの売却を

ここまで登記費用の相場について、解説してきました。

 

売主は抵当権抹消登記の費用を負担する必要があり、司法書士へ頼むと登録免許税などの他に10,000〜20,000円程度必要です。

 

所有権移転登記の費用は基本的に買主が負担し、司法書士へ頼むと45,000〜55,000円に加えて立会費用がかかります。

また、所有権移転登記をする際には売主が用意する書類もあるため注意しましょう。

 

登記費用を正しく理解して、マンション売却をスムーズに行ってください。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■FP(ファイナンシャルプランナー)に相談

cta-image-7  

不動産購入の資金計画についてプロのFP(ファイナンシャルプランナー)にご相談いただけます。

こんな方におすすめ:
・住宅ローンに関する不安がある方
・無理のない資金計画をたてたい方

▶︎【無料】FP相談の申込はこちら

 

■wednesdayの簡易査定

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方

・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

 

 

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30