logo
HOME ノウハウ マンション売却 お金 マンション売却時に修繕積立金と管理費は返金される?精算されるケースをご紹介

マンション売却時に修繕積立金と管理費は返金される?精算されるケースをご紹介

2022.10.14
2022.11.29
1万円札と通帳

マンションを購入した人が毎月支払う「修繕積立金」と「管理費」は、売却するときに返金されるのでしょうか。

この記事では、マンション売却時の修繕積立金と管理費についてご紹介します。

修繕積立金や管理費が清算されるケースについてもまとめましたので、マンションの売却を検討している人は参考にしてみてください。

 

cta-image-3

 

マンションの修繕積立金と管理費とは?

マンションの前で鍵を持つ人

「修繕積立金」と「管理費」は、マンションを購入すると必ず支払わなければいけない費用です。

どちらもマンションを所有している間は毎月支払うお金で、マンションの建物の維持管理に使われます。

 

修繕積立金は大規模な修繕工事を行う費用のこと

修繕積立金は、マンションの共用部の大規模修繕工事を行うための費用です。

建物の外壁や屋上、エントランスやエレベーターなど、マンションの住民全員が使う部分の修繕に使われます。

 

修繕積立金の金額は、マンションの築年数が古いほど高くなるのが一般的です。

通常は長期修繕計画に基づいた使い方をしますが、自然災害発生時の補修に使われることもあります。

 

管理費は共用部分などを日常的に管理する費用のこと

管理費は、マンションの共用部の日常的な管理・メンテナンスに使われる費用です。

エントランスやエレベーター内などの清掃代、共用部分の光熱費、管理組合の運営費などに使われます。

 

修繕積立金とは別に支払う必要があり、マンションの住人が快適に暮らすための費用です。

 

マンションを売却するとき修繕積立金は戻ってくる?

パソコンを見ながら頭に手をやる女性

毎月支払っている修繕積立金や管理費は、マンションを売却するときに戻ってくるのでしょうか。

管理費は日々のメンテナンスで使われているとしても、修繕積立金は売却のときに返金されるのでは?と考えている人も少なくないようです。

 

ここではマンション売却時の修繕積立金・管理費について説明します。

清算されるケースについてもまとめましたので、覚えておくとよいでしょう。

 

修繕積立金・管理費は戻ってこない

修繕積立金も管理費も、マンション売却時に返金されることはありません

どちらも支払った個人が使うお金ではなく、管理組合の財産という扱いになるからです。

たとえマンション売却前に大規模修繕が行われず、今まで支払っていた修繕積立金が使われていないとしても、お金が戻ってくることはありません。

 

今まで積み立ててきた分は、次にマンションを購入する人に引き継がれます

マンションの管理規約にも明記されているので、気になる人は確認してみるとよいでしょう。

 

修繕積立金・管理費が清算されることもある

修繕積立金や管理費は売却時に返金はされませんが、清算されることがあります

修繕積立金や管理費は先払いなので、マンションの引き渡し日以降の分を日割り計算で清算するのです。

 

たとえば10月15日に引き渡しとしましょう。

10月分の修繕積立金や管理費は売主が前の月に支払っていますが、10月15日から月末までの分は買主が支払う分です。

買主が支払うべき分が日割り計算で清算されると、売主に支払われます。

清算金が支払われるのはマンション売却の決済日で、買主からの売却金額振込と同時であるのが一般的です。

 

ただし清算されないケースもあるので、日割り計算で清算するかどうか不動産会社に確認しておくとよいでしょう。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

修繕積立金を滞納していてもマンション売却はできる?

書類を確認する夫婦

マンションを売却するときに、修繕積立金を滞納していた場合はどうなるのでしょうか。

売却するときに戻ってこないなら…と、修繕積立金を支払っていない人もいるかもしれません。

結論から言うと、修繕積立金を滞納していても売却は可能です。

ただし、リスクが伴うことを覚えておきましょう。

 

ここでは修繕積立金を滞納している場合のマンション売却について説明します。

 

売却は可能だがリスクが伴う

マンションの修繕積立金や管理費を滞納していても、売却することは可能です。売却した人が滞納していた分は、所有権を引き継いだ買主に引き継がれます。

しかし、新しい所有者が元の持ち主に滞納分を請求するなど、トラブルに発展することがあります。

また、修繕積立金や管理費の滞納がある場合は、仲介業者が買主に滞納の有無と金額を告知する必要があるため、買い手が付きにくくなる可能性が高いです。

滞納したままでの売却には、さまざまなリスクが伴うことを覚えておきましょう。

 

滞納しているときは売却前に支払いを

修繕積立金や管理費を滞納している場合は、トラブルを防ぐためにも売却する前に支払っておくことをおすすめします。

 

修繕積立金や管理費は銀行口座からの引き落としが一般的ですが、知らない間に残高が不足して未払い状態になっているかもしれません。

数ヶ月分をまとめて支払うことになったり、新しい所有者から滞納分を請求されたりすると、かなり痛い出費となるでしょう。

 

売却を検討する場合は、修繕積立金や管理費を滞納していないか、しっかり確認しておくと安心です。

 

修繕積立金の増額前にマンションを売却するには?

マンションの外観

マンションを売却するときは、修繕積立金が増額されるタイミングを把握しておきましょう。

マンションの修繕積立金の金額は常に一定ではなく、増額される可能性があります。

 

マンションを売却しても、今まで支払った修繕積立金や管理費は戻ってきません。

できるだけ出費を抑えるためにも、どんなときに修繕積立金が値上げされるか覚えておくと安心です。

 

また、修繕積立金が増額されてからでは、買い手が付きにくくなる可能性もあります。

満足のいく売却をするためにも、修繕積立金の増額前のタイミングを狙いましょう。

ただし、増額のタイミングはマンションごとに異なることを覚えておいてください。

 

空室状況を確認する

マンションの空室状況を確認することで、修繕積立金の増額のタイミングがわかることがあります。

修繕積立金を支払うのはマンションの区分所有者です。

区分所有者が少なくなると、大規模修繕のための費用が不足する恐れがあります。

管理組合は大規模修繕に必要な費用を確保しなければならないので、1戸あたりの金額を増やす可能性が高いのです。

 

マンションの売却をする際は空室状況を確認することが大切ですが、どんなときに空室が増えるかも知っておくとよいでしょう。

たとえば、建物の老朽化は空室が増える要因のひとつです。

適切な修繕を行わず老朽化を放置していると、住民は住みにくいと感じて引っ越してしまうかもしれません。

 

また老朽化したままの建物は、耐震性能が不十分とみなされて資産価値が下がることがあります。

資産価値が低いと買い手がつきにくいため、空室が増えてしまうのです。

 

大規模修繕の計画を確認する

マンションの大規模修繕の計画を確認しておくのもおすすめの方法です。

外壁や配管の修繕などを行う大規模修繕は大がかりな工事になるため、高額な費用が必要になります。

もしもそれまでに集めていた修繕積立金では費用が足りない場合、区分所有者は追加費用を請求される可能性が高いです。

 

修繕積立金は大規模修繕のタイミングで増額になることが多いので、大規模修繕の計画をしっかり確認しておきましょう。

 

マンション売却のタイミングを検討しよう

マンションの売却をしても、今まで支払った修繕衝立金や管理費は返金されません。

ただし、売却に伴い清算されるケースもあるため、仲介会社などに確認しておくとよいでしょう。

修繕積立金や管理費を滞納していても売却は可能ですが、トラブルを防ぐために支払いを済ませておくと安心です。

できるだけ出費をおさえ、売却しやすくするためにも、修繕積立金の増額前のタイミングで売却を検討してみてください。

 

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら






航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30