logo
HOME ノウハウ マンション売却 住み替え 住み替えローンの金利が高い理由とは?利用できる銀行と審査内容もご紹介!

住み替えローンの金利が高い理由とは?利用できる銀行と審査内容もご紹介!

2022.10.20
2022.11.29

住み替えを検討中の方のなかには、住み替えローンが気になっている方も多いでしょう。

住み替えローンを利用すると、残債があっても新居の購入が可能ですが、金利は高く注意点も多くあります。

そこで本記事では、住み替えローンの金利や利用可能な金融機関について解説していきます。

住み替えを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

cta-image-3  

 

住み替えローンとは?

LOANのブロックと家の模型の画像

住み替えローンとは、旧居の住宅ローン残債と新居の購入費用をまとめて借りることができるローンです。

本来、家の売却は住宅ローンの返済が終わってからではないとできません。そのため、家の売却代金でローンを一括返済してから、新居を購入するのが一般的です。

しかし、家の売却代金がローン残高に満たない場合や、売却代金と自己資金を用いても一括返済が困難な場合もあります。そのような場合に利用するのが、住み替えローンです。

住み替えローンを利用すると、旧居の残債分も含めてローンを組むことができるため、残債があっても新居を購入することができます

 

住み替えローンは金利が高い

家の模型とコインの画像

住み替えローンは、通常の住宅ローンに比べて金利が高いです。どうして金利が高いのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、金利が高い理由や選ぶべき金利のタイプについて解説していきます。

 

住み替えローンの金利が高い理由とは?

通常の住宅ローンの金利は、0.5%前後が相場といわれています。

しかし、住み替えローンの金利は2〜4%ほどなので、非常に金利が高いです。金利が高い理由は、優遇金利が関係しています。

優遇金利とは、所定の条件を満たすことで金利が割引される制度のことです。住宅ローンの金利は、基準金利から優遇金利を差し引いた数字が適用金利となります。

住宅ローンの金利=基準金利(店頭金利)-優遇金利

住み替えローンは、この優遇金利が低く設定されていることが多いため、金利が高い傾向にあるのです。

優遇金利の条件や引き下げ幅は、金融機関ごとに異なるため、情報収集を行い比較する必要があります。

 

金利タイプは何を選ぶべき?

住宅ローンの金利タイプは、「全期間固定金利型」「固定金利期間選択型」「変動金利型」の3種類あります。それぞれの特徴をまとめましたので、ご覧ください。

【全期間固定金利型】

全期間固定金利型は、契約時に決まった金利が完済まで変わらないローンです。

メリット 返済計画をたてやすい
デメリット 変動金利型と比べて金利が高い
向いている人

返済額が途中で変更になると困る人

金利変動に不安がある人

【固定金利期間選択型】

固定金利期間選択型は、借入れから一定期間金利が固定されるローンです。期間終了後は、変動金利型になるものと、固定と変動を選択できるものがあります。

メリット

一定期間、返済額が変わらない

全期間固定金利よりも金利が低い

デメリット

期間終了後に金利が上昇している可能性がある

契約時に返済総額が確定しない

向いている人 子育てや他のローン返済があり、一定期間返済額を安定させたい人

【変動金利型】

変動金利型は、経済情勢の変化により年に2回金利の見直しが行われるローンです。

メリット

固定金利よりも低金利

金利が下がれば返済額が減る

デメリット

金利が上がれば返済額が増える

返済計画をたてにくい

向いている人 借入額が少ない人

 

住み替えローンの審査内容は?

家のオフとチェックリストの画像

住み替えローンは、審査が厳しいといわれています。

審査基準は金融機関によって異なるものの、最低限以下の内容は確認されます。

 

  • 年齢
  • 年収および勤務先
  • 住宅ローン残債

 

借入れ可能な年齢は、金融機関によって異なりますが、満20歳以上65歳以下としていることが一般的です。また、完済時の年齢を満80歳までとしているところが多くあります。

年収に関しては、年収〇万円以上と明記している金融機関もあれば、していない金融機関もあります。いずれにしても、高い返済能力を求められるため、年収額だけではなく勤務先や勤続年数などもチェックされる項目です。

住み替えローンの利用では、旧居のローン残債もチェックされますローン残債が多いほど、借入額も大きくなるため、返済負担が重たく審査も通りづらくなります。

金融機関によっては、残債分の借入額が決まっていることもあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

住み替えローンが利用可能な銀行まとめ

家のオブジェと手続きする2人の手元の画像

住み替えローンは、全ての銀行で取り扱っているものではありません。ここでは、住み替えローンを扱っている銀行の一部を紹介します。

銀行名 商品名 特徴
三井住友銀行 WEB申込専用住み替えローン
  • 住宅ローン保証が充実
  • 年収500万円以上と高い基準を設けている
りそな銀行 りそな住みかえローン
  • 年収100万円以上と収入条件が低い
  • 親子二世代型の取り扱いもあり
横浜銀行 住宅ローン(お住み替え)
  • 物件の所有地は、神奈川県全域か東京都の一部
  • インターネットバンキングなら、一部繰り上げ返済と金利種類変更の手数料無料
千葉銀行 ちばぎん“選べる住宅ローンベストチョイス21”「住み替えコース」
  • 収入条件は、年収額は明記はないものの安定継続した収入が必要
  • 購入資金はもちろん、リフォームやインテリアの購入、引っ越し費用などの使用も認められている

 

住み替えローンの金利以外の注意点とは?

ブロックに感嘆符がついている画像

住み替えローンを利用する際は、金利以外にも注意すべき点があります。

住み替えローン利用時の注意点は、以下の4つです。

 

  • 審査が厳しい
  • 売却と購入の決済日は同日にする調整が必要
  • 余裕のある返済計画をたてる
  • 新居探しのタイミング

 

それでは、1つずつ解説していきます。

 

審査が厳しい

住み替えローンの注意点1つ目は、審査が厳しいことです。

通常の住宅ローンでは、銀行はお金を貸す代わりに、購入する土地と家を担保とする抵当権を設定します。

住み替えローンの場合、ローン残債と新居購入資金を合わせたローンを組むため、抵当権以上のお金を貸すこととなります。また、借入額も高額となるため、審査は厳しく行われます

 

売却と購入の決済日は同日にする調整が必要

住み替えローンの注意点2つ目は、売却と購入の決済日は同日にする調整が必要なことです。

住み替えローンの利用条件として、「売却と購入の決済を同日にする」という内容があります。そのため、思いのほか売却が早く進むと、急いで新居を見つけなくてはいけなくなることもあります。住み替えローンを利用する場合、スケジュールが非常にタイトになる可能性が高いです。

 

余裕のある返済計画をたてる

住み替えローンの注意点3つ目は、余裕のある返済計画をたてることです。

住み替えローンは、旧居のローン残債と新居の購入費を合わせて借りるため、高額な残債を抱えることとなります。

また、金利が高いため、通常の住宅ローンよりも返済が苦しくなる可能性も高いです。

そのため、住み替えローンを利用する場合は、将来を見据えながら余裕のある返済計画をたてる必要があります。

 

新居探しのタイミング

住み替えローンの注意点4つ目は、新居探しのタイミングです。

上でも紹介した通り、住み替えローンは売却と購入の決済を同日に行う必要があります。

売却と購入のタイミングが合わなければ、住み替えローンを利用できません。そのため、新居探しのタイミングに苦悩する方が多くいます。

いい物件を見つけても、旧宅を売却できなければ、住み替えローンが利用できないため、購入をあきらめざるを得ないでしょう。

もし、売却よりも先にお気に入りの物件が見つかった場合は、買い替え特約を付けられるか確認してみましょう。買い替え特約とは、期限内に売却ができなければ購入の契約を白紙にできる特約です。

 

住み替えローン以外の選択肢とは?

プランAまたはプランBの選択肢の画像

住み替えローンを利用するためには、一定の条件を満たす必要があります。

そのため、条件を満たすことができない場合は、住み替えローン以外の選択肢を考えなくてはいけません。住み替えローン以外の選択肢は、以下の2つです。

 

  • 通常の住宅ローン
  • ダブルローン

 

それでは、1つずつ解説していきます。

 

通常の住宅ローン

住まいの買い替えで、旧居の売却代金と自己資金で住宅ローンを一括返済できる場合は、通常の住宅ローンが利用できます。

通常の住宅ローンの方が、審査基準や金利でもメリットが大きいです。

そのため、可能であれば住み替えローンよりも住宅ローンを利用した方がよいでしょう。

 

ダブルローン

売却と購入のタイミングを合わせるのが難しい場合は、ダブルローンを検討する必要があります。

住み替えローンを利用するためには、売却と購入の決済日を合わせなくてはいけません。どうしてもタイミングが合わない場合は、住み替えローンは利用できないので、ダブルローンを検討しましょう。

ダブルローンとは、旧居の住宅ローンを払いつつも、新居購入のローンを組むことです。ダブルローンは、住み替えローンと同様に審査が厳しく、支払いが2つに増えるためローン負担も重たくなります

ダブルローンを利用する場合は、返済計画をしっかりとたて、無理のない範囲で利用する必要があるでしょう。

 

金利のタイプやローンの選択は慎重に!

今回は、住み替えローンの金利や注意点などについて解説しました。

住み替えローンは通常の住宅ローンに比べ金利が高いため、より慎重に検討する必要があります。

また、金利のタイプによっても返済総額が変わってくるため、自身のライフプランに合ったタイプを選択するとよいでしょう。

金利や審査基準は金融機関によって異なるため、利用する際は金融機関を徹底的に比較することが大切です。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら


■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら


■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30