logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 居住中でもマンションは売却できる?メリットやデメリット、住みながら売るコツを解説!

居住中でもマンションは売却できる?メリットやデメリット、住みながら売るコツを解説!

2022.10.28
2022.11.29

マンションを売却するとき、住みながらでも売却できるのでしょうか?特に、住み替えを検討していて今の不動産を売却した資金で、新たに住宅を購入したいと考えている人は気になりますよね。

この記事では住みながら売却するメリットやデメリット・売却を成功させる方法などについて解説します。

cta-image-3  

 

住みながらでもマンションの売却はできる

マンションを内覧するカップル

マンションは居住中でも売却は可能で、空室にしてから売却するより、人が住んでいた方が売りやすいケースもあります

売主からすれば、新たな住まいを先に購入すると、新旧両方の部屋のローンを支払わざるを得ないこともあります。特に急いで引越す必要がなく、住んでいるマンションが売却できたら新たな住まいに移りたい、と考えている人には良い方法といえるでしょう。

 

マンションに住みながら売却するメリット

メリットに傾く天秤

はじめに、マンションに住みながら売却するメリットを説明します。

 

売却資金を住み替え費用に充当できる

現在居住中のマンションを先に売却し、そのあとで新たな住まいを見つければ、売却して得た資金を住み替え費用に充当できます

先に新たなマンションに引越しても、今まで住んでいたマンションがなかなか売却できないと、両方の住宅ローンを支払わなければならない事態もありえます。その点、住みながら売却すれば、ローンの二重払いを避けることができます。

 

内覧者に物件の良さをアピールできる

住みながら売却活動をする場合、内覧者に住んでいたからこそわかるマンションや周辺環境の良い点をアピールできます。内覧時に売主は誠心誠意対応することで、マンションに対して好印象を与えられるでしょう。

 

仮住まいが必要ない

今住んでいるマンションに住みながら売却活動を行えば、当然ながら引き渡し直前まで住んでいられます。

また、引き渡しと新たな住まいの入居タイミングを合わせられれば、仮住まいを探す必要がありません。引越しの回数も一度で済むことがメリットです。

 

マンションに住みながら売却するデメリット

掃除機をかける主婦

次にマンションに住みながら売却活動をするデメリットについて説明しましょう。

 

部屋の整理整頓・掃除をする必要がある

住んでいるマンションを売却する場合は、購入希望者に部屋を内覧してもらわなければなりません。その際部屋が乱雑になっていては、購入希望者に悪印象を与え購入意欲は低下してしまいます。

そのため整理整頓・掃除して部屋をきれいにしなければなりませんし、場合によってはハウスクリーニングも必要です。

 

生活感が出て売りにくいこともある

住みながらの売却は、売主の生活感が出すぎて購入希望者に印象を悪くする可能性があります。部屋に置いてある家具や電化製品・飾り物などが、内覧者の趣味と合わないとそれだけで敬遠しがちになります。

購入希望者は住まいについて理想のイメージがあるため、自分の思う住まい方とかけ離れた部屋を見ると、それだけで購入意欲は低下してしまうでしょう。

 

内覧者と日程調整をする必要がある

内覧希望者が現れた場合、住まいを見てもらうため日程調整をする必要があります。購入希望者は、他にも住まいの内覧を予定していることが多いため、売主が日程で譲歩しなければならないこともあるでしょう。内覧希望者は土・日を希望する場合が多いため、週末の休日がつぶれることも多く、日常生活に支障が出ることも覚悟しなければなりません

 

居住中に売却することがおすすめの人の特徴

OKサインを出す女性

次のような人は、住みながら売却した方がよいでしょう。

 

内覧日程を調整できる人

内覧希望者の要望に合わせて日程調整できる人は、住みながらの売却に向いています。内覧は土日に行われることが多いため、休日でも対応できる人は住みながらの売却を選択するとよいでしょう。

 

住宅ローンの残債がある人

住宅ローンの残債がある人は、住みながら売却した方がよいでしょう。新居が先に決まり、今住んでいるマンションがなかなか売れない場合は、新居と旧居のダブルローンになってしまう恐れがあります。したがって今住んでいる住宅の売却が決まってから、新居を購入したほうがよいでしょう。

 

購入資金が十分でない人

新しい住宅を購入するための資金が十分でない人は、住んでいる住宅を売却してから新居を探した方がよいでしょう。マンションを売却して得たお金を、新たな住宅の購入資金に充当できます。

 

内覧が苦にならない人

内覧してもらうのが苦痛でない人は、住みながらの売却をおすすめします。部屋の整理整頓や掃除、購入希望者とコミュニケーションをとるのが苦にならない人は、住みながらの売却にマッチしていると言えるでしょう。

 

空き家にしてからの売却がおすすめの人の特徴

空き家の部屋

次のような人は、空き家にしてから売却する方法をおすすめします。

 

内覧日程を調整するのが難しい人

内覧日程を調整するのが難しい人土日の出勤が多い人は、休日の内覧対応は難しいでしょう。夫婦のどちらかが対応できれば良いですが、それが無理の場合は、空室にしてから売却した方がよいといえます。空室にすれば、売却活動を不動産会社に任せられるためスケジュール調整が不要です。

 

すぐにマンションを売却したい人

すぐマンションを売却し現金化したい人は、先に引越しし空き家にしてから売却した方がよいでしょう。空室にした方が一般的に売りやすいため、退去しておくことをおすすめします。

しかし、売却がすぐに決まらないと、ダブルローンになるため注意しなければなりません。

 

自己資金が十分ある人

自己資金がある人や住宅ローンの残債がない人は、マンションを空室にしてからの売却がよいでしょう。まとまった資金があれば、新たな住宅の頭金に充当できますし、住宅ローンの借入額を抑えることも可能です。

 

内覧が苦になる人

掃除や購入希望者との対応が苦手な人は、マンションを空室にして売却をおすすめします。部屋が乱雑なままですと、購入を考える人も意欲は減退します。また内覧者との応対が嫌な人やマンションの魅力を直接アピールできない人も、空室にして売却した方がよいといえます。

 

マンションに住みながらでも売却を成功させるには?

マンションと鍵

マンションに住みながら売却を成功させるポイントをご紹介します。

 

マンションのアピールポイントをまとめておく

内覧の際に、このマンションを買いたいという意思決定をしてもらわなければなりません。そのためにはマンションの間取りや設備の良い点・共有スペースの設備などの良い点をまとめておきましょう

また周辺の学校や保育園・医院・スーパー・公共施設・駅までの距離・バスの本数なども調べて、質問があったときに的確に答えられるようにすると良いでしょう。マンションの良さをアピールできれば、購入の確率は一段と高くなるでしょう。

 

同時進行で新しい住まいを探す

住みながらマンションの売却活動をする場合には、同時に新たな住まいを探しましょう。売却が先行して住み替える場合、新居を探す期間として通常3〜6カ月程度の猶予期間が設けられます。しかし猶予期間内に住まいが見つけられないと、退去して仮住まいをしなければなりません。したがって売却後に新居探しで焦るより、同時に新居探しを行うようにしましょう。

 

住みながら売却するなら「買取」もおすすめ

握手を交わす人

不動産会社の買取を利用すれば、早く確実にマンションを売却できます。そのため住みながら売却したい人にとっては良い方法といえるでしょう。

買取は不動産会社が直接買い取るため、部屋の整理整頓や掃除が不要で、内覧者の応対も必要ありません。また、不動産会社が買主のため、契約不適合責任でトラブルになる恐れもありませんし、仲介手数料が不要なのも大きなメリットです。

ただし仲介により市場でマンションを売却する場合と比べて、売却金額は7〜9割程度になることを覚えておきましょう。

 

■wednesdayの買取申し込みはこちら

  cta-image-3  

 

住みながらでも売却を成功させよう

この記事では、住みながら売却する方法について解説しました。

住みながら売却する方法は、自己資金の十分ある人や内覧させるのが嫌な人・早く引っ越ししなければならない人には、向いている方法といえるでしょう。

しかし住みながら売却には、メリットとデメリットがあるためよく検討して決めましょう。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30