logo
HOME ノウハウ マンション購入 住宅ローン フラット50の審査は厳しい?デメリットや利用条件、フラット35との併用は可能かを解説!

フラット50の審査は厳しい?デメリットや利用条件、フラット35との併用は可能かを解説!

2022.11.02
2022.11.07
電卓とお金

マイホームを所有するときに、初期費用を抑えたい場合は住宅ローンサービス「フラット」を利用する人がほとんどです。フラットは35が有名ですが、フラット50も存在します。

フラット35とはどのような違いがあるのか、フラット50のメリットやデメリットについて解説していきます。

cta-image-6  

フラット50とは?

モデルハウスを見ながら相談し合う

フラット50は数ある住宅ローンの中でも「最長の住宅ローン」です。償還期間の上限が50年と長いのが魅力で、毎月の支払い負担を少しでも減らしていきたいと考えている人におすすめになります。

ただしフラット50は制限があり「長期優良住宅」と国から認定を受けた住宅のみが受けられる住宅ローンです。

長期にわたって住み続ける事が可能な処置が行われた住宅のみ受けられる住宅ローンですが、住宅の建築や購入を行う際に利用ができます。

  条件
利用できる人物
  • 申込時の年齢が44歳未満
  • 安定した収入がある
  • 日本国籍または永住許可を受けている外国人
  • 住宅ローンだけでなく、他の借り入れがある場合、借入が年収を占める年間合計返済額の割合基準が満たしている
利用可能な物件
  • 長期優良住宅
  • 住宅の耐久など住宅金融支援機構を定めた条件に該当する住宅
返済方法 元利均等の毎月払い or 元金均等の毎月払い
融資期間 36年から50年以内
担保または保証人の有無
  • 保証人に関しては必要なし
  • 担保は住宅金融支援機構が抵当権者第一順位となるように設定

 

フラット35との違いは?

通帳を確認して家のことを考える

フラット35はフラット50と比べて住宅の条件が少なく、利用できる年齢が幅広いという点が違いです。

フラット35の場合は返済期間が35年の上限であるとともに、長期優良住宅でなくても利用できます。さらに、フラット50と比べても返済期間が短いため、金利が安いです。

ただ、フラット35はフラット50と比べて返済期間が短いため、毎月の支払いが高くなってしまいやすい点もフラット50との違いになります。

 

フラット50が「やばい」と言われている理由

人型ブロックとコメント

ネットやSNSでフラット50がやばいと言われている理由は「計画性」が重要になるためです。

というのも、フラット50は将来50年間にかけて支払いを続けていくため、定年退職した後の老後生活中でも支払いを続ける必要があります。さらに定年ではなく、転職や家の都合による収入減少が起きた場合でも支払いは変わりません。

他にも、借り換えができないため50年先を見据えた緻密な計画性が重要という点からやばいという噂が広まっています。

 

フラット50のメリット

メリットについてチェックする

フラット50を利用するメリットは下記の4つです。

 

  • 毎月の返済負担を減らせる
  • 安心して長期間住める
  • フラット35との併用もできる
  • ローンが付いている状態でも売却可能

 

それぞれのメリットについて詳しく解説をしていきますので、フラット50の利用を検討している人は参考にしてみてください。

 

毎月の返済負担を減らせる

フラット50は返済期間を長期に設定できるため、毎月の返済負担を大きく減らすことが可能です。

そして、長期にわたって住み続けられるように処置が行われている「長期優良住宅」にしか使えません。そのため、他の住宅と比べてもやや物件が高くはなりますが、フラット50は返済期間が長いため、毎月の負担が少ないです。

長期優良住宅だけどフラット35を利用している人もいますが、毎月の負担額を減らしたい場合はフラット50の利用も検討してみましょう。

 

長期優良住宅を取得しやすくなる

フラット50は長期優良住宅にしか適用できない住宅ローンになるため、融資審査が通ると長い間住み続ける物件の取得ができます

安心して長期期間住み続ける物件を所有できるという点はやはり大きな資産になるため、住み心地の良い物件に長く住み続けたいと考えている人にはおすすめです。

 

フラット35またはフラット20との併用が可能

フラット50は物件価格の9割が借入額の上限になるものの、フラット35は物件価格と同額まで借りられます。そのため、物件取得額が4000万円だった場合、3000万円までをフラット50で、残り1000万円をフラット35でローンを組むということは可能です。

他にも、フラット20も併用できるため、自分の資産状況に合わせてローンを組むことができるでしょう。

無理のない返済計画が立てられるため、フラット50は利用しやすい住宅ローンになります。

 

ローンが付いている状態でも売却できる

将来のライフプランニングを行っていても、万が一の出来事で自宅を売却しないといけない場合もあります。通常の住宅ローンであれば難しいですが、フラット50は買主に住宅ローンを引き継いで売却が可能です。

ローンが付いた状態で売却ができるため、万が一の場合でも物件が売れないといった事態に陥らないので、安心して住宅ローンが組めます。

 

フラット50のデメリット

デメリットに傾く天秤

フラット50は多くのメリットがありますが、デメリットとしては下記の4つあげられます。

 

  • 金利がフラット35より高い
  • 総返済額が増える
  • 繰越返済を行わないと定年後も支払いが続く
  • 50年間のライフプラン設計を行いにくい

 

それぞれのデメリットについて解説をしていきますので、フラット50のメリットと合わせてチェックしておきましょう。

 

金利がフラット35より高い

フラット50は、フラット35と比べて金利が0.3~0.8%ほど高いです。

さらに、融資比率は物件価格に対して60%までになるため、フラット50を利用する際には自己資金をある程度用意する必要があります。

 

返済額が増える

フラット50は、長期優良住宅の物件を取得するという点や、金利が高い状態で長期にかけて住宅ローンを組むという点からも総額が高くなります。

返済期間が長いため、毎月の支払い負担は抑えることができますが、総額を抑えたいと考える場合はフラット35との併用も検討しましょう。

 

繰越返済を行わないと定年後も支払いが続く

フラット50の住宅ローンを組んだ際に、繰越返済ができる場合は実施していきましょう。

というのも、繰越返済を行わなければなかなか返済が終わらず、定年退職で仕事を辞めた後でも返済を続けていく必要があります

老後ゆとりのある状態を作りたいと考える場合は繰越返済が鍵を握るため、計画的な返済を行っていくようにしてください。

 

50年間のライフプラン設計を行いにくい

36〜50年以内が融資期間となっているため、長期にかけたライフプラン計画が必要です。実際に80歳になるまでの設定ができるものの、歳を重ねるほど何が起こるか予想が付きにくいため、ライフプランニングが難しくなります。

そのため、万が一の時に備えて余裕がある場合は繰越返済を行うことも視野に入れることが大切です。

 

フラット50の審査は厳しい?審査落ちてしまった時の対処法は?

黒板に書かれたポイント

フラット50は審査が厳しいですが、先に審査でチェックされやすいポイント・落ちてしまう場合の対処法を知っておけば審査落ちを回避することができます。

 

  • 借入金額を減らす
  • 信用情報の確認を行う
  • 他のローンの完済を行う

 

上記の3つのポイントについて解説をしていきますので、フラット50の審査が落ちてしまわないか不安を感じている人はチェックしましょう。

 

借入金額を減らす

長期優良住宅は金利などを含めると総借入金額が大きくなるため、元々の物件価格を抑えるようにしましょう。物件価格を落とすことによって総借入金額も下げられるため、審査も通りやすくなります。

年収や資産を確認した上で審査が行われるため、借入金額が自分の収入や資産とあっているかをしっかりとチェックしましょう。

 

信用情報の確認を行う

フラット50は金融支援機構による審査を受けますが、既にクレジットカードや個人情報に傷がある場合は審査に通りにくいです。

フラット50だけに限った話だけでなく、住宅ローン全てが信用情報の確認が行われるため、傷が付いている場合はクリアになるまで待ちましょう。

 

他のローンの完済を行う

フラット50での審査は、物件の借り入れ価格だけでなく、他の借り入れを合算した上での査定になります。そのため、他のローンがある場合は、完済を行っておくことによって毎月の支払いができるという印象になりやすいです。

信用問題も重要視されるため、他のローンがある場合はローンの完済を目指しましょう。

 

フラット50はこんな人におすすめ!

ビックリマークが描かれた木製ブロック

フラット50は下記のような点に該当する人におすすめです。

 

  • 耐久性が高い住宅に住みたい人
  • 毎月のローン返済を少なくしたい人
  • 親子リレーができる人
  • 万が一に備えてローン付きでも売却したい人

 

将来に備えた住宅に住みたい人や親子リレー式で家を引き継ぐことができる場合はフラット50の利用をチェックしてみましょう。

 

計画的にフラット50の利用を検討しよう

フラット50は長期優良住宅に適用できる住宅ローンで、多くのメリット・デメリットがあります。毎月の支払い負担を抑えられるため、家計に負担を与えにくく、安心して長く住み続けられる物件の取得ができるのが魅力です。

親子リレーができる人は特におすすめになるため、長期優良住宅に住みたいと考えている人はフラット50の利用も検討してみましょう。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

■個別相談

cta-image-6  

不動産の購入や売却、リノベーションに関することなどを個別でご相談いただけます。

こんな方におすすめ:

・住み替えを検討中の方
・理想の物件・間取りが見つからない方
・リノベーションに興味がある方

▶︎【参加費無料】個別相談の申込はこちら

■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30