logo
HOME ノウハウ マンション売却 住み替え 住み替えローンを組む流れとは?住宅ローンと同じ銀行で組める?審査基準やおすすめ金融機関もご紹介!

住み替えローンを組む流れとは?住宅ローンと同じ銀行で組める?審査基準やおすすめ金融機関もご紹介!

2022.11.08
2022.11.08
「契約書に記載する人」

住み替えローンの利用を検討している場合、どのように組めばよいのか流れがわからないと困っていませんか。この記事では、住み替えローンを組む流れやローンの審査基準は厳しいのか、おすすめの銀行、ダブルローン、住宅ローン控除、住宅ローンと同じ銀行で組めるのかなどを解説します。ローンをスムーズに利用したい方は、参考にしてください。

cta-image-3  

住み替えで利用できるローン3選

「LOANと家」

住み替えで利用できるローンは、以下の3つです。

  • 通常の住宅ローン
  • ダブルローン
  • 住み替えローン

各ローンの特徴をご紹介するので、自分に合ったローンを見つけましょう。

ローン①:通常の住宅ローン

住み替えでは、今までと同じ住宅ローンを利用できます。通常、住宅ローンの残っている家を売却することは難しいですが、一括返済できれば売ることは可能です。

通常の住宅ローンは、金利が低く設定されており、審査基準も厳しくなく借りやすい傾向にあります。ただし、住宅ローンが多額で残っている場合、一括返済することは難しいと考えられます。

自己資金に余裕がありローンを一括返済できる方は、住み替えにおいても、これまでと同じように通常の住宅ローンを利用することがおすすめです。

ローン②:ダブルローン

今住んでいる家と新居のローンをそれぞれ返済するダブルローンも、住み替えで利用可能です。2つのローンを同時に返済するため返済負担が大きくなるものの、資金的に余裕のある方は問題なく利用できます

しかしながら、ローンを完済していない状態で新しいローンを組む場合、審査は厳しくなることが一般的です。お金を貸している金融機関側は、原則、返済能力のない方には融資しません。

いずれにしても、住み替える場合、通常の住宅ローンやダブルローンは、自己資金に余裕のある方に向いています。

ローン③:住み替えローン

住み替えローンは、今住んでいる家のローンの残りと新居の購入費用をどちらも借り入れられるローンです。通常の住宅ローンやダブルローンのような、自己資金に余裕のある方以外でも、利用できる可能性が高いです。

次の章からは、住み替えローンのメリット・デメリットや審査項目、組む流れなどをご紹介します。「住み替えたいけれども、資金的に余裕がない!」という方は、ぜひ参考にしてください。

 

住み替えローンのメリット・デメリット

「家とメリット・デメリット」

ローンの残りがありながらも利用できる住み替えローンには、メリットだけではなく、デメリットもあります。ここでは、住み替えローンのメリット・デメリットどちらもご紹介するので、住み替えローンを利用すべきなのかの判断材料にしましょう。

住み替えローンのメリット

住み替えローンの主なメリットは、以下の2つです。

  • 手元に資金がない場合でも住み替えできる
  • ローンの支払いを1本化できる

住み替えローンは、ローン残債と新居購入費用を合算して借入するため、自己資金が足りなくても住み替えできますまた、今住んでいる家の売却と新居の購入を同時にすすめるため、仮住まいにかかる引っ越し代や家賃などの費用も必要ありません

ローンの支払いを1本化し、ダブルローンにならず、月々の返済負担をおさえられることもメリットです。1本化するからこそ、支払いを管理する手間がかかりません

住み替えローンのデメリット

住み替えローンには、以下のようなデメリットがあります。

  • 金利が高い
  • 審査が厳しい

住み替えローンには、通常の住宅ローンのように金利に対する優遇措置がありませんそのため、金利が高く、月々の返済負担も重くなってしまいます。

また、審査基準が厳しめになっていることもデメリットといえるでしょう。新居購入分以外に今住んでいる家のローン残債分も一緒に借入れるため借入額が大きくなり、返済能力がないと判断されると審査に通過できません。

ただし、事前に住み替えローンの審査項目を把握しておけば、対策して通過することも不可能ではありません。次の章では、住み替えローンの審査についてご紹介します。

 

住み替えローンの審査項目

「家と虫メガネ」

住み替えローンの審査では、以下の項目をチェックします。

 

審査項目

内容

年収・勤続年数

年収は400〜500万円、勤続年数は3年以上を基準にしている銀行が多い

新居の評価額

担保になる新居の評価額が低いとき、審査が通りづらくなる

残っている住宅ローン

ローンの残債が多い場合、トータルの借入金額が多くなり、希望金額では断られてしまう可能性がある

個人信用情報や過去の返済履歴

各種支払いを滞納したことがある場合、ブラックリストに登録され審査を通ることは難しい

団体信用保険に加入できるか

健康面で問題があると判断された場合、加入できない

 

年収や勤続年数は、金融機関ごとに審査条件が異なるものの、残っている住宅ローンが少なく、新居の評価額が高ければ、審査は通過しやすいでしょう。

団体信用生命保険は、ローンを返済しているとき、契約者に万が一のことがあった際に残高がゼロになる保険で加入が義務付けられていますが、健康面に大きな問題がなければ、基本的には加入できます。

 

住み替えローンを組む流れ

「電卓と家」

住み替えローンを利用するときの一般的な流れは、以下のとおりです。

  1. ローン残債を確認する
  2. 不動産会社を決める
  3. 住み替えローンを組む金融機関を探す
  4. 住み替えローンに申し込む
  5. 融資を受ける

ローン残債を確認する

住み替えローンを組む前に、最初に今住んでいる家のローン残債を確認することが大切です。どれくらいローンが残っているのか把握できれば、いくら借り入ればよいのか資金計画を立てられます。

また、ローン残債に対して自己資金はいくら充てられるのかも確認しましょう。

不動産会社を決める

ローン残債や自己資金などを確認した後、家の売却を担当する不動産会社を決めます。信頼できる不動産会社に依頼することで、高額売却も夢ではありません。

不動産会社によっては、住み替えローンを扱う銀行を紹介してくれるケースもあり、自身で探す手間を省けるでしょう。

住み替えローンを組む金融機関を探す

続いて、住み替えローンを取り扱う金融機関を見つけます。金融機関によって、金利のパーセンテージや金利タイプ、審査基準などが異なり、それぞれを比較して選ぶことが重要です。

審査に通過できないリスクも考えて、いくつか候補を選んでおくと安心です。条件を提示していない金融機関もありますが、審査基準の情報を収集し、審査が通過しやすい銀行を選ぶとよいでしょう。

住み替えローンに申し込む

金融機関を選んだら、住み替えローンを申し込み、事前審査を受けます。事前審査では、2〜3日ほどの期間で、年収などをもとにローンを返済できるのかチェックされます。

事前審査を通ると、信用保証会社による本審査があります。本審査は、事前審査よりも厳しく返済能力を確認され、期間も1〜3週間ほどと長めです。

融資を受ける

本審査に通過し、借入条件や内容を確認し契約を締結すれば、指定の口座に融資の振り込みがあります。契約内容で不明点があるときは、締結する前に必ず確認しておきましょう。

締結後に「返済年数が違う」「融資の上限額がおかしい」などのトラブルが起きないように、条件や内容を入念にチェックすることが重要です。

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら 

住み替えローンを扱っている銀行一覧

「色とりどりの銀行」

住み替えローンは、大手メガバンクだけではなく、地銀でも取り扱っています。住み替えローンを扱っている主な銀行は、以下のとおりです。

 

銀行名

商品名

特徴

りそな銀行

りそな住みかえローン

前年税込年収100万円以上などが条件

みずほ銀行

みずほ買い替えローン

家計収支に応じ返済額を変更できる「ライフステージ応援プラン」あり

三井住友銀行

住み替えローン

住宅ローン残高が0円になる保障などが豊富に用意されている

関西みらい銀行

住み替え住宅ローン

前年税込年収100万円以上などが条件

福岡銀行

住み替えローン

前年度税込年収250万円以上などが条件

横浜銀行

住宅ローン(お住み替え)

新居購入資金に加えて最大2,000万円まで利用できる

千葉銀行

住み替えコース

千葉銀行の住宅ローンを利用している場合は、それを返済することなく、新たに住み替えコースを利用できる

中央ろうきん

借換・買替ローン

前年税込年収150万円以上などが条件

 

※参照:

りそな住みかえローン│住宅ローン│りそな銀行

みずほ買い替えローン商品概要

住宅ローン WEB申込専用住み替えローン : 三井住友銀行

住みかえ住宅ローン

お住み替えをご検討中のお客さま | 福岡銀行

住宅ローン(お住み替え)

住み替えコース|住宅ローン|千葉銀行

借換・買替ローン(不動産担保型)

銀行によって、前年税込年収100万円以上と基準が低かったり、利用できる金額が高かったり、保障内容が充実していたり、特徴が異なります。

地銀の場合は、利用できるエリアが限定されているため、該当するのか事前に必ず確認しておきましょう。

 

住宅ローンと住み替えローンは同じ銀行で組める?

「はてなマークと木の家・人」

住宅ローンと住み替えローンは、原則、同じ銀行で組むことが不可能です。住宅ローンを組んだときより金利が下がった状態で借り換えをおこなうと、銀行側は利息による収入が減ってしまいます。そのため、借り換える場合は別の銀行を選ぶようにしましょう。

別の銀行で住み替えローンを組むときは、プランの詳細を確認することが大切です。条件面もチェックすれば、事前に対策できて審査を通過できるかもしれません。

 

住み替えローンを利用するときの注意点

「びっくりマーク」

最後に、住み替えローンを利用するときの注意点をご紹介します。

  • 売却と購入のタイミングを同日にする
  • 住宅ローン控除を適用させる
  • 新居探しを早い段階ではじめる
  • 信頼できる不動産会社に相談する

注意点①:売却と購入のタイミングを同日にする

住み替えローンは、売却と購入の決済日を同日におこなうことが条件となっています。そのため、通常の家の売買よりも、スケジュール調整が難しいです。

先に今住んでいる家の売却契約を済ませたとき、決済日までに新居を見つける必要があります。先に新居を見つけて契約した場合は、急いで売却活動しなければいけません。

短い期間で新居購入や売却活動をおこなうと、希望通りの売買にならない可能性があるため、スケジュール調整には細心の注意を払いましょう。

注意点②:住宅ローン控除を適用させる

住み替えローンは月々の返済負担が重くなるため、住宅ローン控除を受けるようにしましょう。住宅ローン控除とは、最大10年にわたって年末のローン残高の1%を所得税・住民税から控除できる制度のことです。

ただし、条件が合わなければ住宅ローン控除を受けられないため、不動産会社などに自分は該当するのか確認しておくと安心です。

注意点③:新居探しを早い段階ではじめる

住み替えローンでは、できるだけ早めに新居を探すことが重要です。今住んでいる家の売却契約が終わってしまうと、新居探しの時間が極端に減ってしまい、条件のよい新居を見つけられない可能性があります。

購入したい物件が見つかったときは、「買換え特約」をつけられないのか売主に確認を取りましょう。買換え特約は、今の家が売れないときに新居の契約を取り消せるため、住み替えローンが利用できないリスクを避けられます。

注意点④:信頼できる不動産会社に相談する

住み替えローンを組むときに最大限サポートしてくれるのは、不動産会社です。家の売却活動や新居購入、スケジュール調整、ローンの提案など、住み替えに関して幅広く支援してくれます。

だからこそ、不動産会社を選ぶときは、信頼できるのかどうか確認することが重要です。優良な会社に出会えれば、家が高く売れたり、充実したサポートを受けられたり、メリットが少なくありません

信頼できる不動産会社を見つけて、スムーズな住み替えを実現しましょう。

 

住み替えローンの基本をおさえて家を買い換えよう

住み替えローンを組むときに重要なのは、不動産会社と金融機関選びです。実績豊富な不動産会社に依頼すれば、今住んでいる家を高く売却でき、ローンの残りを減らせる可能性が高まります。

また、金融機関ごとに住み替えローンの条件やサポート内容が異なるため、審査の通りやすさやサポート内容を確認してから、銀行を選ぶようにしましょう。

手元に資金がない場合でも住み替えを実現できる住み替えローンを活用して、理想の新居を見つけませんか。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30