logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 家の売却期間の目安はどのくらい?!長期化する要因や平均内覧回数まで詳しく解説!

家の売却期間の目安はどのくらい?!長期化する要因や平均内覧回数まで詳しく解説!

2022.11.10
2022.11.14
家の模型の横にカレンダーが置いてある画像

家の売却を考えるとき、一般的にどのくらいの期間で売れるのかと気になる人は多いのではないでしょうか?

今回は、家の売却期間の目安について、気になるポイントを押さえながら詳しく解説していきます。

売却期間の目安を把握し、スムーズな売却を行えるように備えましょう。

cta-image-3  

 

家の売却にはどのくらいの期間が必要?

家の模型の上にはてなマークが浮かんでいる画像

家の売却には、一般的にどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

もちろん、家の売却にはさまざまなケースがあるため、一概に期間を特定することは簡単ではありません。しかし、平均的な売却期間を把握することで、売却に関する計画を立てやすくなるため、期間の目安を把握することはとても大切です。

まずは家の売却に通常必要とされる期間の目安を把握し、イメージを掴んでいきましょう。

 

売却に必要な期間の目安は6か月程度

家の売却に必要な期間の目安は、6か月程度であるとされています。ただし、これはあくまで一般的な期間の目安であり、早ければ2か月程度で売れる場合や、時間がかかれば1年以上かかる場合もあります。

家を売却する多くの場合、売り出し前に1か月程度売り出し中に4か月程度売り出し後に1か月程度の期間が必要です。いつまでに売却したいという理想がある場合は、必要な売却期間を逆算して計画を立てておきましょう

 

売却期間はケースバイケースであることを理解しよう

家の売却期間の目安を把握することは大切ですが、実際の売却期間はケースバイケースであることも理解しておきましょう。

実際に家の売却にどのくらいの期間がかかるかは、売却する家の状態や、売却する時期など、さまざまな状況の違いによって大きく左右されます。

6か月という売却期間の目安は、あくまで参考として把握することが大切なので、絶対に6か月後には売却できると決めつけないように注意しましょう。

 

家の売却の流れを掴もう

家の模型を手渡している画像

家の売却期間を考えるなら、まずは売却の流れを掴むことが重要です。家の売却は、大きく分けると、売り出し前、売り出し中、売り出し後の3つの期間に分けられます。

3つのそれぞれの期間において、しなければならないことが複数あり、要する期間も異なります。売り出し前から売り出し後までの大まかな流れを頭に入れておくことで、売却をスムーズに進められるので、今のうちにしっかりと流れを把握しておきましょう。

 

売り出し前

売り出し前の期間において重要なのが、家の売却価格を設定するための査定を受けるこです。

家を売却するためには、まず売り出し価格を決める必要があります。しかし、初めて家を売却する場合、どのくらいの金額に設定するのが妥当であるか、自分だけで決めるのは簡単ではありません。

価格を決める際は、複数の不動産業者へ査定を依頼し、適正価格の相場を把握しましょう。査定依頼を受ける中で、家の売却を任せられる不動産業者を見つけ、媒介契約を締結するまでが、売り出し前に行うべき作業です。

売り出し前の期間は、1か月程度を目安に行動すると良いでしょう。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

売り出し中

売り出し中の期間は、買い手を見つけるための活動をする期間です。例えば、ネット上で物件を宣伝したり、希望者がいれば実際に家を内覧させたりして、購入を検討している人へ家をアピールします。

家の宣伝については、基本的には売却を依頼する不動産業者が行うため、不動産業者とこまめに連絡をとって宣伝状況を確認するようにしましょう。また、内覧の予定が決まった際は、家の中をきれいに片付けて備えることも大切です。

売り出し中の期間は、4か月程度を目安と捉え、期間を長引かせないような行動を心がけましょう。

 

売り出し後

売り出し後の期間は、無事に買い手が見つかってから実際に家を引き渡すまでの期間で、主な作業は買主との売買契約の締結です。

売買契約を締結し、家を買主へ引き渡すためには、買主側の住宅ローンの手続きも必要になります。買主の住宅ローンの審査が無事に通り、引き渡しの時期が決まったら、早めに引越し作業を開始しましょう。

売り出し後の期間は、1か月程度を目安とし計画的に行動することで、よりスムーズに引き渡しを迎えられるでしょう。

 

売却期間が長引く要因

家の模型の背景に悩んでいる人が写っている画像

売却期間は、場合によって目安よりも長引いてしまうことがあります。ここでは、売却期間が長引く3つの要因を紹介します。

家を売却するとき、なるべく売却期間を長引かせたくないと考えるなら、長引く要因を事前に把握しておくことが非常に重要です。

また、既に売却活動をしていて実際に期間が長引いてしまっている場合も、ここで紹介する3つの要因を確認することで、これ以上長引かせないための対策が立てられるかもしれません。

だらだらと売却期間が長引いてしまわないために、しっかりと要因を押さえておきましょう。

 

不動産会社選びに失敗した

売却期間が長引いてしまう要因としてよくあるのが、不動産会社選びに失敗したというケースです。家の売却において、依頼する不動産会社選びは非常に重要なポイントといえます。

例えば、査定価格が高額であったという理由だけで不動産会社を選んだものの、家の売却実績が少なく営業力も低かったことに後から気づき、売却期間が長引いてしまったというケースは少なくありません。

不動産会社を選ぶときは、査定価格だけで判断せず、信頼して売却を任せられるかどうかをしっかりと見極めることを意識しましょう。

 

売り出し価格が高い

売り出し価格が高いという理由で、売却期間が長引いてしまうこともよくあります。

価格を決める際、できるだけ高く売りたいという気持ちが強く出てしまい、相場に対して高い価格に設定してしまうと、なかなか買い手が見つからなくなる可能性が高くなるので注意が必要です。

だらだらと売却期間が長引かないようにするために、相場を考慮した価格設定を心がけましょう。複数の業者で査定を受けて相場を把握しておくことが重要なポイントです。

 

物件自体に魅力がない

売却期間が長引いてしまう要因として、そもそも物件自体の魅力が欠けているということもあります。

例えば、築年数が古く設備が充実していない、間取りが使いにくい形をしている、駅からの距離が離れていて不便な立地にあるなどといったケースが考えられます。

売却期間を長引かせないためには、物件としての魅力をアピールすることが大切です。魅力不足で期間が長引いている場合は、人気の設備を新たに取り入れる工事をしたり人気の間取りに変更するリフォームをしたりすることも検討しましょう。

 

家を売却するまでの平均内覧回数は?

家の内覧をするカップルの画像

家を売却するまでの内覧回数は、6件程度が平均とされています。ただし、売却が決まるまでの内覧回数もケースバイケースであることを理解し、1つの目安として捉えることが重要です。

平均内覧回数は6件程度なので、10件以上内覧に対応しても売却が決まらない場合は、売り出し内容を見直すことを検討してみましょう。

内覧を何度も繰り返しても売却に至らない場合、ほかの売り出し物件に負けてしまっているポイントがある可能性があります。条件の類似したほかの売り物件を調査してみるのもおすすめです。

 

できるだけ早く売るためのポイント

家の模型を持った男性が人差し指を立てている画像

家の売却において、できるだけ早く売るためには、重要となるポイントを押さえておくことが大切です。ここでは、家をできるだけ早く売るための4つのポイント紹介していきます。

家の売却期間は、工夫次第で短くすることが可能です。売却期間がだらだらと長引いてしまえば、なかなか売却代金を得ることができず、気持ちに焦りも出てきて落ち着かない状況が続いてしまうでしょう。重要なポイントをしっかりと押さえて、できる限り早く効率良く売れるよう工夫しましょう。

 

価格設定の際は複数の業者へ査定依頼しよう

家をできるだけ早く売るために最初に心がけるべきポイントは、価格設定の際の査定依頼は複数の業者へ依頼するということです。

家の売却において価格設定は非常に重要なので、相場よりも大幅に高くしてしまうなどの失敗をしてしまうと、売却期間を長引かせる要因になります。

複数の業者へ査定依頼することで、査定額を比較することが可能になるため、価格の相場を掴みやすくなります。相場を正しく把握して、適正な価格設定を心がけましょう。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

売れやすいタイミングを狙おう

家を売り出すときは、売れやすいタイミングを狙うことで、より早くスムーズに売却できる可能性が高まります。

売れやすいタイミングとは、いわゆる不動産の繁忙期とされている2月、3月あたりの時期です。この時期は、転勤や進学などが重なる4月に向けて引越しを検討する人が多いことから、物件を探す人も増え、家の買い手を見つけやすくなります。

購入希望者が増える時期を狙って売り出すことで、より早く買い手を見つけることに繋がるでしょう。

 

内覧でアピールできるように準備しよう

売却期間を短くするためには、内覧の際にしっかりとアピールすることも非常に重要なポイントです。

内覧の際、家の中が散らかった状態だったり、汚れている状態だったりすると、内覧に来た人の購入意欲はあまり上がりません。しっかりと掃除され、きれいに整頓された状態で内覧を迎えられれば、家の魅力をアピールすることができ、購入したいと思ってもらうことに繋がります

内覧の予定が入ったら、余裕を持って掃除や片付けなどの準備をするように心がけましょう

 

買取り保証も検討しよう

できる限り早く売却したいと考える場合、買取り保証も検討してみましょう。

買取り保証とは、家を売り出してからある程度の期間が経過しても買い手が決まらなかった場合、不動産業者に買い取ってもらうことができる方法です。買取り保証を1つの選択肢として持っておくことで、売却期間がだらだらと長引くのを防ぐことが可能になります。

ただし、通常通り売却するケースに比べると、不動産業者が買い取る場合は売却価格が安くなってしまうため、予め理解しておくことも必要です。

 

売却に必要な期間を把握しておこう

家の売却を検討するときは、必要な期間を事前に把握しておきましょう。必要な売却期間を把握しておくことで、今後の計画を立てやすくなり、準備もスムーズに進められます。

家の売却は、人生の中で何度も経験するものではない重要なイベントです。今回紹介した売却期間に関するポイントをしっかり押さえて、後悔しない売却スケジュールを立ててみてくださいね。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30