logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 築20年のマンションの売却価格の相場や値下がり率を解説!

築20年のマンションの売却価格の相場や値下がり率を解説!

2022.11.11
2023.01.12
「築20年のマンションが立ち並ぶ様子の画像」
admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
大学卒業後、大手不動産仲介会社に入社、15年間で1,300組のお客様のお手伝いをした実績あり。 プロとして、お客様のニ ...続きを読む

いつまで住めるか分からない築20年のマンションの売却価格の相場や、値下がり率が気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、築20年のマンションの売却相場や、売却する時のポイントも解説します。築20年のマンションのメリットとデメリットもまとめているので、参考にしてください。

 

cta-image-3  

 

築20年のマンションは売却できる?

「マンションが売却できるか調べている様子の画像」

結論からいうと、築20年のマンションも売却可能です鉄筋コンクリートのマンションの寿命は120年ですが、定期的に修繕することで約150年住み続けられます

築20年のマンションでも、しっかりと修繕されていれば長く住み続けられるため、築20年のマンションを購入する方も少なくありません。

 

admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
築20年を超えると資産価値は下がってきます
マンションの資産価値は、築年数とともに徐々に低下します。築20年を超えると、マンションの資産価値は急激に低下することを覚えておきましょう。
築16~20年のマンションの値下がり率は31.6%ですが、築21~25年になると値下がり率は45.6%と大きく変化するので注意してください。
>>プロフィールはこちら

 

築20年のマンションの売却相場

「マンションの売却相場を調べている人の画像」

マンションの売却相場は、マンションの立地や管理状態によって異なるため、相場がいくらになるのか、はっきりとは分かりません。

マンションの売却相場は、築6~10年を超えると、低下し始めます。地域にかかわらず築21年以降のマンションの売却相場は大きく低下するため、なるべく早く売却活動を始めましょう。

 

マンション売却は築25年を意識すべき

築20年前後のマンションを売却するときは、築25年を超えてしまわないように注意しましょう。マンションの売却相場や成約率は、築20年を超えると急激に低下します。

マンションを少しでも高値で売却したい方は、少しでも早く売却活動を開始しましょう。マンションの売却時期が5年遅れるだけでも、売却相場が15%低下します。4,000万円で売却できるはずのマンションが、築25年を超えると3,440万まで低下してしまうため、注意が必要です。

 

admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
成約率は高いです!
築20年のマンションの成約率は、築6〜10年のマンションの成約率に次いで、高い水準をキープしています。
しかし、築20年を超えると、マンションの成約率も一気に低下するため、注意が必要です。
>>プロフィールはこちら

 

築20年のマンションのメリット

「立地の良い場所に立ち並ぶマンションの画像」

築20年のマンションにも、さまざまなメリットがあります。ここからは、築20年のマンションのメリットを解説していきましょう。

 

メリット①新耐震基準を満たしている

築20年のマンションは、新耐震基準を満たしています。新耐震基準とは、震度6強~7程度の地震でも倒壊しない水準であることが求められている耐震基準です。

建築確認日が1981年6月1日以降であれば、新耐震基準を満たしているため、築20年のマンションも適合対象となります。

 

メリット②固定資産税の負担が軽減

固定資産税の負担が軽減できるところも、築20年のマンションのメリットです。固定資産税は、建物の評価額によって変化するため、新築時よりも固定資産税の負担が安くなります

 

メリット③立地条件が良い物件が多い

築20年のマンションは、新築マンションよりも立地条件が良い物件が多いです。駅が近いエリアは数年前から開発されています。

既にマンションが建築されていることが多いため、立地を重視したい方をターゲットとして、マンションの売却活動を進められるでしょう。

 

築20年のマンションのデメリット

「マンションが売却できずに悩んでいる女性の画像」

築20年のマンションは、メリットばかりではありません。ここからは、築20年のマンションのデメリットを紹介します。

 

デメリット①競合物件が多い

築20年前後の築古マンションは多く売り出されています。競合物件が多いため、安い価格や立地が良いなどというアピールポイントが必要です。

立地や価格面でアピールできるポイントがなければ、築20年のマンションの売却は難しいでしょう。

 

デメリット②修繕費用がかかる可能性がある

築20年になると、法定耐用年数を経過している住設機器も増えるため、住設機器の交換が必要になります。法定耐用年数を経過したからといって、設備がすぐに壊れるわけではありません。

しかし、住設機器の故障が原因で、買主から値下げ要求される可能性もあります売却活動を始めるまえに、住設機器の状態を確認しておきましょう。

 

築20年のマンションを売却するときのポイント

「マンションの売却を不動産会社に相談している様子の画像」

築20年のマンションを売却するためには、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。ここからは、築20年のマンションを売却するときのポイントを解説していきましょう。

 

ポイント①高く売却できる不動産会社に依頼する

築20年のマンションを高値で売却したい場合は、マンションを高く販売してくれる不動産会社を探すことが不可欠です。

築20年のマンションは、住宅ローン控除も利用できるため、近隣住民だけではなく遠方から引っ越してくる人もターゲットにできます

地元の不動産会社だけではなく、大手不動産会社にも査定を依頼し、高く売却してくれる不動産会社を探しましょう。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら 

 

ポイント②必要に応じてハウスクリーニングを行う

築20年のマンションを売却する際は、必要に応じてハウスクリーニングを検討しましょう。家全体をハウスクリーニングする必要はありませんが、水回りなどの汚れが気になる部分を掃除するだけでも、内覧時に購入希望者に良い印象を与えられます。

 

ポイント③売却のためのリフォームはしない

築20年のマンションを売却するために、リフォームやリノベーションを検討する方も少なくありません。しかし、基本的に売却のためのリフォームは不要です。

築20年のマンションは安い価格で購入できるところがメリットですが、リフォームすると売却価格を高く設定する必要があります。購入者が手を出しにくい価格になってしまうため、リフォームやリノベーションは避けましょう。

 

ポイント④修繕が必要な部分は直しておく

築20年のマンションは、売却のためのリフォームは必要ありませんが、修繕が必要な部分は売却前に直しておきましょう。

壁や床の大きなへこみや家具のシミなどは、値引き要求の原因になりますまずは、傷やシミがある状態で不動産会社の査定を受け、修繕が必要かどうか判断してもらいましょう。

 

ポイント⑤マンションの瑕疵を告知する

築20年のマンションを売却するためには、マンションの瑕疵を告知しなければなりません。マンションを売却する際、不動産会社から「付帯設備表」と「告知書」の提出を求められます。

売主が設備の不具合を知りながら告知しなかった場合、契約不適合責任を免れることはできません契約不適合責任を問われないように、設備の不具合をしっかりと告知しましょう。

 

築20年のマンションの売却相場を確認しよう!

築20年のマンションの売却相場や値下がり率について、詳しく紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

築20年のマンションは、価格が安いだけではなく立地が良い物件が多いというメリットがあります。築20年のマンションの売却相場を確認して、マンションの売却活動を始めましょう。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。