logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 築50年のマンションは売却できる?売れない理由とは?高くうまく売るコツや注意点も紹介!

築50年のマンションは売却できる?売れない理由とは?高くうまく売るコツや注意点も紹介!

2022.10.21
2023.01.12
年季の入ったマンション
admin-avt-23
宅地建物取引士
庄司優世
大学卒業後、大手戸建分譲会社に新卒入社し、自社の新築戸建の仲介を担当。 今までの実績と経験を活かしながら、住宅購入の最 ...続きを読む

築50年超えのマンションを売却したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、築50年のマンションの資産価値や売れないといわれる理由を解説します。

築50年のマンションを高値で売却するコツや注意点もまとめているので、マンション売却の際は参考にしてください。

 

cta-image-3  

 

築50年のマンションは売却できる?

立ち並ぶ古いマンション

築50年以上経過しているマンションは売却できるのかどうか、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。実は、築50年以上経過したマンションも売却可能です。

マンションの価格は、建物価格と土地価格で構成されています。そのため、土地価格がゼロでない限り、築50年のマンションも売却可能です。

 

admin-avt-23
宅地建物取引士
庄司優世
資産価値は築0~5年と比べて50%ほど値下がりします
築21年目以降になると、資産価値は緩やかなペースで下落することが多いですが、築30年を超えると資産価値が1,500万円前後になります。
築50年のマンションの売却価格は、築0〜5年のマンションの売却価格に比べると、50%ほど値下がりしますが売却することは可能です。
>>プロフィールはこちら

 

築50年のマンションが売却できないといわれる理由

古い建物の階段

築50年のマンションを売却するためには、売却できない理由を知っておくことが大切です。ここからは、築50年のマンションが売却できないといわれる理由を解説します。

 

理由①旧耐震基準のマンションだから

1981年5月31日以前に建築されたマンションは旧耐震基準が採用されており、築50年以上のマンションは、2022年時点で旧耐震の建物に分類されます。

マンションは高層建築物でもあるため、耐震性を重視して購入する方も少なくありません。旧耐震基準のマンションを売却する場合はマンション全体で耐震診断を行い、耐震性を証明する必要があります。現在の耐震基準を満たしている場合は、売却時にアピールしましょう。

 

理由②住宅ローン控除が利用できないから

築50年のマンションは、住宅ローン控除が利用できません。住宅ローン控除とは、住宅ローンを組んで住宅を購入すると、所定の額が所得税から控除される制度です。

築25年を超えているマンションの場合、住宅ローン控除を利用できません。住宅ローン控除が利用できない物件は、節税できないという点から売却しにくいと言われています。

 

理由③住宅ローン審査が通りにくいから

築50年のマンションは、住宅ローン審査が通りにくいという理由で売却できない可能性があります。鉄筋コンクリート造の法定耐用年数は47年と定められているため、銀行は築50年のマンションの価値を0円で査定することが多いです。

土地の価値は残りますが、物件の価値が低くなると、住宅ローン審査が通りにくくなります。

 

理由④マンションの仕様が古いから

築50年のマンションは、セキュリティが重視されていない頃に建てられているため、マンションの仕様が古いです。オートロックやエレベーターが設置されていないマンションも多く、生活しにくいと感じる方も多いでしょう。

エレベーターやセキュリティ面は、リフォームしても解消されない問題となるため、売却しにくくなります。

 

理由⑤修繕費積立金が割高だから

マンションの修繕費積立金は築年数が古くなるほど高額になることが多いです。築45年を超える、建て替えの問題も発生するため、修繕費積立金が一気に跳ね上がります

修繕費積立金が高くなると、購入後の維持費も高くなるため、購入を希望する買主も少なくなるでしょう。

 

理由⑥管理組合が機能していないことがあるから

築50年以上のマンションは、管理組合が機能していない可能性があります。築50年以上のマンションは、居住者も高齢となっているため、理事の担い手がいません。

理事の担い手がいなくなると、修繕費や管理費の徴収が困難になります。管理が行き届かなくなり、空室だらけのマンションになると、さらに売却は難しくなるでしょう。

 

築50年でも売却できるマンションの特徴

立ち並ぶ高層マンション

築50年を超えたからといって、すべてのマンションが売却できなくなるわけではありません。ここからは、築50年でも売却できるマンションの特徴を解説します。

 

特徴①管理組合が機能している

管理組合が機能している場合、築50年のマンションでも売却できる可能性があります。管理組合が機能しており、積極的にマンションの整備や改良を行っている場合は、売却しやすいでしょう。

 

特徴②立地が良い

築50年のマンションでも、立地が良い場合は高値で売却可能です。立地やアクセスの良いマンションは、土地価格も高いため、築年数に関係なく売却しやすいといわれています。

 

特徴③リフォームされている

フルリフォームされているマンションは、売却しやすいです。売却のために、フルリフォームする必要はありませんが、過去5年以内にフルリフォームしていれば、売却しやすくなります

また、風呂やキッチン、トイレなどの水回りを部分リフォームしているマンションも売却しやすいです。

 

築50年のマンションを高値で売却するコツ

綺麗に清掃されたマンションの一室

築50年のマンションも高値で売却することが可能です。ここでは、築50年のマンションを高値で売却するコツを紹介します。

 

コツ①水回りのハウスクリーニングを行う

築50年のマンションのトイレや風呂、キッチンなどの水回りの汚れが目立ち、古臭さを感じる方も少なくありません。築50年のマンションを高値で売却したい場合は、水回りのハウスクリーニングを依頼しましょう。

 

admin-avt-23
宅地建物取引士
庄司優世
10万円以内でハウスクリーニングできます
依頼する場所によって異なりますが、高くても10万円以内で依頼可能です。水回りのハウスクリーニングをし、汚れを落としておくことで物件の印象は格段に良くなります。
ハウスクリーニングは、マンションの内覧前に実施してくださいね。 >>プロフィールはこちら

 

コツ②建て替え後に売却する

築50年を超えるマンションは、建て替えが行われる可能性があります。建て替えが行われる場合は、建て替え後に売却することで、高値で売却可能です。

しかし、建て替えは計画から完成まで何年もかかります。今すぐ現金が必要な場合は、建て替え前にマンションを売却しましょう。

 

コツ③ターゲット層を把握する

築50年のマンションを高値で売却するためには、ターゲット層を把握することが大切です。築50年のマンションを売却する際は、安く住宅を買いたい人をターゲットにすると良いでしょう。ターゲット層を把握することで、効率良く売却活動を進められるでしょう。

 

コツ④ホームインスペクションを依頼する

築50年のマンションを高値で売却するためには、ホームインスペクションを依頼しましょう。ホームインスペクションとは、専門家がマンションの欠陥や耐震性に問題がないか調査する住宅診断です。

ホームインスペクションを行うことで、買主にマンションの安全性をアピールできます。買主に良い印象を与えるために、ホームインスペクションを依頼しましょう。

 

コツ⑤信頼できる不動産会社に査定を依頼する

築50年のマンションを高値で売却するためには、信頼できる不動産会社に査定を依頼することも重要です。

築古マンションの販売実績があることはもちろん、売主に誠実に向き合う姿勢が感じられる不動産会を選びましょう。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

コツ⑥買取も検討する

築50年のマンションは、買取も検討しましょう。買取とは、転売を目的とした不動産会社に売却することです。築50年のマンションは、価格が安いことから、リフォームして転売する業者も少なくありません。

買取は不動産会社が下取り価格で購入するため、売却額は安くなります。築50年のマンションがなかなか売却できない場合は、買取を検討してみてください。

 

築50年のマンションを売却する際の注意点

マンションと鍵

築50年のマンションを売却するためには、いくつかの注意点を確認しておかなければなりません。

ここでは、築50年のマンションを売却する際の注意点を解説します。

 

注意点①売却するためのリノベーションはしない

売却のためのリノベーションは、逆効果になる可能性があります。リフォーム前に査定を依頼し、査定価格が0円でなければリノベーションなしで売却可能です。

リフォームを行うことで、マンションの売却価格が値上がりします。築50年のマンションは、なるべく安く住宅を購入したいと考える方が多いため、リフォームせずに販売価格を安くした方が売れやすくなるでしょう。

 

注意点②空き家や賃貸にしない

立地の悪いマンションの売却活動が進まないからといって、空き家や賃貸にしてはいけません。長期間空き家にしてしまうと、家の中が傷んでしまいます

また、賃貸にした場合は、投資家からリスクの高い物件と判断され、さらに売却しにくくなるケースも少なくありません。しかし、立地の良いマンションであれば、賃貸にしてから売却しても良いでしょう。

 

ポイントをおさえて築50年マンションを売却しよう!

築50年のマンションが売却しにくいといわれる理由や、高値で売却するコツについて詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

築20年目あたりにかけて、マンションの資産価値は急落しますが、築50年のマンションも売却可能です。ポイントをおさえて、築50年のマンションを売却しましょう。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。