logo
HOME ノウハウ マンション購入 ランキング・調査 【戸建てvsマンション】どっちがお得?資産価値が高いのは?正解を教えます!

【戸建てvsマンション】どっちがお得?資産価値が高いのは?正解を教えます!

2022.04.08
2022.11.11
一戸建てかマンションか

住宅を購入しようと考えたとき「戸建てとマンション、どっちがよいのだろうか」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

本記事では、戸建てとマンションについて、資産価値から住み心地まで、徹底的に比較していきます。

ぜひ、マイホーム選びの参考にしてみてください。

 

cta-image-6  

 

価格が安いのはどっち?

戸建とマンション。まず気になるのは、やはり価格ですよね。家を購入する場合、物件自体の価格のほかにも、諸費用やランニングコストなど、考慮すべき費用がたくさんあります。

一つずつ確認していきましょう。

 

物件価格は戸建てが安い

物件価格は、マンションの方が高くなっています。

一昔前は、マンションは戸建てよりも価格が安いと言われていましたが、近年、マンションの価格は上昇し続けており2010年頃から戸建の価格を追い抜くようになりました。

国土交通省が発表している不動産価値指数を見ると、マンションは1.7倍以上にも値上がっていることが分かります。

さまざまな要因からマンションの高騰はまだ続くといわれているので、今後もマンションは値上がり続けると思って良いでしょう。

 

諸費用はマンションが安い

諸費用とは、住宅を購入する際に物件価格以外にかかる費用のことをいいます。住宅を購入する際は、印紙税や登記費用、仲介手数料など、さまざまな費用がかかります。

 

初期費用は、住宅種別やそれぞれのケースにより変わってきます。一般的に諸費用がかかるのは注文住宅で、目安は土地・建物の合計金額の10%~12%です。

反対に諸費用がかからないのは新築マンションで、目安は物件価格の3%から5%となっています。

 

初期費用の目安

住宅種別

初期費用の目安

注文住宅

土地・建物の合計金額の10%~12%

建売住宅

物件価格の5%~7%

中古住宅

物件価格の6%~8%

新築マンション

物件価格の3%から5%

中古マンション

物件価格の6%から8%

 

ランニングコストは戸建てが安い

ランニングコストとは、住宅を維持・管理するためにかかる費用のことをいいます。具体的には、固定資産税や都市計画税、修繕費用や駐車場代のことです。戸建てとマンションでは、一般的には、マンションの方がランニングコストが高いといわれています。

これは、マンションには毎月修繕費用や管理費を積み立て、マンション全体の修繕計画に則って修繕する必要があることや、駐車場代が毎月かかることなどが理由となっています。

 

関連記事:
マンションの管理費の相場は?修繕積立金との違いは?支出を抑えるコツも伝授!

 

資産価値が高いのはどっち?

小銭入れを持って考える女性の画像

資産価値は、築年数が浅い場合はマンション、長期的に考えた場合は戸建ての方が高いといわれています。

その理由は、戸建の場合、建物の資産価値はゼロになっても、土地の価値は残り続けるためです。

マンションの場合は、建物自体の耐用年数が長いため、資産価値の下がり方は緩やかです。そのため、築年数が浅いうちはマンションの方が資産価値は高くなりますが、建物が古くなるにつれて資産価値は確実に下がっていくので、ある時点で戸建とマンションの資産価値は逆転することになります。

ただし、立地や修繕状況などによっても資産価値は変わってきますので、一概にどちらの方が資産価値が高いとは言い切れないということを覚えておきましょう。


関連記事:
不動産の資産価値とは?将来売却をするならマンション?戸建て?

 

cta-image-6

 

 

住み心地の満足感が高いのはどっち?

家族がリビングにいる様子

戸建とマンションには、それぞれに良さがあります。

こちらでは、住み心地について戸建てとマンションを比較していきます。

どちらの方が、自分がより満足感を得られるのかを考えてみてください。

 

広いのは戸建て

戸建てとマンションでは、一般的に広いのは戸建てです。

分譲マンションの平均的な広さは、概ね60㎡~70㎡です。対して戸建は、平均で100㎡ほどあるといわれています。

個人スペースが欲しいなど、居住スペースの広さを求めるのであれば、やはり戸建てを選ぶ方がよいでしょう。

 

通気性が良いのは戸建て

木造である戸建ての方が通気性は高くなっています。最近のマンションは非常に高機密となっているので、通気性はあまり高くないといえます。

ただし、現在は住宅の24時間換気が義務付けられており、家の空気は2時間で完全に入れ替わるようになっているので、マンションでもしっかりと換気は行われます。

ただし、高気密のマンションでは通気口を閉めてしまうと空気が全く入ってこなくなるので、通気口を閉じないように注意しましょう。

 

設備が充実しているのはマンション

設備の充実性は、やはりマンションが高いといえます。

マンションは、エントランスのオートロックや監視カメラ、宅配ボックスなど共用部分の設備が充実しています。

また、生ゴミを粉砕処理できるディスポーザーはマンションならではの設備です。

ただし、駐車場に関しては戸建ての方が充実度が高いといえます。

戸建ての場合は駐車スペースが付いていることが一般的です。マンションの場合は全住戸分の駐車場がなかったり、駐車場から自分の部屋までが遠い場合も多いですが、戸建ての場合は玄関から近く、場合によっては2台以上置くことも可能です。

駐車場の充実性を求める場合は戸建てを検討してみてもよいでしょう。


関連記事:
マンションの駐車場の抽選は当たらない?外れた場合の対処法を解説!

自然災害の安全性はマンションが高い

自然災害に対する安全性は、鉄筋コンクリートで作られているマンションの方が高いといえるでしょう。

最近建てられたマンションの多くは、制震・免震装置を備えられているため、地震にも強いといわれています。

また、マンションの上層階であれば、水害の直接的な被害も避けられます。

マンションの場合は、管理組合で非常食などの備蓄もされているので、あらゆる面で災害時には心強いといえるでしょう。

 

利便性が高いのはマンション

一般的にマンションは駅から徒歩5分ほどの立地に建てられることが多く、利便性が高いといわれています。

一方で、戸建は、駅から離れた静かな場所に建てられることが多くなっています。

利便性を重視するのであれば、マンションの方が良いでしょう。

 

戸建てがおすすめの人の特徴とは?

戸建ての画像

戸建てとマンション。それぞれに良いところがありますが、戸建てはどのような人におすすめなのでしょうか。

こちらでは、戸建てがおすすめな人の特徴についてお伝えしていきます。

自分が当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

 

小さな子供がいる家庭

戸建ての場合、家の独立性が高いので、マンションに比べて生活音程度の音ならば気にする必要がありません。
赤ちゃんの泣き声や、子どもが走り回る足音を気にしなくてもよいので、小さな子供がいる家庭や、将来的に子供を持ちたいと考えている人には、戸建てがおすすめです。

駅から遠い郊外でもいいからのびのび生活したい人

戸建ては駅からは遠くなりますが、静かで落ち着いた環境に立地している場合が多くなります。
駅近くのマンションのように、常に人の気配を感じることがないので、静かな環境でのびのびと生活したい人には、戸建てが向いているといえるでしょう。

ペットを自由に飼いたい人

戸建てでは、ペットを自由に買うことができます。独立性が高いので、鳴声などもマンションほど気にする必要もなく、ペットの種類や数も自由なので、動物が好きで多頭飼いしたいと考えている人などは戸建てを検討するとよいでしょう。

家族それぞれの個室がほしい人

戸建てはマンションに比べ平均で約1.5倍広いので、家族それぞれの個室を確保しやすいです。自分の部屋や書斎、趣味の部屋などが欲しいのであれば、マンションよりも戸建ての方が現実的でしょう。

 

マンションがおすすめの人の特徴とは?

マンションの画像

続いて、マンションがおすすめの人の特徴についてお伝えしていきます。

自分の生活スタイルに合っているかチェックしてみましょう。

 

利便性が高く都会的な生活をしたい人

マンションは、駅から近い場所に立地していることが多く、利便性に優れています。
商業施設や飲食店も周りに多くなるので、便利な環境で暮らしたい人には、マンションが向いているといえるでしょう。

 

駅から近くてセキュリティ対策の万全な家に住みたい人

マンションにはオートロックや監視カメラが付いているので、セキュリティが高いといえます。また、駅から近い場所にあることが多いので、夜に帰るときも安全といえます。
防犯面を意識する人は、マンションの方が向いているといえるでしょう。

 

管理費などを支払ってもいいから建物の管理やメンテナンスはお任せしたい人

マンションの場合、管理費を払う代わりに、マンションの設備管理やメンテナンスは、すべて管理会社が行ってくれます。
マンションの清掃や、ゴミの管理なども管理会社にお任せできるので、便利に暮らしたい人にはマンションがおすすめです。

階段のない暮らしがしたい人

マンションの多くはワンフロアとなっているので、生活動線がスムーズです。階段の上り下りなしで家事のすべてが完結するため、体に負担をかけずに生活することができます。
階段の上り下りが面倒と感じる人や、足に痛みを持っている人、お年寄りがいる場合などはマンションの方が住みやすく感じられるでしょう。


結論!戸建てとマンションはどっちを選べば良い?

戸建てとマンションを徹底的に比較してみました。
戸建てもマンションも、良いところがいっぱいです。どちらがより自分の生活スタイルに合うのかを考えてみてください。
大きなポイントは以下の3つです。


<戸建て>
・長期的な資産価値を重視する
・広さ重視
・音を気にせず暮らしたい


<マンション>
・将来住み替えを考えている
・利便性重視
・便利さ重視

 

自分が何を重視しているのかをしっかり考えて選んでみてくださいね。

 

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■物件購入セミナー
不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説します!ご希望があれば、セミナー後に個別でのご相談も可能です。

こんな方におすすめ:
・初めて物件購入する方
・基礎から身に付けたい方
・理想の住まいを見つけたい方

▶︎【無料】物件購入セミナーの参加申込はこちら

 

■チャットで気軽に相談
wednesdayに会員登録いただくと、コンシェルジュにいつでも気軽にチャットでご相談いただけます。会員登録はもちろん無料です。

▶︎【無料】会員登録はこちら

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。