logo
HOME ノウハウ マンション売却 売却の基礎知識 居住中物件は売れない?住みながら売却するメリット・デメリットを解説

居住中物件は売れない?住みながら売却するメリット・デメリットを解説

2022.09.06
2022.10.17

今住んでいる住宅を売却したい方の中には、居住中物件は売れないのでは?と考える方もいるのではないでしょうか。

実際には、住宅居住中物件でも、問題なく売却できます。

この記事では、住みながら売却する場合のメリット・デメリットを解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

cta-image-3  

住中でも物件は売却できる?

「住宅で説明する人」

住宅を売却する場合、一般的には空き家の方が売りやすいといわれますが、居住中でも売却は可能です。むしろ人が住みながら販売活動を行うケースのほうが多いといってよいでしょう。

空き家にするために急いで新しい住宅を購入すると、後で悔いを残す元になります。住みながら売却活動をする場合、引き渡し日までは居住できるため、じっくりと新たな住まい探しができます。したがって住みながら売却活動をしたほうが良い、と考える人もいます。

 

居住中の住宅を売却するメリット

「okマークの女性」

それでは居住中の住宅を売却するメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

資金を有効に活用できる

居住中物件の場合、住んでいる住宅を売ってから新しい住まいに引っ越しするため、資金の有効活用ができます。

先に新たな住宅を購入すると、居住中の住宅ローンと重複する場合もあります。しかし住みながら住宅を売却する場合は、住んでいた住宅の売却代金を新たな住宅の購入費用に充てられるため、資金を有効に活用できます。

 

内覧者に住宅の良さをリアルに説明できる

住みながら住宅を売却する場合、購入希望者が内覧する際には住宅の良さを居住者自ら説明できます。居住者が住まいや設備・周辺環境などについてリアルに説明できれば、説得力のあるアピールになるでしょう。

また、購入希望者が住宅を見たいと望んだ際には、直ちに対応し説明できるのも大きなメリットです。

 

引っ越しまで住む場合は仮住まいが不要

新たな住宅の購入より居住中の物件を先に売却できれば、仮住まいに掛かる費用は不要です。仮住まいにかかる費用は、敷金や礼金・家賃・仲介手数料・引っ越し費用などがあります。特に仮住まいに引っ越した後いくら経っても、住まいが売れないとなると仮住まい費用はかさんでしまうでしょう。

また、仮住まいが長期にわたる場合には、住民票の移動手続きをしなければなりません。その他、郵便物の転送手続きやライフラインの契約・運転免許証や保険証などの手続きが必要になります。したがって仮住まいにかかる費用や手間・労力を削減できるのも大きなメリットといえるでしょう。

 

居住中の住宅を売却するデメリット

「×表示をする女性」

居住中の住宅を売却する場合、メリットばかりではありません。デメリットもあるため、よく考えてどちらにするか選択しましょう。

 

内覧者の日程調整が難しい場合もある

居住中の住宅を内覧してもらう場合、居住者の意向だけでなく、内覧希望者や不動産会社の都合を調整する必要があります。特に複数の内覧希望者がいる場合、不動産会社と調整し内覧日を決めるのは、手間のかかる作業といえるでしょう。

また、売主が共働き世帯の場合は、夫婦のどちらかが会社を休んで内覧に立ち会わなければならないのもデメリットといえます。

 

住宅の掃除をしなければならない

住みながら売却活動をする場合、いつでも内覧の対応ができるよう、部屋をきれいに掃除し整理しておかねばなりません。部屋が乱雑だと、買いたいと考えている方の気持ちもなくなってしまいます。

購入希望者は良い物件だと考えると、いち早く部屋を見たいと希望するため、常に部屋を掃除し整理しておく必要があります。

 

居住中の住宅は、内覧希望者が敬遠することもある

購入希望者が良い住宅と思っていても、住んでいる人がいると内覧をためらう人もいるでしょう。また、居住者が内覧に立ち会うとなると、細部にわたってのチェックや質問はしにくくなりがちです。

したがって、住宅の所有者は内覧者が自由にみられるよう別室で待機するなどの配慮が必要になります。

cta-image-3  

居住中の住宅をうまく売却するための裏ワザ

「部屋の掃除をする人」

居住中の住宅をただ単に見せるだけでは、購入にはつながりにくいといえるでしょう。住宅を売却するには、住宅をよく見せるための配慮や努力が必要です。

 

内覧日までに掃除をしておく

隅から隅までピカピカに掃除する必要はありませんが、部屋の印象をよくするために部屋をある程度掃除しておかねばなりません。また不要な調度品などは目に見えないところに収納するか、処分して部屋をすっきり見せるようにしましょう。とくにキッチンや浴室・キッチンなどの水回りはかびやすく汚れやすいので、ハウスクリーニングしてもらうのも一考です。

 

住宅の良い点を説明する

住宅の内覧時には図面上だけでなく、居住者だからこそわかる物件の良さを伝えましょう

例えば日当たりや眺望・公共施設や学校までの距離・買い物の便利さ・交通機関の便利さなどは住んでみないとわかりません。住みやすさを積極的に説明すれば、内覧者の気持ちもきっと買いたいという気持ちになることでしょう。

 

仮住まい費用が発生しないようにする

居住中の住宅を売却する場合、入居者が決まると引き渡し時までに引っ越しして、住まいを明け渡す必要があります。そのため新居が決まっていないと、仮住まいに住まなければならないため、仮住まい費用が発生します。したがって仮住まいにならないよう、新しい住まい探しも並行して行うようにしましょう。

 

信頼できる不動産業者に売却を依頼する

居住中の住宅をできるだけ高く、早く売却するには、信頼できる不動産会社と仲介契約結ぶ必要があります。不動産会社といっても賃貸が得意な会社・住宅の売買を得意とする会社・管理を得意とする会社などさまざまです。

したがって、満足いく売却を実現するためには売買の実績が多い不動産会社を選んで契約しましょう。

マンションの査定を複数の会社に依頼し、その際の見積価格や接客態度などをみて決めましょう

 

リフォームは行わない

居住中の住宅を売却するためには、きれいに掃除しなければなりませんが、リフォームまで行う必要はありません。確かにリフォームをすると売りやすくはなりますが、リフォーム費用が掛かってしまいます。

リフォームにかかった費用を、売却価格に上乗せできれば良いですが、相場価格より高くなってしまうためそう簡単ではありません。購入希望者は自分の好みのリフォームをしたかった可能性もありますし、リフォームにより売却できるまでの期間も長くかかってしまうでしょう。

 

居住中の住宅の売却がうまくいかない場合は?

「上手くいかず嘆く人」

居住中の住宅の売却がうまくいかない理由は、売り出し価格が高い・広告活動が十分でない・内覧対応が良くないなどさまざま理由が考えられます。いろいろ努力しても売却につながらない場合には、不動産会社に「買取」を依頼するのも一つの方法でしょう。この場合不動産会社は買取って再販売するため、相場価格の7割程度になることを覚えておきましょう。

 

居住中のまま住宅を売却するのが向いている人

「住宅の写真」

居住中のまま住宅を売却した方がよいのは次のような場合です。

 

  • じっくり売却活動をして高値で売りたい人
  • 仮住まいの無駄な費用の発生を抑えたい人
  • 内覧の対応や掃除などの労力をいとわない人
  • 内覧希望者が現れた時に在宅し対応できる人
  • 内覧者に住宅の良さをアピールしたい人

 

手間や暇を掛けられる方は、住みながらじっくりと売却活動をすれば、そのメリットを享受できる可能性があります。逆に早く売却したい方は、引越しを先行した方がよいでしょう。

 

居住中の住宅を売却するメリットを十分に生かそう

空き家の売却とは異なり、居住中の住宅を売却する場合には、内覧者とよきコミュニケーションを作れるメリットがあります。住宅や設備の良さ、周辺環境の良さなどをさりげなく説明すれば、内覧者の好感度が上がり、「この人が住んでいる家なら購入したい」と思う方もいるでしょう。なお前提として、部屋の掃除が行き届いていないと、いくらコミュニケーションを作ろうとしても内覧者の好感度をあげることは難しいでしょう。



マンションの売却は専門家に相談しよう

マンションの売却は、手順も多く長期にわたる活動が必要なため大変です。マンションの売却を初めて行う方も多く、何から始めたらよいのかわからないことでしょう。したがって不明な点があれば、不動産会社や司法書士・税理士などの専門家に相談したほうが間違いなく確実に売却できるでしょう。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

 

 

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30