logo
HOME ノウハウ マンション売却 住み替え 住み替えで家が売れなかったら?売るための3つの対策や売れない時の対処法を解説!

住み替えで家が売れなかったら?売るための3つの対策や売れない時の対処法を解説!

2022.11.28
2023.03.03
SOLDのサインがある家

住み替えをするために家を売りたいけど、なかなか売れなかったらどうしよう…と不安になっている人も多いのではないでしょうか?

今回は、住み替えで家が売れない不安の解消方法についてご紹介します。住み替えをするなら、売却する前に売れない原因と対策について把握しておくとよいでしょう。

cta-image-3  

住み替え前に家が売れない不安を解消するには?

家の模型と鍵の受け渡しをする人

住み替え前の家が売れない不安を解消する方法は、主に次の3つです。

  • 買取保証をつける
  • 業者買取を検討する
  • 住み替えスケジュールを見直す

 

ここでは事前にできる対策について説明していきます。

 

買取保証をつける

買取保証をつけることで、確実に家を売ることができます買取保証とは、家を売りに出しても一定期間売れなかった場合、仲介を依頼した不動産会社に買い取ってもらう売却方法です。

あらかじめ買取価格を決めておくので、いくらで売れるかわからないという不安を解消できるというメリットがあります。ただし、仲介での売却方法よりも価格が低くなるのが一般的です。

売却と新しい家の購入を同時に進めることもできますが、購入資金が不足してしまう可能性があるので注意しましょう。

 

業者買取を検討する

確実に家を売るには、最初から不動産会社に買い取ってもらう業者買取を検討する方法もあります。仲介売却ではないので仲介手数料がかからない、短期間で売却できるなどが主なメリットです。

 

admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
売却価格が低くなるというデメリットもあります
買取保証と同じく、売却価格が低くなってしまいます。仲介売却を行い、途中で業者買取にすることも可能なので、確実に売れる方法の1つとして覚えておきましょう。 >>プロフィールはこちら

 

住み替えスケジュールを見直す

住み替える前の段階でスケジュールを見直してみるのもおすすめです。今住んでいる家を先に売却するのか、新しい家の購入を先にするのかなど、住み替え計画をもういちど見直してみましょう。

また、本当に住み替えが必要かどうかも検討してみてください。今の家をリフォーム・リノベーションすることで、住み替えの必要がなくなる可能性もあります。

住み替えを検討する理由や住み替えの目的についても見直してみるとよいでしょう。

 

住み替えで家が売れないとどうなる?

家の模型を前に相談する夫婦

住み替えしたいのに家が売れない場合、どうなるのでしょうか。住み替えの進め方には、先に今の家を売る「売り先行」と、先に新しい家を買う「買い先行」の2つがあります。

ここでは「売り先行」と「買い先行」の2つにわけて見ていきましょう。

 

売り先行の場合

売り先行とは、今住んでいる家を売却してから新しい家を購入する住み替え方法です。

売却金額がはっきりしてから新しい家を探すことができるため、予算を設定しやすいなどのメリットがあります。

しかし売り先行で家が売れないと、希望する物件を購入することができません。

住宅ローンが残っている場合は、返済を続ける必要があります。

また、住みながら売却活動を行っていると内覧対応に追われてしまい、時間や気持ちに余裕がなくなってしまうこともあるでしょう。

仮住まいで生活することも可能ですが、家賃などの出費が負担になる可能性があります。

 

買い先行の場合

買い先行とは、今住んでいる家を売る前に新しい家を購入する住み替え方法です。仮住まいを探す必要がなく、じっくりと新しい家選びをすることができるなどのメリットがあります。

ただし、住宅ローンを組んで新しい家を購入する場合、売却予定の家のローンとダブルで返済しなければいけません。いくらで売却できるかはっきりわからないため、資金計画を立てにくい点もデメリットといえるでしょう。

また、家が売れるまでは空き家状態が続くため、建物が傷んでしまう可能性もあります。


関連記事:
買い先行による買い替えで住み替えローンは利用できる?ローンを組むときの手順や注意点も紹介

住み替えで家が売れない!失敗の理由は?

タブレットを見る深刻そうな夫婦

住み替えたいのに家が売れない理由には、主に次の3つが挙げられます。

  • 売却価格が高い
  • 内覧対応に問題がある
  • 不動産会社が機能していない

 

ここでは家が売れない3つの理由についてみていきましょう。

 

売却価格が高い

なかなか家が売れないときは、売却価格が相場より高い可能性があります。

少しでも高く売りたいからと相場より高い金額にすると、購買希望者は物件の候補から外してしまうでしょう。

不動産会社が提示する査定金額だけでなく、条件が似ている物件の売り出し価格も参考にすることが大切です。


関連記事:
【2022年最新】マンションの売却相場をエリア別で紹介!相場より高く売却する方法とは?

内覧対応に問題がある

内覧対応に問題がある場合もなかなか売れないことがあります。内覧に来る人は物件を隅々まで確認して購入を検討しますが、掃除やニオイ対策が不十分だと良い印象をもってもらえません

また、内覧者からの質問に対して的確に答えられないと、候補から外されてしまう可能性があります。


関連記事:
マンション売却時の内覧で好印象を与える4つのポイントとは?事前準備や当日までの流れも解説!

不動産会社が機能してない

仲介を依頼している不動産会社に問題があって売れないこともあります。不動産のポータルサイトに掲載されている内容に魅力がなければ、購入希望者の目に留まりません。

また、担当者が積極的に売却活動を行っていない可能性もあるでしょう。

不動産会社選びに失敗すると、売れるはずの家が売れなくなることもあるので注意が必要です。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら 

 

住み替えで家が売れないときの対策は?

家の模型と電卓をたたく人

住み替えたいのに家が売れないときは、売れない理由に合わせて対策を考えましょう。

売れないときにできる対策は次の3つです。

  • 売却価格を下げる
  • 内覧対応を見直す
  • 不動産会社を変える

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

売却価格を下げる

家がなかなか売れないときは、まず売却価格を下げることを検討しましょう。売り出し価格が適正かどうか、同じような物件の相場を調べて比較してみてください。相場よりもかけ離れている場合は、金額を下げてみるのもひとつの方法です。

 

admin-avt-7
宅地建物取引士
小林輔
不動産会社に査定金額の根拠を説明してもらいましょう
もし不動産会社が提示する査定金額が相場よりも高い場合は、なぜ高いのか根拠を説明してもらいましょう。そのうえで、売り出し価格を設定しなおしてみることをおすすめします。 >>プロフィールはこちら

 
関連記事:
【2022年最新】今住んでいる家の売却相場はどれくらい?築年数・購入金額ごとに解説!

内覧対応を見直す

内覧の申し込みが来ているのになかなか売れない場合は、内覧対応を見直してみましょう。

内覧者に良い印象を与えるために、モデルルームのような雰囲気作りをするのもおすすめです。片付けや掃除、臭い対策を徹底し、家具や照明の配置を工夫をするとよいでしょう。

また、内覧者からの質問を想定し、あらかじめ答えを用意しておく方法もあります。

日当たり具合はどうか、周囲の騒音が気になることはないかなど、内覧者に質問されそうな内容をまとめておくとよいでしょう。

 

不動産会社を変える

不動産会社に問題があって家が売れないと感じたときは、思い切って別の不動産会社に変更するのも一つの方法です。

売却活動はしていても、ポータルサイトに掲載されている内容に魅力がなければ、なかなか問い合わせが来ない可能性もあります。

また、担当者の態度が悪い、進捗状況を報告してこない、説明がわかりにくいなど、担当者と「合わない」と感じることもあるかもしれません。家が売れるのを待つ間にストレスを抱えてしまうこともあるので、担当者や不動産会社の変更を検討するとよいでしょう。

ただし媒介契約の種類により、契約期間中は不動産会社の変更ができないこともありますトラブルを避けるためにも、どのタイミングで変更可能か把握しておくと安心です。

 

住み替え前に家が売れない原因と対策を確認しよう

この記事では、住み替えで家が売れない理由と対策についてご紹介しました。住み替え目的で家を売りに出しても、なかなか売れない可能性があります。

不安を感じないようにするには、確実に売れる方法を知っておくと安心です。住み替えをする前に、家が売れない理由と対策を確認しておくとよいでしょう。

不動産に関するお悩みを解決!

中古マンション・リノベーションを得意とする「wednesday」。物件の購入や売却、リノベーションのサービスを提供しています。

不動産の売買は人生において、とても大きなイベントです。だからこそ、「よくわからない」を無くして、安心して理想の暮らしを手に入れていただくためにセミナーや個別相談を実施しています。

不動産のプロであるwednesdayのコンシェルジュにお気軽にご相談ください。

 

■wednesdayの簡易査定

cta-image-3

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:
・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

 

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

 

■LINEで気軽に相談

wednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

不動産情報メディアの記事管理、編集を行う。 記事は不動産売買から家具やインテリアなど住環境に関する内容まで網羅。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。
風水ではトイレが重要!置いてはいけないものや運気アップの方法とは?
風水ではトイレは、運気を左右する重要な場所です。あなたが普段何気なく置いているものが実は、運気を下げているかもしれません。運気を上げるなら、まずはトイレから風水を取り入れてみませんか?今回は、風水的に置いてはいけないものや、運気アップの方法についてお伝えします。この記事を読めば、トイレの風水対策はバッチリです。
2022/10/11