logo
HOME ノウハウ マンション購入 ランキング・調査 家を買う一番良いタイミングはいつ?シチュエーション別でご紹介!

家を買う一番良いタイミングはいつ?シチュエーション別でご紹介!

2022.02.24
2022.12.09
家の模型を持つ夫婦の手

家を購入することは大きな買い物ですよね。

そのため、一般的な購入年齢は何歳なのか、20代の若いうちでも購入できるのか、など疑問に思うことが多いでしょう。

家を買うベストタイミングはいつなのか?本記事では、住宅別の購入平均年齢などをご紹介します。

家を買いたいけど、タイミングがなかなか掴めない!という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


  cta-image-2   

 

何歳で家を買うことがおすすめ?

「家を契約している画像」


ここでは「家を買うのに適している年齢」「住宅別・購入平均年齢」について見ていきます。実際に家を買っている人が何歳で購入しているのか、平均を把握しておきましょう。

関連記事:
何歳で家を買う人が多い?ベストなタイミングで家を買おう!

 

住宅購入適用年齢は30〜40代

住宅ローンの返済期間を考えると、家を買うのに適している年齢は30~40代です。住宅ローンの返済期間は最長で35年。短くても、20年ほどかけて返済する家庭がほとんどです。30~40代で家を購入しておけば、定年近くでローンを完済できる計算となります。

また、30~40代は20代より年収が上がっているケースが多いでしょう。定年まで十分な期間があり、収入も安定していれば、ローンの審査が通りやすくなります。

 

住宅別・購入平均年齢を解説

住宅の種類は大きく分けて5つあります。種類別に購入平均年齢を見ていきましょう。国土交通省が行った調査では、以下の結果が出ています。

 

住宅種類

購入平均年齢

注文住宅

38.9歳

分譲戸建住宅

37.4歳

分譲マンション

39.3歳

中古戸建マンション

43.8歳

中古マンション

45.0歳

表を見ると新築住宅は30代、中古住宅は40代が、購入平均年齢になっているとわかります。新築住宅は、中古住宅に比べると価格が高いため、早めの購入を検討する方が多いようです。

参照:国土交通省「令和2年度住宅市場動向調査報告書」

 

年代別・家を買う理由と知っておきたいポイント

「さまざまな年代の人の画像」

20~40代の家を買う理由と知っておきたいポイントを、年代別に見ていきましょう。

<20代>

20代の主な理由は、結婚による生活の変化へ対応するためです。20代で家を買うときは貯金が足りず、住宅ローンを組むにあたって、十分な頭金を用意できない可能性があります。共働き夫婦の場合は、ペアローンにすると審査が通りやすくなるので、検討するとよいでしょう。

 

<30代>

30代の主な理由は、子どもの入園や小学校入学による生活の変化へ対応するためです。30代で家を買うときは、子どもが転園・転校しなくてよいタイミングで引っ越しするよう心掛けると、子どもの心理的負担を減らせます。

 

<40代>

40代の主な理由は、子どもの進学による生活の変化に対応したり、自分たちの老後に備えたりするためです。40代で家を買うときは、老後も住み続ける可能性を視野に入れて、物件探しするとよいでしょう。

 

逆に家を買ってはいけない年齢はある?

ほとんどの場合、定年を迎えると収入が減ってしまいます。年金だけでローンの返済と家計を負担するのは、厳しい状態となるでしょう。定年付近で家を買いたいときは、資金計画に要注意です。

定年付近で家を買いたい場合、頭金を多めに用意してローンの金額を減らしたり、建物の購入金額を抑えて返済期間を短くしたりするなど、工夫が必要になってくるでしょう。

家を買うのに年齢制限はある?

住宅ローンは「20歳以上65歳未満で組むことができ、80歳までに完済する」と決められているケースがほとんどです。
住宅ローンを最長の35年にする場合、45歳までに組まなければ80歳で完済できません。45歳を1つの区切りとして考えておきましょう。

しかし定年後の収入は、不安定になる場合が多いので、80歳までずっと同じ金額を支払い続けるのは難しいです。なるべく定年までに完済できる状況が望ましいため、45歳までに早めの段階で、家を購入しておくとよいでしょう。



ライフイベントで見る|家を買うタイミング

「ライフプランを表した画像」

「結婚・出産・子どもの入園や入学・子どもの独立」など、代表的なライフイベント別に、家を買うタイミングを解説します。

それぞれメリットがあるので、自分たちに合う時期を選ぶとよいでしょう。

関連記事:
家を買うタイミングのおすすめはいつ?子どもの成長がカギ?7つのケースをご紹介!

 

結婚/妊娠したタイミングで家を買う

家を買うタイミングでもっとも多いのは、結婚または妊娠したタイミングです。パートナーと一緒にライフプランを立てながら家を選べる、よい時期といえるでしょう。

共働き夫婦であれば、ペアローンを組める可能性があります。ペアローンは、単身でローンを組むより借入額を増やせるほか、夫婦それぞれで住宅ローン控除を受けられるようになります。

借入額を増やしつつ、節税効果も期待できるのは嬉しいポイントです。

 

出産したタイミングで家を買う

出産したタイミングで、家を買うのもおすすめです。家族が増えたことで、今暮らしている空間を手狭に感じるケースも多いでしょう。

出産したタイミングで家を選ぶと、子どもが通う小学校や中学校などの学区を、入学前に選定できます。

子ども部屋を含めた間取りや、家の広さにも配慮しつつ、教育環境も選びやすいのは大きなメリットです。

 

子どもが幼稚園/保育園に通うタイミングで家を買う

子どもが入園する時期に、家を買う家庭も多いです。

入園の時期に合わせて家を買うと、同じ幼稚園/保育園から、同じ小学校へ入学する友達ができやすくなります。子どもが小学校へ入学するときの緊張感を、和らげられるでしょう。

また、賃貸で子育て向き物件を探すと、数少ないうえに家賃も高くなりがちです。マイホームのほうが月々の支払金額を抑えつつ、理想的な子育て環境を作りやすくなります。

子どもが小学校/中学校に通うタイミングで家を買う

子どもが進学するタイミングで家を買うと、在学中に転校しなくて済みます慣れ親しんだ環境や友達と離れずに済むので、子どもの負担を軽減できるでしょう。

また、入学準備をする年度末は、引っ越しする人が多い時期。不動産市場が活発になるため、物件がたくさん出回りやすくなります。売れやすい時期である分、値下げ交渉しにくい面もありますが、理想通りの家と巡りあえる可能性は上がるでしょう。

子どもが独り立ちするタイミングで家を買う

子どもが独り立ちするタイミングで、家を買う家庭も増えています。夫婦の老後に備えて、終の棲家を選ぶケースです。定年までの期間が少ない場合や、定年後に家を購入する場合は、老後資金と住宅費のバランスに注意しましょう。

無理のない支払金額を決め、予算内でバリアフリー設計を取り入れたり、趣味を楽しむ空間をつくったりすれば、快適な老後を過ごせます。



貯金額で見る|家を買うタイミング

「貯金額を計算する人の画像」

家を買うときにかかる費用の、おおよその相場や、引っ越しのために用意しなくてはいけない金額の目安がわかると、安心できますよね。

ここでは、家を買うにあたって安心できる貯金額や、購入時にかかる費用を解説します。

 

安心できる貯金額とは?

家を買うときは土地・建物の購入金額のほか、頭金や諸費用などがかかります。諸費用とは、印紙税をはじめとする税金類・火災保険料・登記手続きに必要な費用などの総称です。
頭金や諸費用は原則、現金で用意する場合が多いため、その分の貯金を用意しておくとよいでしょう。

また、住宅購入後は引っ越し費用がかかるほか、日々の生活費も必要になります。そのため、頭金や諸費用に加えて、半年分ほどの生活費を用意しておけると安心です。

家を買うのに必要な手続きと費用とは?

家を買うときには、物件価格のほか「頭金・手付金・諸費用・仲介手数料・購入後の維持費」などの費用がかかります。

新築の場合、相場は次の通りです。

 

  一戸建て マンション
頭金 物件価格の15~20%程度 物件価格の10~15%程度
手付金 物件価格の5~10%程度 物件価格の5~10%程度
住宅ローン 年収の5~7倍が目安 年収の5~7倍が目安
諸費用 物件価格の5~10%程度 物件価格の3~5%程度
仲介手数料 売買価格×3%+6万円+消費税 売買価格×3%+6万円+消費税
購入後の維持費

・固定資産税

・修繕費として毎月徴収されるものはない

・固定資産税

・修繕積立金と管理費(計2~3万円程度)

手付金は物件の売買契約をするときに、契約した証拠として現金で支払います。

また、不動産会社を通して家を購入した場合、仲介手数料も必要です。仲介手数料は一般的に、上記の計算方法で割り出されます。しかし、会社によって30万円・50万円など定額としているケースもあるようです。

 

■諸費用を節約したい方向けのおすすめ資料
▶︎無料でダウンロードはこちら

cta-image-9  

2022年、家は買い時?

「積み重ねたコインの上に2022の数字を置く手の画像」


不動産市場は、社会情勢に影響されます。2022年は家の買い時なのか、気になりますよね。

結論から言うと、2022年、家は買い時と考えられます。その理由を、マンションの供給戸数と価格推移から見ていきましょう。

マンションの供給戸数からみる

新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークが盛んになりました。家にいる時間が増加したため、より快適な住まいを求めて、マンションの購入を検討する人も増えています。

郊外を中心にマンションの人気が高まり、不動産市場は活発となっている状況です。そのため、マンションの供給戸数は、やや増加傾向になると予測されています。供給戸数が増えることで、希望に合う物件と巡りあえる可能性は上がるといえるでしょう。

関連記事:
【2022年最新版】今後のマンション供給戸数まとめ|マンションは今が買い時?

 

マンションの価格推移からみる

国土交通省の資料によると、マンションだけが大きく価格上昇しています。

参照:国土交通省「不動産価格指数(住宅)(令和3年8月分・季節調整値)」

コロナ禍による新しい生活様式へ対応するべく、住宅の購入ニーズが高まっています。そのため、マンションを中心とする不動産の価格は、今後も上昇していくと予想されるでしょう。

また、2021年には東京オリンピックが開催されました。オリンピック後は一時的に景気が後退し、わずかながら不動産の価格も下がる傾向にあります。

不動産市場が活発化するなか、一時的でも価格が下がる可能性のある2022年は、物件の買い時といえるでしょう。


関連記事:
今後の住宅価格はどうなる?家を買っても大丈夫?社会情勢による影響は?

【2022年版】最新の住宅価格推移まとめ|今後の不動産の動向をわかりやすく解説!

今後のマンションの価格推移は?2022年は売り時?買い時?

 

家を買う前に準備すべきこととは?

「家の話し合いをする夫婦の画像」


ここでは、家を購入する前に準備すべきことについて、「立地・家の構造・不動産会社」という3つの観点から解説します。

立地のこと

家を買うときは、立地についてよく調べておきましょう。同じ間取りや広さでも、周辺環境によって価格が大きく変化するからです。

立地条件は「駅が近いか」「スーパーや薬局が近いか」など、生活の利便性に影響するのはもちろん、子どもの学区にも関わってきます。学校への通いやすさ治安なども含めて、生活に合った立地条件の家を探すようにしましょう。

家の構造のこと

「一戸建てかマンションか」「間取りや広さはどうするか」など、家の構造について話し合っておきましょう。

一戸建ては自由度が高く、マンションは利便性が高いです。自分たちのライフプランに合うのはどちらかがわかると、スムーズに家を選べるでしょう。

一戸建てとマンションの気になるポイントを比較しました。家選びの参考にお役立てください。

 

 

一戸建て

マンション

間取り・広さ

・間取りを自由に決められる

・2階建ての場合、マンションの倍近い広さ

・ワンフロアで間取りが決まっている

・生活動線が短く効率的

設備

・必要な設備だけ自由に選べる

・防犯のために工夫が必要

・共用設備を自由に使える

・オートロックなど防犯設備が整っている

防音性

・室内の音は外部へ響きにくい

・室内の音は外部へ響きやすい

・隣接した部屋への配慮が必要

立地

・住宅街に建てられることが多いため、車を使いやすい

・駅の近くに建てられることが多いため、公共交通機関を使いやすい

メンテナンス

・毎月の徴収はないが、修繕するときは実費

・毎月、管理費と修繕積立金を徴収される

リフォーム

・制約はほとんどなく、自由度が高い

・制約が多いため、管理者への確認必須



不動産会社のこと

仕事や家事育児をしながら、家の情報収集に勤しむのは大変です。不動産会社の力を借りれば、自力で情報収集するより、効率よく希望に合った物件と出会えます。

しかし、最初から1社に絞って相談してしまうと、相場より高いなど悪条件な物件を勧められた際に気付けません。

不動産会社を選ぶときは、複数社の話を聞き、営業担当との相性も加味しながら選ぶようにしましょう。



家を買うリスクとは?

「リスクのブロックをつまみ上げる手の画像」

ここでは、家を買うリスクについて解説します。

  1. 住宅ローンが負担になる
  2. 急な引っ越しはできない
  3. 理想の売却ができないことがある
  4. 修繕費用がかかる
  5. 固定資産税がかかる
  6. 災害に備える費用がかかる


リスクをきちんと把握し、備えておけると安心です。

リスク①:住宅ローン(頭金・利子など)が負担になる

住宅ローンを組むときは、頭金や諸費用を現金で用意するケースが多いです。また、ローンには利子があるため、総額で考えると、物件価格以上の金額を返済しなくてはいけません。

無理に多額の頭金を用意したり、毎月の返済金額を多くしすぎたりすると、住宅購入費が家計を圧迫して苦しくなります。

住宅ローンを組むときは、世帯収入から無理なく払える金額で組むようにしましょう。

リスク②:急な引っ越しはできない

家を購入すると、急な引っ越しはできなくなります。引っ越すためには、住宅ローンの残額を返済しなくてはいけないほか、売却手続きに手間がかかるからです。

購入した家に、30年以上住み続けるケースも十分考えられます。家を買うときは、長期的な視点で家族とライフプランを話し合い、周辺環境もしっかりチェックしたうえで、購入することが大切です。

リスク③:理想の売却ができないことがある

家の売却時に理想的な売値がつかず、損をするケースもあるでしょう。住み替えを検討しているのであれば、あらかじめ資産価値の高い家を購入しておく必要があります。資産価値は立地条件や築年数など、さまざまな要因で左右されるもの。自力だけで資産価値の高い物件を探すのは、難しいでしょう。

不動産会社へ相談し、専門知識を有したスタッフにアドバイスをもらいながら探すのがおすすめです。

リスク④:修繕費用がかかる

一戸建ての場合、家の修繕費はすべて実費負担となります。マンションの場合は、管理費と修繕積立金を毎月徴収されるでしょう。

一戸建ては10年以上経過すると、水回りの修理や壁の塗り替えなどが必要になります。マンションの修繕積立金は、築年数が上がるにつれて、上昇するケースがほとんどです。

家を買うときは、修繕費用がかかることを、あらかじめ視野に入れておきましょう。

リスク⑤:固定資産税がかかる

賃貸に住む場合は、基本的に家賃の支払いだけで済みます。しかし持ち家になると、ローンに加えて、税金がかかってくるのです。

固定資産税とは、土地や建物を購入したときに、市町村へ納める地方税のこと。対象となる物件の評価額によって、税額が左右されます。不動産会社に問い合わせると、おおよその金額を教えてもらえるでしょう。家を決めるときは、税額も考慮して選ぶと安心です。

 

リスク⑥:災害に備える費用がかかる

日本は自然災害が多い国なので、災害への備えも忘れてはいけません。家を買うときは、地震保険や火災保険に加入する費用が必要です。ローンや固定資産税とあわせて、災害保険へ加入する費用を念頭に置いておきましょう。

また、住むエリアを決めるときにハザードマップをチェックして、できる限り災害リスクの少ない地域を選ぶことも重要です。

 

関連記事:
家を買うリスクにはどんなものがある?知らないと損するかも!

 

 

家を買う理由とは?

「家の模型の上にクエスチョンマークが浮かんだ画像」

ここでは、家を買う主な理由について紹介します。

  1. 資産になるから
  2. 隣人を気にせず暮らせるから
  3. 老後の住まいの心配がないから
  4. 家賃を払い続ける必要がないから

リスクもある分、大きなメリットもあります。どちらも把握しておきましょう。

家を買う理由①:資産になるから

純粋な利益を出せるケースはまれですが、持ち家は将来的に売却できます。しかし賃貸物件は、自分が貸主でない限り売却できません。そのため多くの人にとって、賃貸よりも持ち家のほうが、資産になるといえるでしょう。

「交通の便がよい」「人気なエリアである」などのように、条件次第で売却のしやすさは変わります。専門家にアドバイスをもらいながら物件を探し資産性の高い家を購入しておくとよいでしょう。

家を買う理由②:隣人を気にせず暮らせるから

賃貸では、隣人の生活音に悩まされることもあります。また逆に、子どもが生まれたことで泣き声が周囲へ迷惑をかけないか、気に病んでしまうケースもあるでしょう。

一戸建てを購入すれば、周囲と自分が立てる音を、どちらも気にせず暮らせます。

分譲マンションも家族用の間取りならば、アパートや賃貸マンションより、広い物件が多いです。壁を伝って生活音や子どもの声が響き渡り、騒音トラブルとなる心配を減らせるでしょう。

家を買う理由③:老後の住まいの心配がいらないから

老後を安心して暮らすために、家を買う人も増えています。定年後に、働き世代だったころと同じ家賃を負担し続けるのは、大変だからです。

賃貸住宅に住み続けると、家賃や管理費などをずっと払い続けなくてはいけません。しかし持ち家は、住宅ローンを完済すれば、家賃の支払いがなくなります

長く住み続けられる家を購入することで、老後のお金の心配を軽減できるでしょう。

家を買う理由④:家賃をずっと払い続ける必要がないから

賃貸住宅は退去するか亡くなるまで、家賃や管理費、修繕積立金などを払い続ける必要があります。また、2年に1回ほどのペースで、契約更新料を払わなくてはいけない物件もあるでしょう。

それに対して、持ち家はローンを完済すれば、家賃がかからなくなります。そのため長期的な視点で見ると、賃貸より金銭負担を減らせる場合があるのです。


関連記事:
家を買うべき5つの理由とは?マイホーム購入を決意した決め手をご紹介

 

家を買うときの注意点とは?

「家の模型と虫眼鏡の画像」

家を買うときは、ライフプランに合ったタイミングを選ぶことが、何よりも大切です。買い時を見極めようとするあまり、無理に現状の生活を続け、不便を感じてしまうケースもあります。自分たちにとって購入したほうがよいタイミングを、逃さないようにしましょう。

また逆に、営業担当から「早く買わないと売れてしまう」などと急かされ、焦って購入するのも危険です。ライフスタイルに合わない家を購入し、後悔する可能性があります。

「家の購入に最適なタイミングは、家庭によりそれぞれである」ということを念頭に置き、自分たちに合ったタイミングで購入するようにしましょう。



自分に合ったタイミングで家を買おう

住宅ローンの返済期間や収入面を考えると、30~40代が家を買うのに適したタイミングといえます。

不動産市場は社会情勢によって左右されますが、買い時ばかり気にしていると、ライフプランに合った時期を逃す恐れがあるでしょう。

家族の暮らしやすさを第一に考え、結婚や妊娠出産、子どもの進学や独立など、生活の変化に合ったタイミングで購入することが大切です。

 

■中古マンション購入を検討中の方におすすめセミナーがあります!

cta-image-2  

不動産のプロが中古マンションの購入の流れや物件の探し方、資金計画までをわかりやすく解説。

「中古マンションを購入してリノベーションしたい」「リノベーション済の中古マンションを購入したい」方や、「住宅ローンやお金のことがよくわからない」方におすすめのセミナーです。

参加費無料で、参加方法はオンライン・来社どちらでも可能!個別相談参加でAmazonギフト券をプレゼント!

中古マンションの選び方のポイントや、あなたにぴったりの暮らしを叶える物件選び・探しまでサポートしますので、まずはご参加ください♪
▶︎物件購入のノウハウが100%手に入るセミナーの申込はこちらから!


物件探しで具体的なお悩み・相談内容がある方は個別相談にお申し込みください。
▶︎今ならAmazonギフト券が貰える◎超お得な個別相談の参加申込はこちらから! 

航空業界に2年間勤めた後、不動産が好きすぎて2021年にMUSUBUに入社。月間90本MUSUBUメディアのwednesdayとTSUNAGUの構成考案と執筆を務める。絶賛宅建勉強中のライター兼編集者。趣味はルームツアーのYouTube動画を見ること。

その他のお役立ち情報

【2023年最新】マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?割増金制度についても解説!
NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのかなどと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?また、4月に導入される割増金制度について詳しく知りたい方もいるでしょう。本記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、不払い時の割増金制度について解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30
マンションで住んではいけない階とは?1階〜最上階の特徴をご紹介!
マンションに住む場合「何階」を選べばよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。同じ間取りでも階が違えば、住み心地が変わるため慎重に選ぶべき条件の一つといえるでしょう。本記事では、「1階」「低層階」「高層階」「最上階」それぞれのメリット・デメリットなどについて解説します。今後マンションに引っ越す予定がある方は、ぜひ参考にしてください。