logo
HOME ノウハウ マンション売却 お金 マンションの売却で戻ってくるお金は?必要な費用やお金の流れも解説!

マンションの売却で戻ってくるお金は?必要な費用やお金の流れも解説!

2022.10.21
2022.11.29

マンション売却では様々な費用がかかりますが、一方で戻ってくるお金があることはご存知でしょうか。

今回は、マンション売却で戻ってくるお金にはどのようなものがあるのか、また、マンション売却にかかる費用やお金の流れを解説します。マンションの売却を検討しているかたは是非参考になさって下さい。

cta-image-3  

 

 マンション売却で戻ってくるお金は?

家の模型とコインが木製の天秤にかけられた画像

マンションを売却した際に、戻ってくるお金には次のものがあります。

 

  • 火災保険料(地震保険料)
  • 住宅ローン保証料
  • 固定資産税・都市計画税

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

火災保険料(地震保険料)

マンション購入時、万が一に備えて加入するのが火災保険と地震保険です。住宅ローンの契約条件の中にも火災保険の加入があるため、ほとんどの方が火災保険に加入します。

マンション購入における火災保険は、基本的に長期一括払いで契約していることがほとんどで、マンションの売却時に火災保険を途中解約することで払いすぎた保険料が戻ってきます。

ただし、保険会社に自ら連絡し、保険解約を申し出る必要があるので注意しましょう。

 

住宅ローン保証料

マンション購入のために住宅ローンを利用する場合、保証会社へ住宅ローン保証料を支払う必要があります。住宅ローン保証料は一括払いか分割払いかを選ぶことができ、もし、一括払いで支払っている場合は、残りの期間分のお金が戻ってきます

住宅ローン保証料の返済手続きは、マンションを売却したら銀行で住宅ローン抹消手続きの際に合わせて返済額を計算してくれるので、火災保険とは異なりうっかり忘れてしまうということはありません。

 

固定資産税・都市計画税

マンションを所有している場合、固定資産税・都市計画税を納める義務があります。

一年間の固定資産税・都市計画税を納税する義務があるのは、毎年1月1日の時点での所有者です。そのため、一年の途中でマンションを売却をしたら、残りの期間分の固定資産税・都市計画税は買主が売主に支払うことになります。

固定資産税・都市計画税を引き渡し日以降の日数で日割り計算したものが、戻ってくる金額です

ただし、中部、関西では4月1日が起算日であったりと、地域によって精算方法が異なる場合があるため、詳細は不動産会社に確認するようにしましょう。

 

マンション売却で戻ってこないお金

家の模型と電卓で計算する男性

マンション売却で戻ってくるお金がある一方、戻ってこないお金もあるので注意しましょう。下記の2つは戻ってこないお金です。

 

  • 管理費
  • 修繕積立金

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

管理費

管理費とは、マンションの共有部分の水道光熱費、清掃・点検など、マンションの管理に使用されている費用のことを指します。管理費はマンションの管理組合の運営のための必要な資金です。

支払った管理費、管理組合の財産となり返金の義務はないため、マンション売却時に戻ってこないものと考えましょう。

ただし、マンションの管理規約によっては日割りで精算された管理費が戻ってくる場合もあります。その場合、精算内容は不動産会社に任せて問題ないですが、念の為ご自身でも確認することをおすすめします。

 

修繕積立金

修繕積立金とは、マンションの共有スペースや敷地などの定期的または不測の事態による修繕、大規模な工事にあてる費用のことです。

マンションの大規模修繕がまだ行われておらず、まだ使われていない修繕積立金は、マンション売却時に戻ってくると思っている方も少なくありません。

しかし、修繕積立金も先述した管理費と同様、戻ってこないお金なので注意しましょう。また、管理費と同じく念の為、マンションの管理規約を確認することをおすすめします。

 

マンション売却にかかる費用は?

木製の家の模型と疑問符

これまでマンション売却で戻ってくるお金をご紹介しましたが、反対にかかる費用はどのようなものがあるのでしょうか。マンション売却にかかる費用には主に以下のものが挙げられます。

 

  • 必要経費
  • 収入印紙代
  • 仲介手数料
  • その他にかかるお金

 

それぞれの費用を詳しく解説していきます。

 

必要経費

マンションを売却するにあたって必要な経費がいくつかあります。売却したマンションの住宅ローンが残っている場合、銀行にローン一括返済手数料を支払う必要があります。ローン一括返済手数料の相場は都市銀行であれば1〜2万円程です。

また、売却したマンションの住宅ローンが残っている場合、抵当権の抹消のための登録免許税が発生します。登録免許税はマンションの場合、1室2,000円です。抵当権抹消は司法書士に依頼することがほとんどで、費用は司法書士報酬と合わせて1〜2万円程が相場です。

 

収入印紙代

マンション売却時に作成する「不動産契約売買書」は、課税文書にあたります。そのため、納税する必要があり、売買契約書に収入印紙を貼り消印することで税金を納めることが可能です。印紙税はマンションの売却金額に応じて税額が異なります。税額は下記の表を参考になさってください。

なお、平成26年4月1日から令和6年3月31日までの期間に作成された不動産契約売買書の場合、印紙税には軽減税率が適用されます。

※下記の表では軽減税率適用後の印紙税を記載

契約金額 税額
10万円を超え 50万円以下のもの 200円
50万円万円を超え 100万円以下のもの 500円
100万円を超え 500万円以下のもの 1千円
500万円を超え 1,000万円以下のもの 5千円
1,000万円を超え 5,000万円以下のもの 1万円
5,000万円を超え 1億円以下のもの 3万円
1億円を超え 5億円以下のもの 6万円
5億円を超え 10億円以下のもの 16万円
10億円を超え 50億円以下のもの 32万円
50億円を超えるもの 48万円

引用:不動産の譲渡、建設工事の請負に関する契約書に係る印紙税の軽減措置‐国税庁HP

収入印紙を貼る必要があるのに貼っていなかったり、消印がない場合、過課税として3倍の額が課されるので注意しましょう。

 

仲介手数料

マンションの売却を不動産会社に依頼し成立したら、不動産会社へ仲介手数料を支払います。仲介手数料の上限はマンションの売却価格によって異なります。仲介手数料の上限は次の通りです。

売却価格 仲介手数料の上限(別途消費税)
200万円以下 売却価格の5%
200万円超え400万円以下 売却価格の4%+2万円
400万円超え 売却価格の3%+6万円

例えば、マンションの売却価格が2,000万円だった場合、仲介手数料の上限額は712,800万円となります。

 

その他にかかるお金

これまでにご紹介した費用の他にもマンション売却にかかるお金があります。例えば、ハウスクリーニングを行う場合、クリーニング費用が必要です。費用はクリーニング会社や実施する範囲によって異なります。一般的に水回りのクリーニングは行うことがほとんどで、費用相場は5〜6万円程です。

その他にも、リフォームを行う場合にはリフォーム費用がかかります。また、新居への引越し費用新生活の準備費用で数十万円はかかるので忘れずに準備しておきましょう。

 

マンション売却時のお金の流れは?

電卓に置かれた家のキーホルダー

ここからは、マンション売却時にどのタイミングでお金の支払いが必要なのか、またお金を受け取るタイミングについて解説します。

売主が最初に受け取るお金は、売買契約時の手付金です。手付金の相場は、マンションの売却価格の5〜10%でしたが、最近では100万円とするのが一般的と言われています。残りの売却代金を受け取るタイミングはマンションの引き渡し・決済時です。

そして、売主は売買契約の時点で、仲介手数料の一部を不動産会社へ支払います。実際には売買契約締結時に50%、マンションの引き渡し後に残りの50%を支払うパターンが多いです。仲介手数料を支払うタイミングは、不動産会社に事前に確認するようにしましょう。

また、引き渡し当日にはマンション売却代金だけでなく、固定資産税などの清算金を受け取ります。

そして、マンションを売却した翌年に必要に応じて確定申告をします。

 

マンション売却時のお金に関する注意点

円マークのブロック

これまでマンション売却で戻ってくるお金、売却にかかるお金、お金の流れを解説してきました。戻ってくるお金の中には、火災保険料など、自分自身で申し出ないと返金されないお金があるため注意しましょう。また、マンション売却では多額のお金が動くため、事前にお金の流れを把握し、いつ、どのくらいのお金が必要になるかを見積もっておく必要があります。

また、マンション売却によって発生する譲渡所得税には、要件を満たせば適用できる控除、特例があります。節税のためにも適用できる控除、特例を確認しておくようにしましょう。

 

売却時に戻ってくるお金も把握しよう

今回は、マンション売却時にかかるお金と戻ってくるお金があることがわかりました。マンションの売却代金以外にも戻ってくるお金がいくつかあります。中には自分自身で手続きをしないと戻ってこないお金があるため、事前に把握し、リストアップしておくなどして、受け取りを忘れることがないようにしましょう。

是非この記事を参考に、マンション売却時のお金の流れを把握し、計画的に資金管理をしてみて下さい。

 

■Wednesdayの簡易査定

cta-image-3  

不動産の売却を検討中の方は、簡易査定にお申し込みください。Wednesdayの簡易査定は、面倒な訪問は不要でオンラインのみで売却まで完了します。

こんな方におすすめ:

・売却・住み替えを検討中の方
・今のお家がいくらで売れるか知りたい方

▶︎【無料】簡易査定の申込はこちら

■不動産売却についての相談

不動産の売却についてのご相談は、個別相談のフォームよりお申し込みください。

▶︎【無料】個別相談の申込はこちら

■LINEで気軽に相談

WednesdayのLINEアカウントを友だち追加していただくと、コンシェルジュにLINEのメッセージ上でいつでも気軽にご相談いただけます。

▶︎LINEの友だち追加はこちら

中古マンション購入時に知っておきたいポイントや、住みやすい地域など、住まいに関わる情報を執筆しています。 理想の暮らしを手に入れられるよう、全力でお手伝いをいたします。お困りのことがありましたら、ご気軽にご相談ください!

その他のお役立ち情報

マンションに暮らすとNHK受信料はどうなる?契約時の確認ポイント
マンションに暮らす場合、NHKの受信契約はマンション単位で結ぶのか世帯ごとに結ぶのか、受信料の支払いはどのような形になるのか、疑問に思ったことはありませんか?この記事では、NHKの受信契約や受信料の支払い方法、契約時に確認すべきポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/27
マンションで子供の騒音を抑える方法とは?苦情を言われたときはどうする?物件探しの注意点もご紹介!
マンショントラブルで多いのが騒音問題。特に子供の笑い声や鳴き声、足音などは騒音トラブル原因になりやすいもの。今回は、そんな騒音に困った時の対処法をご紹介します!トラブルにならないためにはどうしたらいいの?何か自分でできる騒音対策はあるかな?などマンションで暮らしている方は必見の記事になります。
2022/01/28
【2022年度最新】中古マンションの価格推移は?コロナの影響は?わかりやすく徹底解説!
現在、中古マンションの価格は上がっているのでしょうか?2020年に猛威をふるった新型コロナウィルスの影響は?その他、三大都市圏である東京、大阪、名古屋の価値はどうなっている?など、最新のデータをもとに、気になる中古マンションの価格推移を解説します!中古マンションの購入時期を迷われている方、売却や住み替えを考えている方は必見です!
マンションの排水管清掃は必要?当日恥ずかしい思いをしないために準備する5つのこと
マンションの排水管清掃は定期的に実施すると衛生的にも良く、排水管の老朽化を防ぐことにもつながります。そして、新型コロナウイルスの観点から清掃は行うべきとされています。本記事ではマンションの排水管清掃の準備や費用、排水管が詰まった時の自分で行う対処法についても解説します!ぜひ参考にしてみてください。
2022/01/30